台詞 / 無双演武 / 0105



真田幸村の章 第五話
大坂の陣

沼田城の戦いには勝利したものの、
関ヶ原の本戦では
西軍の敗北に終わる。
三成は没し、
幸村もまた追放の身となった。

天下人となった家康は
江戸幕府を開くが、
豊臣家は臣従を拒み、
軋轢を増していく。
やがて、
決戦は避けられぬところとなった。

兵力に乏しい豊臣家は、
秀吉恩顧の大名を誘うが
協力を得られず、牢人を集めた。
蟄居していた幸村も招き入れられる。

圧倒的劣勢の中、幸村は槍を取った。
再び、徳川に…
天下との決戦に挑むために。

もののふの生き様示すため戦に臨む。
我が槍と共に。
第五話 大坂の陣
もののふの意地、とくと見よ!


【くのいち】
 幸村様。
 徳川軍は圧倒的大軍をもって大坂城を包囲。
 家康豊臣を滅ぼすつもりです。

 ここ真田丸で、まずは
 攻めてくるを蹴散らしましょう。

 現状、西側からは、稲姫様率いる軍税が、
 城内に侵攻を開始しています。
 早急に撃退する必要があります。

 東側は、二の丸東砦まで直江兼続が侵入。
 秀頼公へと進撃を開始するのも
 時間の問題と思われます。

 戦国最後の戦。
 幸村様…どうぞ、ご武運を。
 私も、お供します。