CPUネス(X)


スマブラX攻略>CPU行動まとめ(X)

CPUネス(X)



CPU概要


ヨーヨーの魅力に取りつかれてしまったネスサン。地上戦では事あるごとに上スマッシュをぶち込む。地味に火力が高かったり、前後判定に中途半端なラグもあったり、スマッシュホールド中も攻撃判定が存在したりと、癖のある厄介な技だったりする。回避潰しにも貢献しており、接近戦だと腐るほど使ってくる。
零距離戦を挑んでいると下強攻撃でハメてくる。抜け出してもヌルヌル間合いを詰めてくるため危険。
コイツと長時間密着するのは避けよう。少しでも間合いが開いていると、これらの技の使用頻度を大きく減らせる。

一定の距離が開くと空中前技で飛びかかってくることがある。シールドを削る能力に乏しく、防ぎきったのち攻められると弱い。
やや控えめだが、同様に距離があると必殺技を使ってくる。しかしPKフラッシュ(N必殺技)は相手が近かろうが最大溜めを行い、PKサンダー(上必殺技)を相手に直接ぶつけようとはせず、隙が大きいのにもかかわらずわざわざ自分にぶつけ突進しようとする。

復帰力は正直アイクガノンドロフよりも低い。PKサンダー体当たりで復帰するのだが、自分がどこにいようが突進の向きは決まって斜め60度方向。尻もち落下時の横移動力が皆無。発動場所も崖と平行じゃないと使用しない。


リーチがあり、横方向へ吹っ飛ばしやすく、PKフラッシュやサンダーを吸収できるMr.ゲーム&ウォッチが特に有利。復帰時、PKサンダーの誘導中にオイルパニックを使うと、相手をそのまま落とせる上に一気に2,3段階溜まると言うお墨付き。

黄色いヨーヨーは扱いに長けているようだが、青い方のヨーヨーはどうも苦手なようだ。早い話、0%ダメージでも崖にポイして空中ジャンプしたところにスマッシュ技などをぶち込めば、面白いように落ちてくれるぞ。



戦闘能力


地上戦空中戦復帰力(高所)復帰力(中・低所)復帰阻止力総合戦闘力
BDEECC


ジャンプ回数射撃技射撃反射、吸収技チャージ技カウンター技シールド無効技復帰迎撃ワイヤー復帰滑空空中浮遊
2回××××××


通常技主力クラウチングキック(下強攻撃)、バットスイング(横スマッシュ攻撃)、シャトルループ(上スマッシュ攻撃)
空中技主力空中PKハンドスタンプ(空中前攻撃)、PKドロップキック(空中後攻撃)
必殺技主力PKフラッシュ(N必殺技)、PKサンダー(上必殺技)
緊急回避対策シャトルループ(上スマッシュ攻撃)、ヨーヨーショット(下スマッシュ攻撃)
吹っ飛ばされた直後に使用する技ニードルキック(空中下攻撃)、サイマグネット(下必殺技)
崖ジャンプ直後ネススピン(空中N攻撃)、空中PKハンドスタンプ(空中前攻撃)、ニードルキック(空中下攻撃)
復帰技(高所)無し
復帰技(低所)PKサンダー(上必殺技)
復帰阻止バットスイング(横スマッシュ攻撃)、シャトルループ(上スマッシュ攻撃)、PKフラッシュ(N必殺技)、PKファイヤー(横必殺技)


コンボ技クラウチングキック1〜8発(下強攻撃)→各種スマッシュorクラウチングキック




特徴


  • 動きがもっさりしている。
  • 射撃反射技、吸収技の両方を持っている。
  • 範囲技、手数の多い技を好んで使う。
  • 密着状態の相手には、下強攻撃でハメてくる。
  • 上スマッシュの使用率が高い。
  • よく小ジャンプからの空中前技で飛びかかってくる。
  • 投げ技の火力が高い。
  • PKフラッシュは必ず最大溜めを行う。一部の相手には全く使用しない。
  • 確率で、PKサンダーを自分に当てて体当たりをけしかける。
  • 復帰時にPKサンダー体当たり。前作までとは違い、垂直に近い方向へ突進する。
  • 飛んできた射撃技は横スマッシュで撃ち返す。もしくはサイマグネットで吸収。



弱点


  • 全体的に軽い。
  • よく使うダッシュ、スマッシュ、空中技の隙が大きめ。
  • 使用する技にやや偏りが見られる。
  • PKフラッシュ使用中は完全に無防備。技の範囲も大して広くない。
  • PKサンダー体当たりの予備動作が大きく、しかも相手が範囲外にいても使う。
  • 復帰時、PKサンダー体当たり直後は一時的に横移動出来なくなる。復帰力の低い原因の一つ。
  • 何故かサムスのミサイルは苦手。放たれても反射や回避はせず、気持ちよく直撃する。




