基本システム


太鼓の達人の基本システム。

共通

音符の種類

UIの見方

判定

■良

  • 音符をジャストタイミングで叩いた時の判定で、オレンジのエフェクトが出る。
    • 普段気にすることのない非常にわずかな誤差の範囲でも良になる。
  • コンボが継続され、魂ゲージとスコアの伸びが最も良い。

■特良

  • 大音符を良のタイミングで、ACでは「設定された大音符リミット値を超える強さで」CSでは「両手で」叩いた時のこと。
    • よく誤解されるが、ACの場合叩く強さが十分であれば、片手で叩いてもよい。必要以上に強く叩く行為は筐体の寿命を縮める原因になるのでやめるべき。
      • しかし、店舗や台によって大音符のリミット値は異なっており、リミット値が高く設定された台は特良を取れない可能性が高まる(初期値は25で、小音符のリミット値+1〜上限100までの間で設定可能)。
  • 配点についてはこちら →「配点(特良)

■可

  • 音符をややジャストタイミングを外したところで叩いた時の判定で、白のエフェクトが出る。
    • 概ね、判定枠(◎)の小さい丸に音符がかすっているくらいのところから良になるまでのタイミングが可の範囲。
  • コンボは継続されるが、得点は良の半分しか獲得できず(※1の位以下は切り捨て)、魂ゲージの伸びも半分となる。
    • 「魂ゲージの伸びが半分になる」ことを利用したネタプレイとして、「NN」がある。

■特可

  • 大音符を可のタイミングで、ACでは「設定された大音符リミット値を超える強さで」CSでは「両手で」叩いた時のこと。
    • 特良の場合同様、ACの場合叩く強さが十分であれば、片手で叩いてもよい。
  • 配点についてはこちら →「配点(特可)

■不可

  • 叩いたタイミングが大きくずれていた、または音符を見逃した時の判定。得点は0点。
    • 音符を間違えて叩いたり、音符を叩かずに見送ると、何も判定は表示されないがリザルトでは不可として扱われる。
    • 連打音符は魂ゲージやコンボ数に直接影響を与えないため、黄色連打を一度も叩かなかったり風船を割れなかったりしても、それは不可にはならない。
  • コンボが0に戻され、次の音符で得られるスコアが初項に戻る。(例外あり|下記を参照。)
    • (例外)ニジイロVer.コンボを繋ぐほど得点が高くなる仕様が廃止となったため、不可を出した直前と直後の音符で獲得できるスコアは同一
  • 加えて魂ゲージもわずかに減少するが、既に獲得した得点は失われない。

■判定幅

作品難易度判定幅[±ms]
不可
PSP3
iOS
Wii3,4,5
おに25.02575.075108.442
むずかしい
ふつう41.708108.442125.125
かんたん

魂ゲージ

  • 良、可判定を出すことにより溜まるゲージのこと。
    • これがMAXになると「魂」の文字が光る(AC9以降)。
    • 最大コンボ数(旧筐体シリーズでは難しさ(コース))が多くなるほど伸びにくくなり、不可が出た時に少し減りやすくなる。
  • 現行筐体レッドVer.以前では、曲終了時の魂ゲージの量によってもらえるどんポイントが決まっていた。最高で1ゲージ10ポイント×50=500ポイント。
  • 魂ゲージが0の状態=「死」を連想させるためか、太鼓の達人RTでは魂ではなく「力」ゲージとなっている。
  • 魂ゲージの伸び率

クリア

  • 魂ゲージが一定基準量まで到達すること。「ノルマクリア」とも言われる。
    • 魂ゲージが魂まで達した状態でのクリアは「魂クリア」とも呼ばれる。
  • ゲージ上の「クリア」に達すると、踊り子やどんちゃんの背景が変わる。
    • 旧筐体(~AC14)、PS2、PSP、DS、iOS、Wii、もばいるの家庭用作品では「ノルマ」と表記されている。
  • クリアノルマはコースによって異なり、上のコースほど必要ゲージ量が多い。
    • 旧筐体シリーズでは同じコースでも★の数によりゲージの上がりやすさが異なっている。おにコースの場合★×8以下と★×9以上で、ふつうコースの場合は★×4以下と★×5以上、かんたんコースの場合は★×3以下と★×4以上でその違いが顕著。
    • 新ACではおにが40目盛り、むずかしいとふつうが35目盛り、かんたんが30目盛り以上で一律。

コンボ

  • 組合せ、結合を意味するcombinationの俗称。太鼓の達人ではドンカツ音符を、不可判定を出さずに連続して繋ぐことを指す。
    • プレイ中に50コンボを超すと8分音符のリズムに合わせて音符の口が動く。
      • 150コンボを超すと16分音符のリズムに合わせて音符の口が動き、300コンボを超すと目が怒り出す。
      • DS・3DS作品(3DS3を除く)では50コンボを到達しても口が動かず表情も変化しない。またDS作品では黄色連打の口が常に開いている。

