台詞 / 無双演武 / 0202



前田慶次の章 第二話
賤ヶ岳の戦い

姉川の戦いに勝利した織田軍は
東に武田を討ち、西に毛利を攻めて
怒涛の勢いで勢力を拡大。

しかし、
天下を目前にして
織田信長は本能寺に消えた。

主君を失った織田家では
柴田勝家と羽柴秀吉が対立、
両者歩み寄れぬまま、合戦となる。

前田利家は、
叔父貴と慕う勝家に従うも
友・秀吉と戦うべきか迷う。

そんな利家を案じながらも、
慶次はただ一個の戦さ人として
戦場に臨んだ。

ままならねえのが乱世。
腹くくって死合おうぜえ!
第二話 賤ヶ岳の戦い
叔父御、俺を追ってきなあ!


【前田利家】
 …くっ!
 叔父貴柴田軍と、秀吉羽柴軍
 この賤ヶ岳で戦うことになっちまった…。

 俺は友だろうが秀吉を討つ…それが仁義だ!
 慶次、前田家当主として命じる!
 前線を指揮してる石田三成を叩け!

 そしたら、ねね清正正則と倒して、
 秀吉を…秀吉を…討つ道を開くんだ!

 いいか! 俺は前田家背負ってんだ!
 前田家守るため、気ままは許さねえ!
 てめえも、気ままに戦ってんじゃねえぞ!