ワザリスト


技分類技名ダメージ使用頻度備考
弱攻撃ジャブ3%B近、零距離戦で使用。
1〜6発ぐらいぶっ続けで使用。
軽く距離を置くだけで、使用頻度を大幅に下げられる。
弱攻撃2ストレート2%Bジャブ(弱攻撃)の派生。
弱攻撃3ミドルキック4%B弱攻撃の最終派生。
相手がガードしていても、ここまで持っていくことがある。
ダッシュ攻撃PKハンドスタンプ%B3連続攻撃。
ダッシュ時、掴みと併用して突っ込んでくる。
一発一発の間隔が広く、その間に攻撃をぶち込もう。
横強攻撃ショートキック%D中距離で牽制。ごく稀に回避対策。
使用率は低い。
上強攻撃トス%D主に地対空くらい。非常に低確率だが回避潰し。
判定がやや強め。後隙潰しは少し難しい。
下強攻撃クラウチングキック%S零距離戦。稀に地対空で暴発する。
1〜7,8発連続使用し、ハメてくる。脱出されると、バットスイング(横スマッシュ攻撃)でぶっ飛ばしたり、再びこの技でハメたりする。
弱攻撃同様、接近しなければあまり使ってこない。
横スマッシュ攻撃バットスイング%A主力。地対地、復帰阻止。
先端ダメージが溜め無し25%と高い。
リュカのそれよりも出が遅く、読みやすい。
射撃反射にも使用。中距離だと、放たれた射撃技を超反応で跳ね返す。
上スマッシュ攻撃シャトルループ%A主力。地対地、地対空、回避潰し。
横スマッシュより頻度が高い。地上だと下強攻撃に次いで、気持ち悪いほど使ってくる。
スマッシュホールド時も攻撃判定あり。攻撃の軌道に癖があり、回避やめくりが難しい。
外してくれたらチャンス。
下スマッシュ攻撃ヨーヨーショット%D回避対策、崖掴まり阻止。
これもスマッシュホールド時に攻撃判定が残る。
動きが読みやすく、回避が楽。
上スマッシュに出番を取られすぎて、お目にかかる機会は少ない。
空中N攻撃ネススピン%C主に頭上の相手に使用。
見かけによらず連射力に優れ、無理に後隙を潰そうとすると、直後の技に狩られやすい。
火力は高くない。
空中前攻撃空中PKハンドスタンプ%A空中技主力。
5連続攻撃。
中距離から、SJと併用して飛びかかってくる。位置関係上シールドキャンセルが決まりやすい。頻度が高いので、慣れれば面白いように投げ技が決まる。
空中後攻撃PKドロップキック15%B用途は空中前の後バージョン。
シールドで防ぐと大きくノックバックする。至近距離で使ってくれると、上手い具合に間合いが開く。
空中上攻撃ジャンピングヘッドバッド13%D地対空。ステージの高台の上で使うことがほとんど。
判定がすぐに消滅する上に後隙が大きめ。
この技よりも空中前後技の方が優先度が高い。
空中下攻撃ニードルキック%B空対地、崖掴まり阻止。
側面判定が若干広い。
吹っ飛ばされても反撃することがある。攻撃中に着地すると隙が生まれる。
つかみ攻撃つかみヘッドバッド%遅い若干テンポが遅い。流石にそのデカい頭で殴るのには無理があったか…?
前投げPKスルー%A%に関係なく一定の距離まで投げ飛ばす。
ダッシュ掴みからすぐにポイする。
ネスは投げ技がかなり強いので、CPU御用達のガーキャン掴みには注意されたし。
後投げリバースPKスルー%A吹っ飛ばし力が高く、100%ダメージだと下手したら死ぬ。120%ならほぼ即死。
上投げカウボーイPKスルー%C前後投げ技と比べると、頻度は高くない。
下投げラピッドPKファイヤー%Dこれも頻度は高くない。吹っ飛ばし力は低め。
通常必殺ワザPKフラッシュ9〜38%C中、遠距離戦、復帰阻止。
相手が目の前にいようがお構いなしに、必ず最大溜めを行う。
攻撃判定はかなり狭い。復帰阻止に使ってきたら、逆にチャンス。
射撃技にしては珍しく相手を選んでおり、スターフォックス系、MOTHER系の相手には使用しない。
横必殺ワザPKファイヤー2%D地対地、復帰阻止に稀に使用。
いずれも攻撃がギリギリ届く位置で使用するせいか、命中率は曖昧。
前作では一歩進むたびに使用してきたが、自重したようだ。
上必殺ワザPKサンダー8%C中、遠距離戦、復帰技。
雷弾を相手に直接ぶつけるのではなく、必ず自分に当てて体当たりを仕掛けてくる。それが相手が射程距離外にいても。
リュカとは違い単発技だが、体当たり時の攻撃力が格段に高い。判定もやや強い。
復帰時の体当たりは斜め60度方向固定。使用直後は一時的に横移動が出来なくなるため、復帰力は想像以上に低い。
下必殺ワザサイマグネット-%E射撃技を使わない限り全く使用してこない。
遠距離で射撃技をぶっ放されると使用する。かわりに接近戦では緊急回避やジャストシールドを活用する。
復帰直後や、上に吹っ飛ばされて回避動作しかできない状態でも使用する。