■演出変更(AC16ニジイロ〜)

  • 各難易度ごとに「xx0コンボ!」と巻物の表示やボイスの流れる必要量が異なっている。
    • [むずかしい以下]10,30,50,n00コンボ到達時・[おに]50,n00コンボ到達時
  • 数字の色が白→銀色→金色となり、旧筐体同様、難易度によって変色する値が変化するようになった。

■コンボボーナス(AC15)

  • CS:3DS1以降のアプリ版を除く作品全て
  • n00コンボを達成する毎に10000点の点数ボーナスが入る。
  • 曲によっては最大コンボ数が765や876(ナムコ・バンナムの語呂合わせ)であったり、777や888といったゾロ目であったりする曲もある。
  • AC16ニジイロからは配点システムの変更により廃止。

■1000コンボの上限突破(AC14〜)

  • 今までは最高999コンボまでの譜面しか存在しなかったものの、AC14で1000コンボ以上到達曲が登場した。
  • 1000コンボ以上の表示の際の仕様は作品によって異なる。
    • AC14、Wii U作品、PS4 1、NS作品、ニジイロver.…数字の幅が狭くなる。
    • PSPDX…数字の色が金色になる。また、サイズも少し小さくなる。
    • Wii4、5、iOS…数字のサイズや幅は小さくならない。ただしWii5では千の位の位置が少し右にズレて百の位とかぶった表示になる。
    • AC15、PS Vita作品、PTB…数字のサイズが小さくなる。
    • 3DS作品(3DS1を除く)…数字の間隔幅が狭くなる(数字の幅が狭くなるのではない)。

■演出変更(AC9〜)

  • CS:PS2 7〜
  • 数字が半角から全角に変更され、コンボ数に応じて色が赤色に変わるようになった。
    • 旧筐体では、かんたん・ふつうは50コンボ以降、むずかしい・おには100コンボ以降で色が赤色に変色し、その数字ごとに桜が咲くようになっていたが、AC15やWii U*1以降の作品は全コースで統一されてかんたん・ふつうでも100コンボ以降で色が変色する仕様となり、従来の桜もなくなった。また、数字のフォントも旧筐体作品より太めに変更されている。
    • ニジイロver.は数字の色が白→銀色→金色となり、旧筐体同様、難易度によって変色する値が変化するようになった。

■コンボボイス(AC4〜)

  • CS:CS2〜
  • 50コンボとx00コンボを記録すると和田どん(orかつ)がそのコンボ数のボイスを発する。
    • ボイスとは別に、旧筐体では10コンボごとに「xx0コンボ!」という吹き出しが、現行筐体(無印〜グリーンVer.)では100コンボごとに吹き出しが表示される。
  • AC16からはオプションでオフにすることが可能になった。

ゴーゴータイム

  • 判定枠から炎がでて、音符が流れる部分の背景がピンクやオレンジ系の色をまとい(携帯機を除く)、画面の下からは花火が(CS7、AC9から)、そして和田どんや和田かつ達が両手をふってリズムを取る場面がある、これがゴーゴータイムである。
  • 実装されたのはまさにこれを象徴するサブタイトル「ゴー!ゴー!五代目」が付けられているCS5で、ACでは7から実装された。
    • ちなみに当時は「譜面が見辛い」と批判が多かった。
  • J-POP、アニメソングなどでは大抵の場合サビがこの部分にあたる。ゲームミュージック、クラシックなどの一部曲は主にその曲を象徴させる部分、あるいはその曲において一番難しい範囲がゴーゴータイムになるなど、様々なバリエーションがある。
  • AC16(ニジイロVer.)からはゴーゴータイム中のボーナスがなくなり、表示演出のみ残ったため、先に述べた「その曲を象徴させる部分」や「その曲において一番難しい範囲」にとらわれずに、単なる演出としてゴーゴータイムを用いる曲が増えてきていると思われる。
  • ゴーゴータイム中の配点についてはこちら →「配点(ゴーゴータイム)

