CPUピット(for)


スマブラfor3DSWiiU攻略>CPU行動まとめ(for)

CPUピット(for)


「」

CPU概要


あらゆる局面において臨機応変が効く、優等生ことピット。その使い勝手の良さは、敵に回すとさぞ恐ろしい。
CPUピットもまた、全てのCPUキャラの中でも特に癖のない優秀な戦闘力を有している。キレのある動きから繰り出される神弓には、強い武器判定が備わり、立ち位置が中途半端な相手を無慈悲に切り裂く。牽制で放つクロスチョップ(横強攻撃)の射程は、際立って広い。
近距離戦で使用する隙潰し技のレパートリーも、これまたリーチと攻撃判定の生存時間に優れ、その場緊急回避でやり過ごそうとする相手にも容赦ない。

地上戦だけでなく空中戦の頻度も高い。小ジャンプと併用しながら、任意方向へ多段ヒットの空中技を仕掛ける。着地硬直が短いため、ガーキャンのタイミングを誤るとよからぬ反撃を貰う。ただし真下の相手に対して放つアンダースラッシュ(空中下攻撃)だけは、隙がやたら大きい。その発動頻度も相まって、ガーキャンと打ち上げを繰り返したハメが有効。

二種類の射撃反射技を有しており、それぞれ飛来する弾丸の速度、発射位置に応じて使い分ける。この内、遠距離からの射撃、低速弾丸に反応する剛腕ダッシュアッパー(横必殺技1,3)は各動作が非常に大きく、誘発が狙えるキャラはかなり有利。

搭載されている確定コンボがメチャクチャ多いCPUでもある。CPUブラックピットと並び、全CPU中最多。そこから派生する追撃技も、前後投げ派生を除いては脱出が難しいものばかり。掴み自体の速度も?に匹敵する程素早い。ただし、同じ白色仲間みたいに強引に掴みばかり狙う訳ではない。通常時は「ダッシュ接近モード」に備えて距離を置こう。

特攻や投げコンが得意なキャラは各種空中技をガーキャン、背中を向けてジャンプしたら着地際に範囲技、射撃技持ちのキャラは遠距離で剛腕ダッシュアッパーを誘発、地道にダメージを稼ぎたい人はアンダースラッシュ誘発→ガーキャン→打ち上げループハメを繰り返し、パワータイプのキャラは高所復帰〜着地際を刈り取り、空中戦が得意なキャラは低所復帰飛翔の奇跡に横槍を入れてハメ殺す…等、あらゆる戦術が均等に効く。
唯一耐性のあるお手玉も、合間にガーキャン上投げや空中緊急回避誘発→着地硬直作成ループ等を挟んで対処できる。
戦闘力は高水準なCPUだが、その身体能力故に弱点も平均的。プレイヤーの使用するキャラの長所と対CPU戦での知識を活かし、開発者に愛される天使を地の淵へ叩き落とそう。



戦闘能力


地上戦空中戦低所復帰力隙の無さ総合戦闘力
BCBAB


ジャンプ回数射撃技射撃反射、吸収技チャージ技ガード無効技地上カウンター空中カウンターワイヤー復帰
4回××××


通常技主力各種弱攻撃、クロスチョップ(横強攻撃)、各種スマッシュ攻撃
空中技主力フロントサイクル(空中前攻撃)、アンダースラッシュ(空中下攻撃)
必殺技主力パルテナの神弓(通常必殺技1~3)、剛腕ダッシュアッパー(横必殺技1~3)
隙潰し掴み、各種弱攻撃、クロスチョップ(横強攻撃)、各種スマッシュ攻撃、パルテナの神弓(通常必殺技1~3)、剛腕ダッシュアッパー(横必殺技1~3)
行動キャンセルパルテナの神弓(通常必殺技1~3、遠〜近距離)、剛腕ダッシュアッパー(横必殺技1~3、中〜近距離)
高所復帰技剛腕ダッシュアッパー(横必殺技1,3)、飛翔の奇跡(上必殺技1,3、アプデ前限定)、衛星ガーディアンズ(下必殺技1~3)
崖並行復帰技剛腕ダッシュアッパー(横必殺技1,3)、飛翔の奇跡(上必殺技1,3)、衛星ガーディアンズ(下必殺技1~3)
低所復帰技剛腕ダッシュアッパー(横必殺技1,3)、飛翔の奇跡(上必殺技1,3)、衛星ガーディアンズ(下必殺技1~3)
復帰阻止レッグカッター(下強攻撃)、デュアルアタック(横スマッシュ攻撃)、ローアタックコンボ(下スマッシュ攻撃)、スピニングサイクル(空中N攻撃)、フロントサイクル(空中前攻撃)、アンダースラッシュ(空中下攻撃)、パルテナの神弓(通常必殺技1~3)、衛星ガーディアンズ(下必殺技1~3)


