基本の遊び方(アーケード版)


ここでは主に新筐体で遊ぶ時に確認しておきたいことをまとめています。

ニジイロVer. アップデートによる大幅な仕様変更のため、遊び方について以下の記述の中には内容が古いものが含まれています。 適宜加筆・訂正お願いします。

新筐体と旧筐体

  旧筐体

  • 初代以外はナンバリングがある(2〜14と、12増量版)。
  • 画面はブラウン管(画面アスペクト比4:3)。
  • バチを置く場所は、新筐体でバナパスポート等をタッチする位置にある(AC11以降はバチ袋が新設されている)。
  • アップデートの機能は終盤こそあったがほぼなく、基盤の交換や新しい筐体の導入によってリニューアルされた。
    • そのため、いまでもゲームセンターでない場所(ボウリング場、カラオケ、スーパーなど)には旧筐体が設置されていることも多い。

  新筐体(画像 : イエローVer.)

f0339176a4959cb35f1be5432e80a581.jpg

  • ナンバリングがない(15代目にあたる)。
  • 画面は液晶ディスプレイ(画面アスペクト比16:9)。
  • バチは足元の袋に入っている。
  • バナパスポートカード等に対応。
  • 大型アップデートによって、筐体を変えなくても大きなシステム変更ができる。

  新筐体2(画像 : ニジイロVer.*1)

太鼓の達人 ニジイロVer..jpeg

  • 新筐体同様、ナンバリングがない(16代目にあたる)。
  • モニターは新筐体では60fpsだったのに対し新筐体2では120fpsとなっており、叩いてからの反応速度も速くなっている。

遊ぶ前に

  • 太鼓の達人はおサイフケータイ(各携帯電話)「アミューズメントICカード」対応カード(バナパスポートカードなど)に対応している。
    • これを使って遊ぶと次のような利点がある。
      • プレイ記録(良・可・不可の数、王冠の数など)が保存される
      • きせかえや称号などのごほうびが獲得できる
      • 最大8種類の演奏オプションを使える(後述)
    • さらにドンだーひろばへ登録すれば、大会・挑戦状によるネット上での対戦などができる。
    • 1枚300円で購入可能。売っていないお店もあるので注意。
      • 特別なデザインのバナパスポートカードが販売される場合がある。特別柄のバナパスポートカードは店舗によって値段が異なる(300〜500円程度)。
    • バナパスポートカードにはプリペイド機能は存在している(バナコイン)が、太鼓の達人のプレイは現金で払うしか方法がないので注意。
      • 一部店舗では交通系ICカードなどを読み通す機械が付いている。
  • アーケードにはクレジットという概念がある。通常は100円を1枚投入すると1クレジット入る設定になっている。
    • 1プレイに必要なクレジット数や最大プレイ曲数はお店や台によって異なる。詳しくはこちらを参照のこと。

  操作方法

  • 曲やフォルダーの選択など全てにおいてバチを使用する(他機種のようなボタンはない)。基本的にはで上下 / 左右への移動、で決定。

  バチについて

  • 正規品のバチ(備え付けのバチ、公式マイバチ)以外はアトラクト画面で禁止する旨の表示がある*2
    • このWikiで“非”公式マイバチの良し悪しの議論はしないことになっているので、“非”公式マイバチに関わる話題は控えること。
    • 公式大会(公式オンライン大会を含む)で正規品のバチ以外を使用した場合は、以後の公式大会への一切の出場が出来なくなるなどのペナルティがある。
    • 備え付けのバチはハウスバチと呼ばれる。なお、ハウスバチの扱いは店舗によって異なることもある。
      • 軽量なもの、ラバーが外れているもの、別に店舗が用意したものなど、色々と存在している。
      • ホワイトVer.以降は、公式マイバチが備え付けバチとして置かれている店舗も存在する。
      • ハウスバチを削る行為は厳禁。店側で削ったのであろうものもあるが、もちろん好ましいことではない。

注意すること

  • 演奏の妨げとなりトラブルの原因となりうるため、次のような行為は止めよう。
    • 演奏中の人に近づきすぎたり声を掛ける行為
      • 声を掛ける必要がある場合は、選曲画面や演奏終了後のリザルト画面のタイミングが望ましい。
    • 空いている太鼓を叩く後ろで大声で話すプレイヤーにちょっかいを出して茶化すなどの行為
      • このような行為は非常識
      • 場所によるが空いている太鼓を叩いてくる小さな子どもは少なくないので、その場合は穏便に対処しよう
      • 対策方法:使用していない方のハウスバチを太鼓の裏の台等、手の届かない場所に置く