スコア配点

→「配点

譜面分岐

  • 分岐するまでの成績(良の数、スコア等)によって、普通・玄人・達人譜面の3通りの譜面に変化する箇所を含む曲。
  • 分岐判定は、おにコースの卓球de脱臼のようにほぼすべての小節で行われている曲がある一方、おにコースの大打音ハロー!ハロウィンのように特定の1小節の1回しかない曲までさまざま。
    • AC9、CS7からは分岐地点の小節線が黄色になり、分岐地点がわかりやすくなった。
  • 分岐判定は直前に行われる。その瞬間、和田どんの吹き出しで「レベルアップだドン!」「レベルダウンだドン〜」と表示される。
    • DS3ではこれが表示されず、新AC、3DS1以降(Wii5を除く)では難易度シンボルの上に「レベルアップ↑」「レベルダウン↓」と表示される。
  • 稀に玄人譜面が存在しない曲がある。
  • また、分岐しても全体の最大コンボ数が変わらないようになっている曲もある。
  • 曲によっては、一番最初の分岐で達人譜面に分岐させること(通称「開幕達人」)が非常に難しい条件になっているものも存在する。
  • 原則として、難度の相関は「(難)達人譜面 > 玄人譜面 > 普通譜面(易)」となっているが、主に特殊な分岐条件になっている場合、この相関に合わないケースも一部ある。
  • 基本的に、ノルマゲージの厳しさや天井スコアなどは達人譜面で考慮される。そのため、旧作では普通譜面や玄人譜面に回った場合、コンボ数の少なさが原因でノルマクリアが不可能になる事例もあった(現在は玄人譜面以下に回った時点でクリア不能となる事例は除いてなくなった)。
  • 達人譜面は大抵表記上の難易度より★1つ分難しいことが多いので、クリア狙いの場合は要注意。

オプション

■とうそく・ばいそく・さんばい・よんばい

  • とうそく(=等速)はスピード×1倍のことで、通常プレイの状態。ばいそく〜よんばいは低速譜面に対して音符の流れが遅いことを解消するために使われることが多いが、あえて速い曲をよんばいでプレイするというネタプレイもある。
    • ただし上記のネタプレイの場合、もともと譜面が速く流れる部分があるとそのスクロールもさらに4倍速にさせるが、旧筐体では速すぎて処理しきれずフリーズすることがある(きたさいたま2000恋文2000Venomous(裏譜面)などでこの現象が起こることが確認されている)。もしフリーズが起こってしまったら店員に再起動をお願いすればよい(筐体記録なども消えない)。
    • ばいそく以上のオプションはCS6、AC8が初出。
      • ニジイロVer.では「はやさ」という演奏オプションに置き換わり、1.0〜2.0の間は0.1刻み、2.0〜4.0の間は0.5刻みで細かく設定できる仕様となった。そのため「とうそく」・「ばいそく」などの名称は使われなくなった。

■ドロン

  • 譜面の下にある、ドン、カッなどの文字と小節線が残るだけで、音符が何も表示されなくなる。
    • 完全に譜面を記憶していなくてもそれを見れば叩けるが、2人プレイの場合xx0コンボ!の吹き出しや、音符を叩いた時に和田かつから出る様々なキャラが文字が流れる部分を隠すため、2Pはやむなく1P側の文字を見ることになる。新ACではその点は改善された。
    • 上記の「ばいそく」系オプションと絡めるとその文字の認識すら困難になり、記憶を頼りに叩く必要がある。曲に慣れていない状態でのクリアは困難である。
    • 店舗によっては太鼓の達人の大会が行われるが、普段誰もプレイしないような曲をドロンでプレイして勝負するなどのルールが作られるので、大会ではそれなりによく使われるオプションである。
  • 下記の「きまぐれ」や「でたらめ」オプションと絡めるとリズム以外一切暗記に頼れなくなるので、流れてくる文字をひたすら見切る読解力が必要になり非常に難しくなる。
    • CS5、AC7が初出。CSでは「ますたぁ」という名称だった。ただし、亜洲版では未実装。

■かんぺき

  • 1回でも不可を出すと強制終了し、ノルマクリア失敗となる。
    • CS限定のオプション。CS6が初出。
    • 初出当時はゲージがクリアを超えていても無条件で失敗扱いだったが、DS3・Wii以降の作品ではミスするまでにノルマに到達していればクリア扱いとなる。

■あべこべ

  • 全ての音符がドンがカツに、カツがドンに入れ替わる。
    • どちらかの音符が非常に多い曲でこのオプションを選択すると一気に感覚が変わるだろう。
    • 普通プレイと合わせれば1曲だけでも様々な譜面の練習になるため、いろいろなパターンが混ざっている伝説の祭りタベルナ2000などで使用すると効果的。
    • あべこべはCS7、AC9が初出。

■きまぐれ、でたらめ

  • PSPDXが初出。AC版では新筐体無印Ver.にて実装された。
  • 全音符に対して、次の割合でドンがカツに、カツがドンに入れ替わる。大音符も同じ。
オプション割合
きまぐれ(PSPDX)25%
きまぐれ(新AC以降)20%
でたらめ
でたらめ+あべこべ
50%
きまぐれ(PSPDX)+あべこべ75%
きまぐれ(新AC以降)+あべこべ80%
あべこべ100%
  • きまぐれ・でたらめをつけると暗記で対処できない他、通常で多用される●●○○●などのパターン以外の組み合わせになることが多くなり難易度も上がることが多い。
    • 長複合の多くは綺麗なパターンの組み合わせであり、ランダムによって特に難しくなる。また暗記が通用しないため特に高速ソフランに注意を要する。
    • 逆に、元々複合が強い譜面にはこのオプションをかけた方がやりやすくなる場合もある。
  • ランダムに音符が変わるため、地力や初見対応力、複合処理能力を養う目的で、このオプションをかけるプレイヤーも多い。
    • また、好きな曲の譜面が簡単過ぎて手応えがない場合にも、このオプションを掛けて難易度を上げるという使い方もできる。
  • ニジイロVer.では「でたらめ」+「あべこべ」でプレイすると、音符下にある文字において一部の曲を除いてランダムに登場する「コ」の文字が流れてこなくなる。