コンボルート発動条件備考
確定コンボ1アッパースイング(前投げ)→ダッシュスライス(ダッシュ攻撃)対象のダメージが24%以下ダッシュ攻撃の発動タイミングは固定。
確定コンボ2アッパースイング(前投げ)→パルテナの神弓(通常必殺技1~3)対象のダメージが70%以上通常必殺技の発動タイミングは固定。
通常必殺技の矢は誘導性能が無い。
確定コンボ3ビバインドスルー(後ろ投げ)→ダッシュスライス(ダッシュ攻撃)対象のダメージが24%以下ダッシュ攻撃の発動タイミングは固定。
確定コンボ4ビバインドスルー(後ろ投げ)→パルテナの神弓(通常必殺技1~3)対象のダメージが70%以上通常必殺技の発動タイミングは固定。
通常必殺技の矢は誘導性能が無い。
確定コンボ5スタンドシュート(上投げ)→ジャンプ→ライトニングローター(空中上攻撃)対象のダメージが24%以下ジャンプと空中上攻撃の発動タイミングは固定。
確定コンボ6アンダースラッシュ(下投げ)→一瞬ダッシュ→エンジェルスピン(上スマッシュ攻撃)対象のダメージが24%以下ダッシュの移動距離、上スマッシュの発動タイミングは固定。
確定コンボ7アンダースラッシュ(下投げ)→一瞬ダッシュ→小ジャンプ→スピニングサイクル(空中N攻撃)対象のダメージが24%以下ダッシュの移動距離、ジャンプと空中N攻撃の発動タイミングは固定。
確定コンボ8アンダースラッシュ(下投げ)→小ジャンプ→フロントサイクル(空中前攻撃)対象のダメージが24%以下ジャンプと空中前攻撃の発動タイミングは固定。
確定コンボ9アンダースラッシュ(下投げ)→ジャンプ→ライトニングローター(空中上攻撃)対象のダメージが25%〜69%以内ジャンプと空中前攻撃の発動タイミングは固定。



アップデート後の変更点


  • 高所復帰時、露骨に低所へ移動しなくなり、積極的にステージへ寄る。
  • 高所復帰~崖並行復帰中、ステージ到達直前に相手が付近で攻撃モーションを取ると、超反応で復帰技を使用する。
  • 高所復帰時に突然飛翔の奇跡を暴発しなくなった。
  • 低所復帰中、ステージとの距離が近いと、空中ジャンプを使用せず即座に復帰技で崖掴まりを狙う。
  • 低所復帰中の復帰ルートが「崖」一択になった。
  • 低所復帰中、空中ジャンプする際に付近に相手が居ると、空中ジャンプと同時に空中緊急回避する。
  • 復帰中、崖ステージとの距離が遠すぎると超反応緊急回避が出来なくなった。

