台詞 / 無双演武 / 0205



前田慶次の章 第五話
長谷堂の戦い

慶次・兼続の活躍で、
三成は難を逃れたが、
これを契機に
徳川家康の天下取りが加速。
三成と兼続は
密かに家康打倒の策を練る。

兼続は
直江状を家康に送って宣戦布告、
それに呼応して三成も兵を挙げると、
天下を二分する
激しい戦いが始まった。

上杉に挟撃されることを
恐れた家康は、
伊達政宗に
上杉の背後を攻めるよう要請。
政宗と兼続は、長谷堂城で激突した。

天下に気概を示さんとする
友・兼続と共に、
前田慶次、
最後の大傾奇が幕を開ける。

戦国最後の大傾奇、
華と散ろうが悔いはねえ!
第五話 長谷堂の戦い
さあ、派手に死合おうかあ!


【直江兼続】
 東軍の背後を脅かすつもりが
 逆に伊達軍に背後を衝かれる結果となった。
 あえて言おう、危機的状況だ。

 私は、最上義光が籠もる長谷堂城へ向かう。
 慶次は、北進してくる留守政景
 早急に排除してくれ!

 その後、籠城している最上義光を討つ!
 後世に繋げる戦だ。
 胸を張って戦うぞ!