■とっくん

  • PS Vita1が初出。
  • 演奏中一度でも不可を出すと、曲の頭からやり直しになる。
    • 以前から存在していた上記「かんぺき」と似ているが、「かんぺき」はすぐに結果発表に移行するのに対し、こちらは結果発表に移行せず即座にやり直しになる。
      • MS赤盤/青盤では不可を出した後でも最初にもどるまでは操作が可能。

■オート

  • 演奏が全てオート(自動)になる。
    • CS限定のオプション。プレイヤーの演奏に影響を加えるオプションではなく、譜面やリズムの確認などの目的で使われる。
  • オートによる演奏は全良になる。また、近年の作品では黄色連打は約15打/秒、風船音符・くす玉音符などは約30打/秒で処理される。
    • ほぼ全ての風船・くす玉音符などを割り切れる連打速度である(ただし、「理論上割り切る事は可能だがオートでは割り切れない」風船・くす玉も存在する。例:はたラク2000(おに)の芋音符/くす玉)。
    • そのため、オート演奏のスコアは原則として後述の基本天井に近い点数となる(なお、当然だが、オート演奏のスコアはハイスコアの記録として残らない)。
  • オート演奏時、演奏画面左上にはどんちゃん・かっちゃんの代わりにメカドンが表示される。
    • このメカドンについては、Wii4以前ではどんちゃんとは異なる専用のモーションが用意されていた(コンボ数が10の倍数に達した時に目がチカチカッと点滅する、ゴーゴータイム時にミラーボールを頭上に掲げるなど)が、3DS1以降ほぼ全ての作品では通常プレイ時のどんちゃんと同じ挙動をする(コンボ数が10の倍数に達した時に小さく跳ねる、ゴーゴータイム時にゴーゴーダンスを踊るなど)。
      • 恐らく、内部処理としてはどんちゃんにメカドンの見た目になる着せ替えを設定しているものと思われる。
      • NS1では、久しぶりにメカドン専用のモーションが用意された。ただしWii4までの動きとは一部異なる、本作固有のものとなっている。
    • Wii以降、「50コンボ!」などのボイスもメカドンの物になる。
  • 演奏バトルの対戦相手をオートにする事も出来るが、オート演奏はオジャマアイテムの影響を受けない事もあり、オートに勝つのは難しい。
    • 因みに、NS1の「ドンカツファイト」のCOMキャラクターはオートとは異なり、一定の割合で可・不可を出す他、妨害を受けると精度が低下する。

ジャンル

  • 楽曲を曲調や目的で分けたもの。前者はロックやワルツ等、後者はJ-POPやアニメ等がある。
    • 太鼓の達人では後者で分類されている。
    • ニジイロVer.のみ、曲の性質によって複数のジャンルに同時に属する場合もある(なお、メインジャンルはお気に入り曲と公式告知などで確認可能)。

以下の記述はグリーンまでのACとCSの内容が混じっています。

■J-POP/ポップス

  • テーマカラー:水色
  • いわゆる「ポピュラー・ミュージック」のジャンル。平たく言えば、一般客層向けに作られている曲のジャンルということになる。映画やドラマの主題歌・CMソング・大衆に人気のアニソンなどの楽曲はここに属する場合が多い。
    • 日本国内向けに作られた楽曲がメインのため、長い間J-POPという名前だったが、海外アーティスト収録曲などの増加によって、CSではPS4 1以降、ACではニジイロVer.から現行の名称ポップスへ変更された。
      • 特にACではニジイロ2021Ver.から、日本語以外の楽曲も少しずつ収録されてきている。
  • 最新の楽曲から懐かしの曲まで幅広く含まれ、難易度も低難度から高難度まで様々だが、最近では高難度譜面の収録が少ない傾向にある。
  • ニジイロVer.2021において、ポップスから離脱・移動された曲が多い。
    • ニジイロVer.2020のポップスには表譜面がおに★×10である曲が2*2あったが、2曲とも2021でポップスから離脱したため、2021におけるおに★×10のポップスは裏譜面のみとなった。

