戦国史


戦国史


Table of Contents

合戦

出来事

  • 出来事を埋めるためには、“天下無双の武人として名を轟かす”の評価を得る必要がある。
    • 多くの勲功を上げる必要がある模様。
    • 武器に技能「立志」が付いていると多くの勲功が上げられる。

一章

出来事
1534◆尾張で織田信長が誕生する。
1543◆薩摩の種子島にポルトガル船が漂着。
 鉄砲が伝来する。
1546河越夜戦(一章 第一話)
 北条氏康が、上杉連合軍に奇襲を
 仕掛け勝利を収める
1549◆上杉謙信が、越後守護代を相続する。
◆織田信長、美濃の大名・斎藤道三の
 娘・濃姫と結婚する。
◆フランシスコ=ザビエルが薩摩に
 上陸し、キリスト教を伝える。
1551◆織田信長が織田家の当主となる。
1554◆武田信玄、北条氏康、今川義元により
 甲相駿三国同盟が結ばれる。
 
1555◆毛利元就が、厳島の戦いに勝利する。
1560桶狭間の戦い(一章 第二話)
 奇襲にて織田信長が勝利し、
 今川義元は討ち取られる。
◆長宗我部元親が長宗我部家の
 当主となる。
◆浅井長政が浅井家の当主となる。
1561◆上杉謙信が、関東管領職を相続する。
◆織田家家臣・羽柴秀吉が、
 ねねと結婚する。
1561川中島の戦い(一章 第三話)
 激闘の中、上杉謙信が単騎で
 武田信玄を追いつめる。
1562◆織田信長と徳川家康が、
 清洲同盟を結ぶ。
1564◆将軍・足利義輝が暗殺される。
1566◆毛利元就、月山富田城の戦いで勝利し
 中国地方の覇者となる。
 
1567◆織田信長、稲葉山城の戦いで勝利し、
 美濃を支配下に治める。
1568◆織田信長が、足利義昭を擁立して
 京へ上洛。義昭、将軍となる。
1569◆武田信玄、小田原城を包囲するも
 撤退。帰路の三増峠で北条軍に勝利。
1570◆織田信長、朝倉義景を攻めるも
 金ヶ崎の戦いで、浅井長政に敗北。
1570姉川の戦い(一章 第四話)
 織田・徳川連合軍が、浅井・朝倉
 連合軍に勝利する。
◆石山本願寺が、織田信長に敵対し、
 伊勢長島の戦いが行われる。
1571◆毛利元就、北条氏康が死去する。
◆織田信長、浅井・朝倉に加担していた
 比叡山延暦寺を焼き討ち。
 
◆武田信玄、足利義昭の要請を受け
 京へ上洛を開始する。
1572三方ヶ原の戦い(一章 第五話)
 兵力、軍略で勝る武田軍が大勝する。
 徳川軍は、大きな痛手を負う。
◆武田信玄が、上洛半ばで急死する。
1573◆織田信長、足利義昭を追放。
 これにて室町幕府は滅亡する。
◆織田軍が、朝倉家の拠点・一乗谷を
 攻め、朝倉家を滅亡させる。
1574◆織田軍が、小谷城の戦いで浅井長政に
 勝利。浅井家を滅亡させる。
 
◆浅井長政は自害するも、お市は
 3人の娘とともに織田家に戻る。
◆武田信玄の息子・勝頼が、徳川領に
 攻め入り、高天神城を陥落させる。

二章

出来事
1575長篠の戦い(二章 第一話)
 織田・徳川連合軍、鉄砲隊を用いて
 武田騎馬隊に大勝する。
◆長宗我部元親が、土佐を統一する。
◆織田信長が、越前一向一揆を鎮圧する。
 
1576◆織田信長が、安土城築城を開始し、
 本拠を安土に移す。
◆木津川口の戦いで、毛利水軍が
 織田水軍に勝利する。
1577◆織田信長が、安土を楽市楽座にする。
◆織田信長、紀伊の雑賀衆を攻め、
 降伏させる。
1577手取川の戦い(二章 第二話)
 上杉軍が、柴田勝家率いる織田軍を
 圧倒。能登、加賀国の大半を得る。
◆羽柴秀吉が、中国地方の毛利攻めを
 開始する。
1578◆上杉謙信が死去する。
◆黒田官兵衛、信長に謀反した荒木村重
 を説得するも失敗。捕縛される。
 
◆耳川の戦いで、島津軍が大友軍に
 勝利する。
1579◆御館の乱で、綾御前の子・上杉景勝が
 謙信の後継者となる。
 
◆竹中半兵衛が死去する。
1582◆天目山の戦いで、織田・徳川・北条
 連合軍が、武田軍に勝利する。
◆柴田勝家、前田利家らが率いる
 織田軍が、魚津城で上杉軍に勝利。
1582本能寺の変(二章 第三話)
 天下統一を目前にして、織田信長が
 自害する。森蘭丸も討死する。
◆危険を感じた徳川家康が、伊賀越えを
 行い、無事三河へ帰還する。
 