特徴


  • 全体的に隙が少ない。
  • 大半の技が武器判定。間合いが広い。
  • 牽制では、攻撃範囲が広めの横強攻撃を放つ。先端部分の火力が高い。
  • 空中技を当てたいのか、小ジャンプの頻度が高い。背中を向けたままジャンプして接近することもある。
  • 低ダメージのCPUピットにはお手玉が効かない。空中N攻撃で拒絶する。
  • 遠距離での隙潰し、牽制にパルテナの神弓。溜め時間はランダム。誘導性能があり、遠距離の相手には高いホーミング性能を発揮。
  • 同じく牽制や隙潰しに使用する剛腕ダッシュアッパーは、発動時にアーマーが付与される。
  • 射撃技に対しては、剛腕ダッシュアッパーと衛星ガーディアンズで反射する。
  • 空中から真下の相手に仕掛ける技は、アンダースラッシュに偏っている。側面判定が広い。
  • 搭載されている確定コンボが全CPU中最多。全て投げ派生。追撃性能がかなり高い。
  • 崖待ちはあまりしない。復帰阻止を行うときは積極的に崖外へ降り、相手にしつこく粘着してから空中技を放つ。空中下攻撃偏重。
  • 低所から復帰する時は、崖に向かって一直線に飛翔の奇跡を発動。移動距離が長い。
  • 復帰中、CPUピットの位置が崖に近い時に、相手が崖外へ移動し攻撃モーションを取ると、ステージ上へ直接復帰するように飛翔の奇跡を発動。
  • 復帰中でも、空中ジャンプ開始時に射撃技が飛んで来た時は、剛腕ダッシュアッパーや衛星ガーディアンズで反射を狙う。
  • 切りふだ発動タイプはマリオ型/緊急回避タイプ。相手が背後に居ると緊急回避を行わないで即後方ジャンプするCPUマリオ、サムスなどとは違い、こちらは緊急回避連発を続行する。


弱点


  • 決定打が少ない。
  • 空中技の頻度が高いため、ガーキャンを行う機会は多い。各技のガード削り力が低い。
  • 空中後ろ攻撃のリーチは、そこまで長くない。
  • 横スマッシュ、上スマッシュの後隙が大きい。特に上スマッシュは体高の低いキャラにはヒットしにくい。
  • パルテナの神弓は背面の相手には対応していない。斜め上方向近距離の相手に対しては、狙いが定まらなくなる。零距離ガーキャンにも弱い。
  • 射撃技に対して使用する剛腕ダッシュアッパーと衛星ガーディアンズは、後隙が大きい。
  • 剛腕ダッシュアッパーで反射した射撃技は、相手にダメージが通らない。弾速の遅い、或いは超遠距離からの射撃技に対して優先的に発動。
  • 空中での横移動力はそこまででもない。ある程度ダメージが溜まると、お手玉→空中緊急回避誘発のループハメが有効になる。
  • 空中に居るCPUは、真下の相手に対して空中下攻撃ばかり放つ。着地硬直があり、ガードしてもノックバックしない。打ち上げ→誘発ガーキャンのループハメが可能。
  • 前後投げ→ダッシュ攻撃のコンボは、受け身を取ると追撃のダッシュ攻撃を回避できる。硬直中のCPUに反撃可能。
  • 復帰阻止時は、露骨に崖外へ移動し空中下攻撃を決めてくるので、崖外への燻り出しが容易。
  • 低所復帰時の飛翔の奇跡は、移動ルートが直線。攻撃判定が無いので、復帰阻止やメテオ技、崖メテオ、ハメが可能。
  • 復帰するCPUの空中ジャンプに合わせて射撃技を行うと、稀に剛腕ダッシュアッパーを発動する。技のモーションが長すぎてそのままバーストすることがある。