■キッズ

  • テーマカラー:オレンジ色 (ひろば等)/黄色 (AC)
  • 新筐体ニジイロVer.にて新設。旧ver.のどうようジャンルの曲と、ボーカロイド™曲・ナムコオリジナル以外の各ジャンルの曲から寄せ集めた、子供・親子ドンだー向けのジャンル。
    • かつてのACではバナパスポートカードを使うと子供・親子ドンだー向けの曲が入ったフォルダが表示されるようになっていたが、ニジイロVer.より楽曲の複数ジャンル対応に伴い専用ジャンルが作られた。
  • AC唯一皆勤賞の曲はこのジャンルの曲である。
    • この曲はAC15まではアニメに属していたが、ニジイロVer.2020ではアニメから離脱しキッズに入っていた。2021/4/21以降はサブジャンルとして再びアニメに属している。
  • 低難度になりやすく、パパママサポート対応曲が多いが、実はおにコースや裏譜面が難しい曲も多い。

■アニメ

  • テーマカラー:オレンジ色 /ピンク色(AC ニジイロVer.)/水色(アニスペ)
  • アニメの主題歌やOP・ED(稀に挿入歌とBGMも)曲。
    • グリーンVer.までのACとCS作品にて、特撮作品の曲はここに属する。
    • ニジイロVer.以前は、原作の客層問わずこのジャンルに入っていたが、一般向けアニメと深夜アニメの曲の増加に伴い、子供向けアニメと特撮の曲がニジイロVer.にて新設された「キッズ」ジャンルへ移動・分離(あるいはアニメとキッズ同時所属だが、メインジャンルはキッズに変更)された。
    • その以前にも、さまざまな理由から、最初から別のジャンルに属する、あるいは一定期間が経過すると「アニメ」から別のジャンルに移動される曲も多く存在する(ニジイロVer.基準以前のアーティストによるタイアップ曲など)。
  • TVアニメサイズ(曲の長さ)の音源をそのまま収録することが多いためか、全体的に演奏時間が短い・低難度になりやすい傾向がある(特にパパママサポート対応曲のむずかしい以下の譜面)。
    • AC15グリーンVer.までアニメだった最大コンボ数4桁の曲がキッズに移されたため、ニジイロVer.のジャンルでは唯一最大コンボ数4桁の曲が存在しない。
    • なお、メインジャンルがアニメであるおに★×10の曲はニジイロVer.には存在せず、サブジャンルがアニメであるおに★×10の曲は共に裏譜面である(2021/3/25時点)。
  • サブタイトルの表記に規則性はあまりなく、以下のようなパターンがある。
    • タイトル:(曲名)、サブタイトル:「(アニメ名)」より
      • 選曲中にサブタイトルが表示される曲もある。
    • タイトル:(曲名)、サブタイトル:なし
    • タイトル:(曲名)、サブタイトル:(アーティスト名) 「(アニメ名)」より

■ボーカロイド™曲

  • テーマカラー:銀色
  • ボーカロイド™を使用した楽曲。新筐体ソライロVer.にて新設された。
    • ボーカロイド曲を使用した楽曲の替え歌さちさちにしてあげる♪は、グリーンVer.まではJ-POP(PS Vitaではバラエティ)、ニジイロVer.からはポップス・ボーカロイド™曲に属する。
    • ボーカロイドによる歌唱版が初出であるドラマツルギーナンセンス文学の2曲は、ポップス(J-POP)の他、ニジイロVer.からはボーカロイド™曲にも属する*3
  • 上記の特殊なケースを除く、本ジャンルに属するか否かは文字通り「曲のボーカロイドの使用の有無」で決まる。
  • 難易度が平均して高い傾向にあり、ブルー時点(CSのみの収録曲含み)でかんたん★×1ふつう★×2むずかしい★×3おに★×5はそれぞれ1曲だけしかない。
    • 特に太鼓の達人に向けて書き下ろされた楽曲は、メインジャンルが「ボーカロイド™曲」という点を除いてナムコオリジナルと同一扱いと言っても間違いではない。

■ゲームミュージック

  • テーマカラー:紫色
  • AC8にてナムコオリジナルとバラエティから独立した、太鼓の達人以外のゲームに使用された楽曲。
    • そのため、太鼓の達人CS作品のテーマソング及びストーリーモードのラスボス曲は、ナムコオリジナルに属する。逆にナムコのゲームの書き下ろし曲とシンクロニカの書き下ろし曲は1曲*4を除きこちらに属する。
  • ナムコのゲームのみならず、他社のゲームからも何曲か採用されている。レトロゲームについてはアレンジ曲も多い。
  • レトロゲームから最新作まで収録元のゲームの種類は多い。大手かつ老舗であるがゆえに出来ることではある。他社の音楽ゲームからの曲もある。
  • アイドルマスターシリーズの関連楽曲は、太鼓の達人で収録時点にシリーズのゲーム作品へ収録の有無にも関わらず本ジャンルに入る。ただしアニメ版初出曲のみ、初登場Ver.で一旦アニメジャンルに区分され、次の大型アップデート時でゲームミュージックジャンルに編入されたケースもある。
    • ニジイロVer.より楽曲の複数ジャンル対応に伴い、アニメ化歴があった「アイドルマスター」「シンデレラガールズ」「SideM」3作の曲は、サブジャンルとしてアニメにも属する(アニメ収録の有無にも関わらず)。
  • 音楽ゲーム関連の楽曲は、ナムコオリジナルの高難度曲と同じくらいの難易度になりやすい傾向がある。
  • ニジイロVer.2020ではバラエティと統合され、「ゲーム&バラエティ」になったが、2021年3月25日のニジイロVer.2021へのアップデートをもって分離され、グリーンVer.以来ACで「ゲームミュージック」が復活した。