ゲームの始め方

  • 「太鼓を叩いてスタート」という表示になるまでお金を投入し、太鼓の面を叩いてエントリー(参加)する。
    • 投入したお金は基本的に返却されないため、コインの誤投入には注意すること。
    • 画面下側の中央に「0コイン」ではなく、「フリープレイ」と表示されている場合はお金を投入する必要はない。
    • 当初1人でエントリーしていたが、2人で遊びたい場合は、そのゲーム内の1曲目決定までにエントリーすれば受付可能。

  バナパスポートカード等使用時

  • 2つの太鼓の間にあるカードリーダーにタッチし通信を行う(パネルの色が青から緑に変わればOK)。
    • きちんと反応しなかった場合はパネルの光が赤色に変わり、画面にもその旨の表示が出る。
      • エントリー画面右上のバナパスアイコンが「NG」と表示されている場合もカードを使ってのプレイはできない。
      • 「NG」と表示されるのは閉店時間に設定された時刻の30分前以降と、サーバーメンテナンス時間帯30分前〜メンテナンス実施中の場合(原則深夜1時30分〜翌朝7時)である。
  • 通信が完了すると、どちら側の太鼓を使用するのか聞かれるので選択する(20秒)。
    • 時間内に選択しないと、自動的にカード無しでのプレイになるので、特に先にカードを使った場合は選択してからお金を入れるようにしよう。
      • 一度カード無しでのプレイになると、その後カードをタッチしてもカードを使ったプレイにはできないので注意しよう。
      • 常に、先にお金を入れて後でカードを使うようにしていれば防げるので、必ずそのようにしよう。

  モード選択

  • エントリーが完了したらモードを選択する。どちらかがエントリーした時点でカウントダウンが始まる(60秒)。
    • モードは「AIバトル演奏」「演奏ゲーム」「段位道場」の3つ。*3
      • AIバトル演奏 (1人プレイ・バナパス使用時のみ)
         ⋯「AIどん」と勝つか負けるかギリギリのバトルを楽しむモード (参考)
      • 演奏ゲーム 
         ⋯700曲以上の収録曲から自由に選択して演奏するモード (参考)
      • 段位道場   (1人プレイ・バナパス使用時のみ)
         ⋯指定された3曲を連続で演奏し、お題を達成すると腕前が認定されるモード (参考)

おサイフケータイでの利用について

  • カードの使用の際、ドンだーひろばへ登録するにはカード裏面の登録番号を入れることで可能だが、おサイフケータイにはそのような番号はなく、筐体で番号の発行を行う。
  1. おサイフケータイを読み込ませると毎回「ドンだーひろばへ登録をしますか?」というメッセージと「あそぶ」「登録」の選択肢が出てくる(ただし2人プレイなどでおサイフケータイの前に他の人がエントリーしていると出てこない)。
  2. 「登録」を選び、おサイフケータイを再度パネルにおくと、登録のURL(番号)が携帯電話で分かるようになる(スマホの場合、Felicaが名前に含まれるアプリを無効化していると情報が来ないため注意)。
  3. その後(もしくは「あそぶ」)を選んだ場合はカードと同じである。

(演奏ゲームAIバトル演奏)曲選択画面

新筐体での選曲画面の操作方法を解説しています。旧筐体では少々勝手が違う点があるので注意。

  曲選択

※ニジイロVer.では選曲画面のUIが変更されており曲バナーの並びが横から縦になっているが、基本は変更前と同じ。

  • 曲の選択までに使える時間は100秒。画面右上に残り時間、現在の曲数・設定曲数が表示されている。
  • まずは縁でジャンルやフォルダを選択し、面で決定する。
    • ジャンルはポップスアニメボーカロイド™️曲ゲームミュージックバラエティクラシックナムコオリジナルキッズの順に並んでいる。
    • 上記の他に特集フォルダどんメダルショップ段位道場の課題曲などのフォルダが並んでいる。プレイする曲を選ぶのに悩んだらそれらから選んでみるのも良いだろう。
    • あそびかた説明以外のフォルダは、「とじる」を選択することで閉じることができる。
  • 次に曲を選ぶ。好きな曲を縁で選択して面を叩き決定する。
    • カーソルを合わせて少し待つと曲が流れる。選曲の参考にしよう。
    • バナパスポートカードなどを使用している場合、王冠とスコアランクの獲得状況が表示される。
      • ジャンルまたはフォルダを選択している段階で選曲時間が0秒になると、選択中のジャンルの一番上の曲か、閉じる直前に合っていた曲が強制的に選ばれる。
    • 太鼓の縁を素早く叩くと数曲ずつ曲名バナーがスキップされるが、収録曲数が特に膨大なカテゴリの場合はの下にある曲ほど選ぶのに時間がかかってしまう。
      • バナパスを使えば、演奏ゲーム、AIバトル演奏を問わずお気に入りフォルダに30曲まで自由に登録できるし、好きな★の数と難易度から選曲出来るので*4、選曲の利便性を高めたいならバナパスを使おう。