◆羽柴秀吉、本能寺の変を知り
 毛利軍と講和。急ぎ撤退を開始する。
◆明智軍、近江の長浜城や佐和山城など
 を攻め落とす。
 
◆羽柴秀吉、織田信長の三男・信孝を
 総大将として軍を率い京を目指す。
◆明智光秀、大和の筒井氏、丹後の
 細川氏らの協力を得られず孤立する。
1582山崎の戦い(二章 第四話)
 羽柴軍が勝利し、明智光秀は敗走
 途中に落武者狩りに遭い命を落とす。
◆織田信長の次男・信雄、明智の残党
 を滅ぼすため安土城に火を放つ。
◆織田信長の孫・三法師が清洲会議
 にて、後継者として認められる。
◆三法師の後見人となった羽柴秀吉と
 柴田勝家の対立が深まる。
◆天正壬午の乱により、徳川家が甲斐・
 信濃を、北条家が上野を支配する。
 
◆羽柴秀吉が、大徳寺にて織田信長の
 葬儀を行う。
1583賤ヶ岳の戦い(二章 第五話)
 加藤清正、福島正則らの活躍もあり
 羽柴軍が勝利する。
◆柴田勝家に加勢していた前田利家が
 羽柴秀吉と講和する。
◆柴田軍本拠・北ノ庄城が落城。
 柴田勝家が自害する。
◆織田信孝、柴田勝家に味方した罪を
 問われ、自害させられる。
1584◆島津軍が竜造寺軍に勝利し、九州の
 覇権を握る。
◆羽柴秀吉の台頭に脅威を抱いた、
 織田信雄が徳川家康を頼る。

三章

出来事
1584小牧長久手の戦い(三章 第一話)
 およそ二ヶ月におよぶ戦いの末、
 徳川軍が羽柴軍に勝利する。
◆長宗我部元親が、四国を平定する。
1585◆羽柴秀吉が、関白となる。
◆羽柴秀吉が四国を攻め、
 長宗我部元親が降伏する。
◆伊達政宗が伊達家当主となる。
◆徳川家康が真田家の上田城を
 攻めるも、惨敗する。
1586◆徳川家康が、羽柴秀吉に従う。
◆本多忠勝の娘・稲姫が真田幸村の
 兄・信之に嫁ぐ。
◆島津軍が、大友家の岩屋城を攻める。
 城主・高橋紹運以下全兵士が戦死。
◆豊臣秀吉が、豊臣の姓を受け
 豊臣秀吉と名乗る。
1586九州征伐(三章 第二話)
 豊臣秀吉が島津軍を破り、九州を
 平定。西日本を完全に制圧する。
1588◆豊臣秀吉が、農民から武器を徴収する
 刀狩令を出す。
 
◆豊臣秀吉が、北条家に対して
 宣戦布告する。
1590◆伊達政宗が、豊臣秀吉に従う。
◆石田三成が、北条領の忍城を攻めるも
 甲斐姫らの活躍により撃退される。
 
1590小田原討伐(三章 第三話)
 豊臣秀吉が勝利し、天下統一を
 成し遂げる。
◆奥州で葛西・大崎一揆が起きるも、
 伊達政宗らに鎮圧される。
1591◆豊臣秀吉が太閤となる。
1598◆豊臣秀吉、前田利家が相次いで
 死去する。
1599◆加藤清正ら七将、石田三成邸を襲撃。
 三成は家康を頼り、難を逃れる。
1600◆徳川家康が上杉征伐へ向かった隙を
 狙い、石田三成ら西軍が挙兵する。
◆伏見城の戦いにおいて、西軍が
 東軍に勝利する。
◆立花宗茂ら西軍が、大津城の戦いに
 おいて、東軍に勝利する。
◆石田三成率いる西軍、島左近の進言で
 杭瀬川にて東軍を奇襲。大勝する。
 
1600関ヶ原の戦い(三章 第四話)
 東軍が勝利する。石田三成ら、
 西軍の首謀者が京で処刑される。
◆黒田官兵衛、石垣原の戦いで、
 西軍に属する大友氏を撃退する。
◆上杉軍が長谷堂城から撤退。
 伊達・最上の追撃を退ける。
1603◆徳川家康が征夷大将軍となり
 江戸幕府を開く。
1607◆駿府城が完成し、徳川家康の
 居城となる。
1611◆二条城にて、徳川家康と豊臣秀吉の
 息子・秀頼が会見する。
1612◆徳川家康が、キリスト教禁止令を
 出す。
1614◆徳川家康が、方広寺鐘名事件において
 豊臣家と対立する。
 
1615大坂の陣(三章 第五話)
 真田幸村、徳川家康をあと一歩まで
 追い詰めるも討死。徳川軍の勝利。
◆徳川家康が、武家諸法度を発令する。
1616◆徳川家康が死去する。