■バラエティ

  • テーマカラー:黄緑色
  • 一言では説明しがたい、文字通りバラエティに富んだジャンル。
    • どのジャンルに入れれば良いかわからない曲を仕方なく寄せ集めたジャンルと言っても間違いではない。
    • 時期によって他社のゲーム曲、洋楽やテレビ番組のテーマ曲、お笑い芸人か海外アーティストが歌っている曲、ボーカロイド使用曲、替え歌などがここに入る。
  • 新筐体モモイロVer.からは東方Projectのアレンジ楽曲も入るようになった*5
    • バナパスポートカードを使ってプレイすると東方Projectのアレンジ楽曲が入ったフォルダが表示されたので、ボーカロイド™曲のように専用ジャンルを作った方が良いとする声があったが、現状他社ゲームのような東方Project専用ジャンルは存在しない。
  • 新筐体レッドVer.からはBMS発祥の楽曲も入るようになった。
    • 楽曲の性質上、ナムコオリジナルの高難度曲と同じくらいの難易度になりやすい傾向がある。
  • ニジイロVer.2020ではゲームミュージックと統合され、「ゲーム&バラエティ」になったが、2021年3月25日のニジイロVer.2021へのアップデートをもって分離され、グリーンVer.以来ACで「バラエティ」が復活した。
    • バラエティに移行した、ゲーム&バラエティ以外のジャンルにも属していた曲は、お笑い芸人の楽曲と黒沢ダイスケの楽曲を除き他のジャンルの所属が引き継がれた。
      • お笑い芸人の楽曲と黒沢ダイスケの楽曲は2020ではポップスにも属していたが、2021ではポップスから離脱し、バラエティにのみ属するようになった。

■クラシック

  • テーマカラー:黄金色/青色(DS1)
  • 主に西洋の古い曲。大抵は著作権が切れているパブリックドメイン。
    • それを活かして、大胆なアレンジがかけられた曲や、アレンジに加えメドレー化した曲も多い。これによりニジイロVer.ではナムコオリジナルにも入れられている曲が多い。
    • ニジイロVer.2020における演奏中のジャンル表記は、クラシックから選曲してもポップスかナムコオリジナルになっており、公式サイトの楽曲リストには「クラシック」の項目がなかった。
      • ニジイロVer.2021におけるジャンル再編に伴い、公式サイトの楽曲リストに「クラシック」の項目が復活し、キッズかナムコオリジナルにも属する曲をクラシックから選曲しても演奏中のジャンル表記はクラシックとなった。
  • よく知られている曲のためか難易度は抑え目に作られることが多いが、アレンジされた曲の中にはものもある。
  • 高難易度の譜面にはCS初出のものが多い。
  • BPMが揺れているものが多い。
  • AC15以降では、唯一サヨナラ曲が存在しないジャンルである。

■ナムコオリジナル

  • テーマカラー:赤色
  • 太鼓の達人のために書き下ろされた楽曲(公募採用楽曲を含む)。即ち「太鼓の達人オリジナル楽曲」。ドンだーからは「ナムオリ」と略されることが多い。
    • 一つの曲が複数のジャンルにまたがる場合があるニジイロVer.では、これまでの完全オリジナル楽曲・公募楽曲に加え、NAMCO SOUNDSに関与した楽曲、クラシック曲の太鼓の達人に向けてアレンジ、かつてのジャンルの事情上ボーカロイド™曲に属する書き下ろし楽曲・公募採用楽曲はナムコオリジナルにも属する。
  • かつての本ジャンルに属するか否かは文字通り「太鼓の達人含み、ナムコ作品の完全オリジナル楽曲」だったが、AC8から「ゲームミュージック」のジャンル新設に伴い、名称変更されないものの、現行の基準に変更された。
    • その旧基準によって、バンダイナムコへ合併された前のナムコ作品(及びその続編)の楽曲はドンだーからみた場合はナムコオリジナルの扱いとなる。2017年に開催された「太鼓の達人懐かしのオリジナル曲復活リクエスト」の対象曲選定も旧基準のものである。
  • 一般的に全てのコースが高難度になりやすい傾向にあり、そういう意味では中級〜上級ドンだーに人気がある。また、楽曲公募の概要に「曲調はオールジャンルOK!」と書かれてあることからも分かるように、様々なジャンルの曲があることも人気の一つである。
    • いわゆる「ボス曲」となることが多く、段位道場に登場する曲、家庭用作品のストーリーモードのボス戦で使われる曲のほとんどがこのジャンルである。
  • カラオケで歌うことができる曲もあるが、なぜかわずか数曲しか収録されておらず、収録の要望が極めて多い。
  • 特定の曲はシリーズ化されている。有名な物では2000シリーズ、画竜点睛(ぶとう)シリーズ、ミカシリーズ、季曲シリーズ、Roseシリーズなどが挙げられる。