主な対処法


主力技… PK下強攻撃ストーム


CPUネスの厄介な性質。連射力に優れた下強攻撃をマシンガンのごとく連射し、密着した相手をハメ潰そうとする。
1〜8発ぶっ続けで使用し、抜け出した相手にはスマッシュで追撃したり再び下強攻撃でハメたりと、非常に鬱陶しい。

とはいうものの、この技は相手が零距離戦を挑んでいる時にしか使わないことが多く、ネスによほど粘着していない限り使用される機会は少ない。



主力技… 刮目せよ、マイスリングショット


上スマッシュ技シャトルループ。下強攻撃に次いで使用頻度が高い。
地対地、地対空、回避潰し、シールドキャンセル等と用途は広く、地上戦では馬鹿みたいに連射してくる。攻撃軌道が独特な上、スマッシュホールド状態でも攻撃判定が発生したりと癖が強く、適当に回避動作をしているとコイツに狩られる。
原作では命中率に難あるヨーヨーだが、今回はそうでもないようだ。

が、肝心の攻撃力に関しては不足気味。シールドで防いでも特にノックバックはしない。技の出自体はやや速めなのだが、外してくれれば正面はガラ空きの状態に。
落下速度の速いキャラだとキツイが、地対空戦を挑んでいる時は誘発させてしまおう。



副戦力… 刮目せよ?、PSI


PSIを用いた強力な必殺技を持つネス。だが、上記の技と比べるとアクの強いモノばかり揃っているせいなのか、あまり正しく運用出来ていない模様。

一定の距離が開くと、PKフラッシュ(N必殺技)の溜め動作に入る。必ず最大溜めをぶつけようとするのだが、それが相手と密着状態でも関係なし。相手が近いからすぐに炸裂させると言う訳でもなく、自分そっちのけでフラッシュの操作に徹しようとする。炸裂する前にけしかければ何てことは無い。
また、PKフラッシュはリフレクター、サイマグネット対策なのか、スターフォックス勢、MOTHER勢の相手には全く使用しないようだ。

PKサンダー(上必殺技)も同様に、一定の距離が開くと使用する。雷弾を直接相手に当てるのではなく、必ず自分に当てて水平方向へ体当たりをしようとする。やはり雷弾を操作している以上、予備動作が大きい。
相手が射程距離外にいても関係無し。こちらに飛んできたところにホームランバットを当てると爽快。
因みに雷弾操作中にスマッシュボールが出現すると弾道が真っ直ぐになり、見当外れの方向へ飛んで行ってしまう。

PKファイヤー(横必殺技)に関しては、こちらに届くギリギリのところでしか使用せず、棒立ちの状態でも大抵は当たらない。寧ろ使用頻度も上二つのPK技より圧倒的に少ないので、ほとんど無視してもいいのかもしれない。


自慢の必殺技に関しては命中率は非常に曖昧。ただし単純な火力ではかなり高い部類なので、油断しないように。




最後の切りふだ


切りふだ名ダメージ回避難易度発動タイプ復帰中発動
最後の切りふだPKスターストーム %C, ノーダメージ難易度S入手後、即発動×




まとめ

現在の閲覧者
→6人
チャットにいる人
users.png
チャット見てる人
roms.png

メニュー

for3DS/WiiU攻略

スマブラX攻略

スマブラDX攻略

スマブラ64攻略

総合データ

特別企画

掲示板

リンク集

更新履歴

最新の10件

2019-10-08 2019-10-06 2019-09-13 2019-08-18 2019-08-14 2019-08-12 2019-08-11

任天堂ニュース

#showrss: Failed fetching RSS from the server

total: 1478
today: 1
yesterday: 0