技リスト


技分類技名使用頻度主な用途
弱攻撃フォアハンドスライスB牽制技、隙潰し。
初段や二発目で止めたりはせず、高確率で最後まで出し切る
弱攻撃2バックハンドスライスB弱攻撃3、百烈攻撃のどちらに派生するかはランダム。
弱攻撃3アッパースイングB隙の無い三段目。稀に誰もいない所で暴発する。
百烈攻撃スピニングカッターB同じく、稀に暴発する。連射を止めるタイミングは常に一定。後隙が僅かに存在。
ダッシュ攻撃ダッシュスライスCコンボ技。アップデート前は「ダッシュ接近モード」からの派生でも発動していた。
前投げ、後ろ投げからの追撃で発動。この二つのコンボは、受け身で回避可能。
横強攻撃クロスチョップA主力技。牽制技、隙潰し。
先端部分は高火力。中距離での発動が著しく、同じ足場に立っている相手には、接近させまいと言わんばかりに乱発する。
僅かに後隙がある。ガーキャンは必須。
上強攻撃フロップキックC地対空。
武器判定の伴わない三連キック。空中技で代用する場合があるので、対空戦での頻度はそこまで高くない。
下強攻撃レッグカッターC牽制技、崖掴まり阻止。
隙が無い技。武器判定でもあるので接近しにくい。
地上では、横強に混じって発動。崖掴まり阻止での使用率が高い。
横スマッシュ攻撃デュアルアタックA主力技。隙潰し、復帰阻止。
後隙の大きい二連斬り。長いリーチと判定時間によりその場緊急回避不可能。
ガード削り力が低いため、ガーキャンが可能。発動後の隙が大きい。
上スマッシュ攻撃エンジェルスピンB隙潰し、地対空戦、コンボ技。
ガード削りの低い三連続斬り。後隙が大きめ。
「ダッシュ接近モード」や隙潰し、ガーキャン後の派生行動。一瞬ダッシュを挟んでから発動するケースが多いが、判定が上方向に集中し過ぎて、時々外してしまう。
下投げ派生コンボの一つ。投げられた際に真上へベクトルをずらさないと回避不可能。
下スマッシュ攻撃ローアタックコンボB隙潰し、崖掴まり阻止。
スマッシュ三種の中で後隙が無い技。前→後ろの順で攻撃判定が発生。
特別リーチが長いわけではないが、隙潰しでの発動率が著しいため、命中精度は並以上。使われないように。
空中N攻撃スピニングサイクルC密着状態での使用。コンボ技。
発生の極めて早い多段ヒット技。カス当たりでは0%だが、怯んでしまう。僅かな着地硬直あり。
お手玉されると反撃に使用する。お手玉する時は、合間にガーキャンを挟むなどの対策は必須。
下投げ派生コンボの一つ。投げられる瞬間に真上へベクトル変更すると、ギリギリ脱出できる。
空中前攻撃フロントサイクルB密着〜前方の相手に使用。コンボ技。復帰阻止。
同じく多段ヒット技。空中N攻撃と比べると硬直が大きい。対策にはガーキャン。
下投げ派生コンボの一つ。投げられたら、真上にベクトルをずらして回避。
空中後攻撃エアスタップB背後の相手に使用。
発生が遅い単発技。発動タイミングによっては、攻撃判定が発生する前に着地してしまう。着地隙が僅かにある。
CPUは背中を向けたままジャンプで接近することがある。着地寸前に誘発&範囲技を併用すれば、間髪入れずに反撃が刺さる。
空中上攻撃ライトニングローターB地対空、復帰阻止、コンボ技。
空中N、前に並んで多段ヒット技。後隙は一応あるが、発動位置の関係上、反撃は難しい。
下投げ派生コンボの一つ。拘束性能に秀でており、単純にベクトル変更したのでは逃れられない。空中緊急回避も併用しないとダメ。
空中下攻撃アンダースラッシュB復帰阻止。
下方180度をカバーする広範囲技。通常は斜め上に吹っ飛ばすが、ピットの垂直下、剣の先端部分にヒットするとメテオになる。ガードしても大して削られず、ノックバックしない。着地硬直長め。
シールドへのダメージが低いので、誘発→ガーキャン→打ち上げのループハメが容易。
復帰阻止する時は、積極的に崖外へ降り、相手に向けて放つ。そのせいでCPUを崖外へホイホイ誘導できる。
つかみ攻撃つかみニーバット-連打速度が早く脱出不可能。CPUピットは、投げからの確定コンボがクッソ多い。
前投げアッパースイングCダッシュ攻撃による追い打ちに注意。前投げ後に放つパルテナの神弓には、誘導性能が無い。
後投げビバインドスルーA投げ後の行動パターンは前投げと全く一緒。ダッシュ攻撃や神弓の追い打ちには当たらないように。