■どうよう

  • テーマカラー:ピンク色
  • 主に子供向けの歌。たまに外国の童謡も入る。
  • AC12までは童謡・民謡というジャンルだった。
  • 難度が低い曲が多いように見えて、実はおにコースや裏譜面が難しい曲も多い。
  • 特に外国の童謡・民謡の場合、バラエティやクラシックとの差が曖昧。
  • 曲数が少ないためか、近年の家庭用作品では他ジャンルに入れられている。
  • ACではニジイロVer.より廃止され、グリーンVer.までこのジャンルに属していた曲はキッズかポップス(後にクラシック)に移された。

■ゲーム&バラエティ

  • テーマカラー:紫色
  • 新筐体ニジイロVer.2020にのみ存在した、グリーンVer.までのバラエティの一部の楽曲とゲームミュージックが統合されたジャンル。
    • 統合により、諸事情でゲームミュージックとして扱わない東方Projectアレンジ楽曲BMS楽曲がゲームミュージックと同一のジャンルに属していた(他の作品ではバラエティ)。
  • ニジイロVer.2021のアップデートをもってバラエティとゲームミュージックに分離し、このジャンルに属していた曲は分離後のジャンルのどちらか一方に属するようになった。

■POP

  • TDMに存在する。
  • 日本版に収録された際のジャンルはバラエティ。新筐体などに収録された際は、後述のROCK同様ポップスに属する可能性もある。
  • テーマカラーはJ-POP/ポップスと同じく水色

■ROCK

  • TDMのみに存在する。
  • 北米にて発売されたロックナンバーで構成される。
  • 日本版に収録された際のジャンルはポップスかバラエティで、新筐体に収録されている楽曲はその双方に属する。
  • テーマカラーはバラエティと同じく黄緑色

■ANIME/TV

  • 北米版TDMの「アニメ」に該当する。
  • 北米にて放送されているアニメやTV・映画の楽曲が入るのだが、実はテレビに関する曲が一切無い。
  • 日本版に収録された曲は現時点ではないが、Let It Go〜ありのままで〜などの扱いから、もし入ればアニメ扱いになると思われる。
  • テーマカラーはAC15までのアニメと同じくオレンジ色

■華語流行音樂

  • 旧亜洲版AC・CSのみに存在する。C-POPとも。
  • 主に中国や台湾向けに作られた楽曲。
  • 日本版に収録された曲は現時点ではないが、PS Vita1亜洲版に収録された際のジャンルはバラエティ。
    • ただし、The Distance of Loveなどの扱いから、もし入れば前述のROCK同様ポップスに属すると思われる。
  • テーマカラーはバラエティと同じく黄緑色

AC版

クレジット

  • クレジットとは、アーケードゲームで、入金した額に応じて得られる、ゲームをプレイする権利のことである。「クレ」と略されることが多い。
  • 1プレイに必要なクレ数・遊べる曲数は各店舗や筐体によって異なる。それぞれの設定状況は、アトラクト画面*6などで確認可能。
    • 1プレイに必要なクレ数は、基本は1クレや2クレ。ちなみに上限は19クレ*7。演奏できる曲数は1〜4曲の間で調節が可能。
      • (初期設定)
        1プレイに必要なクレ数:1人プレイ2クレ ・ 2人プレイ(追加で)2クレ
        1プレイで演奏できる曲数:2曲
  • 単価表
    • コインシューターが100円玉用・1コイン1クレジット設定の台で、1人プレイする場合の表記とする。
      必要クレ数1プレイ
      1曲
      1プレイ
      2曲
      1プレイ
      3曲
      1プレイ
      4曲
      19クレ1900950633475
      18クレ1800900600450
      3クレ30015010075
      2クレ2001006750
      1クレ100503325
  • 1コインで複数クレ入る設定の台では、(演奏ゲームの場合)最大で クレ数×1プレイの設定曲数分 演奏することが可能。以下に例を示す。
    • (例1)1コイン2クレ設定・1人プレイに必要なクレ数:1クレ・1プレイ3曲設定 の台で[演奏ゲーム]をプレイした場合:6曲
    • (例2)1コイン4クレ設定・1人プレイに必要なクレ数:1クレ・1プレイ1曲設定 の台で[段位道場]をプレイした場合:最大12曲*8
  • 単価表
    • コインシューターが100円玉用・1人プレイ1クレジット設定の台で、1人で[演奏ゲーム]をプレイする場合の表記とする。
      1コインで入る
      クレ数
      1プレイ
      1曲
      1プレイ
      2曲
      1プレイ
      3曲
      1プレイ
      4曲
      1クレ100503325
      2クレ502516.712.5
      8クレ12.56.254.173.13
      9クレ11.15.563.702.78
    • 店舗によっては時間・曜日など限定でフリープレイ(=無料開放)設定になっていることもある。
      • ただしAC14以前では裏譜面などタイトル画面で入力するコマンドが使えなくなるので注意が必要。