  難易度(むずかしさ)選択

  • 曲を決定すると、むずかしさを選ぶ画面になる。好きな難易度を縁で選び、面を叩いて決定する。
    • 難易度は、かんたんふつうむずかしいおにの4種類。★の数は難易度を表しているので参考にしよう。
    • 選ぶ楽曲を間違えた場合は一番左の「もどる」を選ぶ。
    • おには「むずかしい」に合わせてから右縁を10回叩くと出現する。バナパスポートカード等を使用している場合、一度出現させてプレイすると以後は常時現れたままになる
    • 裏譜面は「おに」に合わせて右縁を10回叩くと出現する(もう一度同じ操作をすると元に戻る)。この操作は基本的に一曲ごとに毎回行う必要があるので注意。
      • 以前は裏譜面(おにの)表譜面を同時にプレイすることは出来なかったが、ブルーVer. のアップデートによって可能になった。一方が選択した後に裏返せば別々にプレイできる。
      • ニジイロVer. 現在「むずかしい」以下の裏譜面はアーケード版には収録されていない*5
  • バナパスポートカード等使用時は、最大8種類の演奏オプションも利用できる。
    • 演奏オプションの一覧
      • はやさ ⋯ 音符の速さを速くすることができる。1.0〜2.0(倍)の間は0.1刻みで、2.0〜4.0(倍)の間は0.5刻みで細かく調整できる。
      • ドロン ⋯ 「する」に設定すると音符が表示されなくなり、下にある「ドン」や「カッ」の文字だけ現れた状態になる。
      • あべこべ ⋯ 「する」に設定すると音符の配色があべこべになる。つまり、全ての音符の「ドン」が「カッ」に、「カッ」が「ドン」に入れ替わる。
      • ランダム ⋯ 「きまぐれ」に設定すると「ドン」や「カッ」の音符がランダムで少し*6変わり、「でたらめ」に設定すると「ドン」や「カッ」の音符がランダムでたくさん*7変わる。
      • 演奏スキップ ⋯ 「使う」に設定しているとき、演奏に使っていない側の太鼓の縁を「左右交互に10回叩く」ことで演奏を途中終了することが可能。なお「左右交互に10回叩く」カウントは演奏に使っている側の太鼓を叩くことでリセットすることが可能。
        +  演奏スキップ利用時の注意点 
      • 音符位置調整 ⋯ 音符の表示位置を、左寄り(-1〜5) / 右寄り(+1〜5)に調整が可能。
      • ボイス ⋯ 演奏中のどんちゃん / かっちゃんの声(コンボボイスなど)をオン / オフに設定可能(AIバトルでのまきなちゃんやAIどんの専用ボイスにも反映される)。
      • 音色 ⋯ 太鼓を叩いたときの「ドン」や「カッ」の音色を変更できる。
    • 演奏オプションを選択中にタイマーが0になった場合は難易度選択のために、さらに10秒追加される。

  (参考情報)難易度と★の数について

  • 各難易度の★の数の上限は順に57810
    • 各難易度の★の数は独立していると考えてよい。右隣の難易度の方が★が同数または少ない場合でも、右側の難易度の方が難しい場合が多い。
  • 難易度が高いほど以下のものが厳しくなる。
    • 判定(叩いたときの良・可・不可)
      かんたん(パパ・ママサポート対象)かんたん(パパ・ママサポート非対象)ふつうむずかしいおに
    • 魂ゲージのノルマ(クリア)の位置
      かんたん*8ふつうむずかしいおに
    • 魂ゲージの伸びやすさ
      (詳しく知りたい人はこちらへ)
+  旧筐体での選曲画面の仕様 

演奏

演奏画面について

pic_01.png

画像はこちらから引用。

スコア

  • 現在のスコアを表している。

ネームプレート

  • バナパス使用時はプレイヤーのスコアネーム(SN)、バナパス未使用時は「どんちゃん」*9/「かっちゃん」*10のいずれかが表示される。

曲名

  • 画面右上*11に曲名が常時表示され、その下にジャンル、現在の曲数・設定曲数が交互に表示されている。

コース(むずかしさ)

