台詞 / 無双演武 / 0201



前田慶次の章 第一話
姉川の戦い

前田慶次は、
当代髄一の戦さ人であり、
風流を愛する傾奇者である。

主君・織田信長の命により
前田家の家督を
叔父・利家に譲ってからは
一個の戦さ人として
戦場に武辺を誇った。

元亀元年(1570)、織田信長は
義弟・浅井長政を討つべく
近江に侵攻、
両軍は姉川で相対した。

その軍中には、
前田利家に従い戦場に立つ
前田慶次の姿もあった。

湿っぽいのは苦手でねえ。
派手に盛り上げようかあ!
第一話 姉川の戦い
叔父御、俺を追ってきなあ!


【前田慶次】
 俺の目の前にいるのは朝倉軍か!
 利家の叔父御が俺を追っかけてこられるよう
 先魁として大暴れしなきゃだねえ!

 はかなりの大軍だ。
 まずは100人ばっかし
 一気にねじ伏せてしまおうか!

 お市の方…かの魔王信長の妹でありながら、
 そのに回ることを選んだ女性か。
 その覚悟と面構え、拝んでおきたいねえ。

 浅井軍の総大将は浅井長政
 朝倉軍の総大将は朝倉義景ってかい。
 前田慶次の大傾奇、篤とご覧いただこうか!