AIバトル演奏

→「AIバトル演奏


特訓モード(AC15ブルーVer.〜廃止)

  • AC15ホワイトVer.9.10で実装された、AC専用・1人プレイ専用モード。任意の譜面を自由に演奏できるモード。AC15イエローVer.稼働終了のタイミングでサービスを終了した。
    • 一部のCSに実装されている「つまみ食い演奏」などに似たモードである。
    • このモードでプレイした記録は筐体ランキングやどんだーひろばに反映はされず、演奏によるごほうび等も獲得出来ない。
  • 店舗によってはバナコインが使えない(=特訓モードが選べない)設定になっている場所もある。
    • バナコインの使用可否の設定状況はアトラクト画面*9で確認可能。
  • このモードを利用するには、通常のプレイ料金に加えて、電子マネー「バナコイン」が必要。
    • 必要なバナコイン数は、290コインor 390コイン。各店舗・筐体によって設定が異なる。
  • プレイ時間と店舗回転率の関係上、12:00〜17:00は特訓モードを選べない。
    • 特訓モードを始めると、まずは8分間の[特訓タイム]が始まる。任意の曲・むずかしさ・オプションなどを選んで、特訓を始める。
      • [演奏ゲーム]と異なり、スコアや魂ゲージの表示が無かったり踊り子が居ない他、たたけた率や叩いた範囲内でのたたけた率や判定の内訳・連打数の表示、曲の現在位置・ゴーゴータイム開始位置などの表示がある。
      • この8分の間は何度でも曲を途中終了し選び直すことが出来るが、ロード画面や選曲時間も制限時間に含まれるため曲を絞って特訓するのが効率的と思われる。
      • 通過した譜面の小節線(非表示の小節線も含む)までの間で早送り/早戻しが可能である。
      • その他、ジャンプポイント*10を最大5つまで置けたり、オート演奏のON/OFF設定、テンポの調節(0.5〜1.0倍)が可能である。なお、テンポを1.0倍以外に設定すると音楽は流れなくなる。
      • 制限時間の途中でも[特訓タイム]を終了させることは可能。この場合、[演奏タイム]に移行するかどうかも聞かれる。
    • [演奏タイム]の8分間が経過すると演奏中であっても強制終了し、[演奏タイム]に移り、特訓の成果を確認する目的で通常の演奏モードと同様に任意の1曲を通して演奏する。
      • [演奏タイム]中は、[特訓タイム]の表示にスコアと魂ゲージの表示が追加される。
    • [演奏タイム]で1曲通しでの演奏が終わると、30秒間の[ふりかえりタイム]となる。
      • 気になる場所の精度の良し悪しを確認する時間である。(スキップ可能。)ここまで合算してプレイ時間が10分前後になるように調整されている。

CS版

どん子モード(PSP2)

  • PSP2に搭載された、面と縁の区別が無くなるモード。
  • すべての音符がどん子(かつ子)の顔になり、花が付く。
  • 配点は通常の1/3になりクリアやフルコンボしても銅王冠しかつかない。
  • PS4 1では演奏サポートのレベル2として搭載されており、これを使用してクリアすると銅王冠がつくが配点は下がらない。
  • NS1では演奏キャラクターのバチお先生のスキルとして搭載されている。王冠・配点は全て通常通りである(王冠は全キャラクターで共通だが自己ベストはキャラクター毎の記録)。

メニュー

基本情報

収録曲リスト

作品別情報




ジャンル別 (新基準)

ジャンル別 (旧基準)

コース別難易度別

クリア難易度順 (新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

Wiki編集関連

更新履歴

最新の25件

2022-07-07

今日の25件

  • counter: 3198
  • today: 14
  • yesterday: 21
  • online: 107


*1 CSでは、実際は3DS1から統一されているが、コンボ数字の色が異なる
*2 共にゲーム&バラエティとの併用、2020以外ではバラエティ
*3 ただし、夜に駆けるは同じパターンにも関わらずボーカロイド™曲に属さない
*4 ニジイロVer.2020以外の作品ではバラエティ、AC16では加えてナムコオリジナルに属する
*5 ニコニコ超会議2限定筐体では「ゲームミュージック」に入っていた。
*6 お金を入れる前の画面
*7 ソース(2014年の情報)
*8 段位道場は1つのお題が3曲で構成されており、設定曲数に関係なく最大3曲演奏するため。
*9 コインを入れる前の画面
*10 ショートカット