  • 画面中央左側に難易度のマークと名称のほかに演奏オプションが表示されている。
    • 裏譜面では譜面の左端の難易度のマークが青紫色となる*12

音符(譜面) /  魂ゲージ

  • その右側には譜面の流れてくるレーンと魂ゲージが表示されている。
  • 一人プレイの場合はレーンの下側に踊り子が出てきて、演奏を盛り上げてくれる。
  • 二人プレイの場合は上側が 1P (左側のプレイヤー)、下側が 2P (右側のプレイヤー)である。

演奏方法

  • 曲を選ぶとその曲のタイトルなどが表示された後、演奏画面に移る(キミドリVer.以降)。
    • 通信状況次第ではこの画面で固まることがあるが辛抱強く待とう。特に段位道場ではこの現象が起こりやすい。

  音符の種類と叩き方

20210917_1353_41181_1.png

  • 【注意】必要以上の強さで叩くのはセンサーの反応が悪くなる原因になり、嫌われるので控えること。また、太鼓のの部分は危険なので絶対に叩かないこと。は別の場所である。

  判定について

  • 演奏中に表示される「」「」「不可」と言う表示は、音符がどれだけ判定枠からずれないように正確に叩けているかの判定である。
    • ほぼぴったりのタイミングで叩くと「
    • わずかでもずれていると「
    • 大きくずれると「不可
  • 高得点を狙うなら、「」が出るようにタイミングよく叩こう。

演奏終了後

  演奏ゲームの場合

  • 演奏終了時に画面右上*13の「魂ゲージ」が黄色くなるまで溜まっているとノルアクリアとなり「クリア成功」の文字が出る。

    Screenshot_20210917-220727~2.png

    • 不可を1つも出さなかった場合はフルコンボとなり「クリア成功」の後に「フルコンボ!!」の文字が出る。
    • 可や不可を1つも出さずに全て良で叩けた場合にドンダフルコンボ(全良)となり「クリア成功」の後に「!!」の文字が出る。
  • 文字が出てくるまではまだ音符が流れてくる可能性があるので注意。

  AIバトル演奏の場合 (演奏ゲーム時との相違点)

  • AIどんに勝利すると「バトル勝利」の文字が、敗北すると「バトル敗北」の文字が出る。この演出の後に、フルコンボしたら「フルコンボ!!」、ドンダフルコンボしたら「!!」の演出が行われる。
  • ノルアクリアをしても「クリア成功」の文字は出ない。

  段位道場の場合 (演奏ゲーム時との相違点)


その他

  • 途中でミスをして演奏をやめることを快く思わない人も多いが、腕が疲れた、リズムがわからないなどの理由で叩けない、リズムを目で追っているなどの理由もありうるので、気に食わないからといってちゃんと叩けとバッシングするのはやめよう。他者に迷惑をかけていない限りはどういうスタイルを取ろうがお金を払っているその人の自由である。
    • ただ、そういう見方をされる可能性もあるということもプレイヤーとして認識しておいた方がよいのは言うまでもない。もちろん放置して帰るのは問題外
    • バナパスを使えば、ドンだーひろばで演奏スキップオプションを設定することが可能で、演奏中に使っていない方の太鼓の縁を10回叩くことで強制終了できるようになる。気になるなら使ってみるといいだろう。

ゲームが終わったら

  • バナパスポートカードを使用した場合、1曲以上完奏した場合は最後の曲の演奏結果画面からそのままどんメダルやごほうびなどがプレゼントされる演出が続く。
    • どんメダルやごほうびプレゼント演出が終わったら、面を叩いて「おしまい」の画面まで進めてから離れよう。
    • 無視して離れてしまうと*14、次の人が前の人のごほうびプレゼント演出をスキップしないとならず、次の人が連コインしたと誤解される可能性があるのできちんと終わらせるように。
  • 備え付けのバチを使った場合は元の位置に戻す。
  • ペットボトル等の荷物を忘れないように。
  • 続けてプレイする場合は後ろに人が並んでいないか確かめてから。
    • 次のような行為はマナー違反なので絶対にやめよう
      • 連コイン(連コ) ⋯ 後ろに並んでいる人がいるのに続けてコインを投入する行為。
      • 独占(回しプレイ) ⋯ 数人のグループで並んでやり続ける行為。

ドンだーひろばへの登録

  • ドンだーひろばよりバンダイナムコIDの登録(無料)を行い、カードの裏面もしくはおサイフケータイでは上記で取得した番号で登録する。
    • バンダイナムコID1つで3つまでのデータを登録できる。
      • でたらめ専用や双打(DP / タブルプレイ)用に別のカードを作る人もいる。