上投げスタンドシュートC低確率だが、上投げから空中上攻撃に繋げる。
下投げボーンディバイドA下投げから四種類ものコンボに派生する。24%以下の時は、上スマッシュ、空中N、空中前攻撃、25%以上なら空中上攻撃へ連携。拘束が強く、脱出難易度がかなり高い。
通常必殺ワザパルテナの神弓
貫通の神弓
自在の神弓
B
C
C
牽制技、隙潰し、復帰阻止、コンボ技。
即席チャージ技。射出された矢は弾道操作が可能。チャージ中は正面だけでなく、真上にも射線変更できる。背後には射出不可能。僅かに後隙あり。
CPUがチャージに要する時間はランダム。射出された矢はプレイヤーを正確に射抜く。背面や、近距離斜め上方向には対応しておらず、この位置に相手が居ると、溜め状態のCPUの挙動が不審になる。零距離ガーキャンや射線外からのツッコミが有効。
ダメージの蓄積した相手には前後投げから追撃を図るが、この時に放つ矢には誘導性能が無い。
貫通の神弓は弾速と前後モーションの遅さが原因なのか、隙潰し目的でしか使用しない。こちらが先に攻撃を振らなければ、使用頻度はガタ落ちするだろう。
横必殺ワザ剛腕ダッシュアッパー
迎撃ダッシュアッパー
超速ダッシュアッパー
B
C
B
隙潰し、射撃反射、復帰技。
キャプテンファルコンの横必殺技を低速化したようなモーション。構え時はアーマー付与。突進中は射撃技も反射するが、反射した射撃技はこちら側に対して攻撃が入らない。
CPUは中距離での隙潰しだけでなく、遠距離からの射撃技や低速弾丸にも反応する。反射の有無に関係なく、使用後の隙がかなり大きい。
復帰中であっても射撃反射を試みるが、外した時の隙が大きすぎて自滅する場合も…。
迎撃ダッシュアッパーは突進を行わず、相手の接近に応じて作動する。そのシステムのせいか、対射撃技や復帰には使用しない。
上必殺ワザ飛翔の奇跡
飛翔アタック
風圧ジャンプ
D
D
D
復帰技オンリー。
攻撃判定が一切ない技。入力した方向へ一直線に移動する。移動速度、飛距離共に優れているが、防御力が皆無。
通常は崖目がけて移動するが、相手が崖外で攻撃モーションを取っていると、復帰ルートが「ステージ上」に変化することがある。露骨に崖掴まりを狙うため、復帰ハメに弱い。
垂直にしか飛べない飛翔アタックには攻撃判定が伴う。ただし発動位置に問題があり、確率で崖掴まりを失敗する。風圧ジャンプの風判定は、発動位置の関係上、復帰阻止の支障にはならない。
下必殺ワザ衛星ガーディアンズ
衝撃ガーディアンズ
倍増ガーディアンズ
D
E
D
射撃反射技。両サイドに対応している。発動時に押し出し判定。
中距離での射撃技、弾速の速い弾丸には、剛腕ダッシュアッパーの代わりに発動。超低確率で、近接技の代わりにも使用。展開時間はほぼ一定。解除時に隙が出来る。
復帰中、空中ジャンプで上昇している時に、射撃技が飛んでくると発動する。下降中は発動不可能。
衝撃ガーディアンズの使用率は限りなく低い。




主な対処法


主力技・・・





必殺技・・・ 






必殺技・・・





対地&対空技・・・





コンボ技・・・





復帰阻止・・・





復帰・・・






最後の切りふだ


切りふだ名回避難易度発動タイプ復帰中発動スマッシュボール所持中、
他CPUが復帰台に引き籠るか
スマッシュボール所持中の
他CPUの行動パターン
三種の神器Aマリオ型/緊急回避タイプ






まとめ





「」

現在の閲覧者
→2人
チャットにいる人
users.png
チャット見てる人
roms.png

メニュー

for3DS/WiiU攻略

スマブラX攻略

スマブラDX攻略

スマブラ64攻略

総合データ

特別企画

掲示板

リンク集

更新履歴

最新の10件

2019-03-24 2019-03-23 2019-03-01 2019-02-26 2019-01-25 2019-01-18 2019-01-17

任天堂ニュース

#showrss: Failed fetching RSS from the server

total: 512
today: 1
yesterday: 1