その他

  • アトラクト画面でタイトルが表示されているとき、画面下部の黒い部分には最新のお知らせなどが流れていることがあるので要チェック。
    • 閉店時間(に設定された30分前〜)やサーバーメンテナンス時間帯(深夜1時30分〜翌朝7時)は、バナパスポートカード等が使えない旨の表示が流れる。
  • 備え付けのバチには基本的に紐がついている。この紐が癖で巻かれてしまっていることがあるので、その時はあらかじめ解いておこう。
  • 家庭用とは異なり、大音符は多少強く叩けば*15反応するので、両手で叩く必要はない
  • 演奏の結果に関係なく設定された曲数プレイ可能(ニジイロVer.から)。
    • ただし段位道場モードで1曲目や2曲目をプレイ中に不合格が確定した場合は現在プレイしている曲で最後になるので注意。

コメント

  • このページを初めてご利用になる方は、必ずコメント時の注意及びルールに目を通してからコメントをするようにしてください。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 特訓モード廃止につき、その旨を削除 -- 2018-03-17 (土) 17:41:28
  • 順番待ち中の事に関しては書かれてないのか ウチでは椅子の横にエントリー表が置いてあるんだが台が開いても周りの人がプレイしようとする様子がない場合、そのエントリー表にチェックが入っていなくても先にプレイしていいのか?と最近気になった -- 2018-12-03 (月) 09:15:54
  • 大音符って片方だけでも大丈夫だったんだ... -- 2019-04-03 (水) 14:46:27
  • ↑家庭用は両方のドンorカツを叩かないと大音符を叩いたことになりませんが、アーケード版は叩いた強さで判定していますので両手でたたく必要はありません。 -- 2019-04-10 (水) 00:01:33
  • クロスビーツは、昨年サービスが終了したので削除。ドンチャレも、復活の目処がないため削除。その他、一部加筆。 -- 2019-04-10 (水) 00:56:25
  • 旧筐体ではふつうの判定はかんたんじゃなくてむずかしいと同じだったと思うんだけど -- 2019-07-10 (水) 06:27:33
  • 叩かずに放置することを快く思わない人もいるのでちゃんと叩こうとあるが、腕が疲れて叩けない、リズムがわからず追えない、あえて放置してリズムを目で追っているという場合もあるし、気にくわないからと言ってちゃんと叩けと他人に強制する方がおかしい。自分のお金でプレイさせてあげてるならともかく -- 2020-02-14 (金) 15:35:02
  • 旧筐体では裏出すと表に戻りません。 -- 2020-03-13 (金) 20:43:12
  • 店員とかに入れてもらったクレ(サービスクレ)は[〜コイン]の表示が赤色になる。通常いれたぶんの場合は白色 -- 2020-09-25 (金) 12:42:25
  • 細かい箇所の修正と、「むずかしさからえらぶ」機能の追加を行いました。 -- 2021-08-13 (金) 21:24:49
コメント:

  閲覧数
昨日 : 14
今日 : 5
合計 : 40533

メニュー

収録曲リスト

作品別情報




ジャンル別 (新基準)

ジャンル別 (旧基準)

コース別難易度別

クリア難易度順 (新筐体)

議論状況はこちら参照(別のWikiです)

その他

関連リンク

その他

更新履歴

最新の25件

2021-10-16

今日の25件

  • counter: 40535
  • today: 7
  • yesterday: 14
  • online: 86


*1 正式名称は2020年3月Ver.
*2 2021年8月6日に太鼓の達人 ゲームセンター版の「ゲーム実況に関するポリシー」が制定され、動画撮影・配信時は公式マイバチかハウスバチを利用するように、という内容が含まれている。非公式のマイバチは、公式から認められているものではない。
*3 段位道場は基本、毎年3月頃リニューアルし5月下旬から6月に十段までが先行登場する。玄人以降の段位は9月以降に登場。
*4 さらに、表示順も“未クリア優先”、“未フルコンボ優先”、“未ドンダフルコンボ優先”にさせることが出来る。また、選んだ難しさからランダム選曲することも可能。
*5 ハレ晴レユカイ のみ新筐体で唯一むずかしいの裏譜面が存在した
*6 20%の割合。PSPDXでは25%の割合。
*7 50%の割合。
*8 パパ・ママサポートが対象でも非対象でも同一
*9 1P 使用時
*10 2P 使用時
*11 AIバトル演奏では右下
*12 キミドリVer.以降
*13 2人プレイ時に右側の太鼓を使ったプレイヤーは画面右下
*14 無視して離れてしまう行為を「リザルト放置」という。マナー違反なのでやめましょう。
*15 設定されたリミット値以上の強さで叩けば、ということ。必要以上に強く叩かないこと。