用語集 / ら〜ろ



スマブラプレイヤーがよく使う用語をまとめてみました。そんなに使わない用語もあるかも?半分くらいはジョークですので、軽く受け流しながら読んでください。

編集に関しては、ここの用語集のスローガンは質より量なのでがんがんやっちゃって下さい。ただし、セリフ等は語録へ追記お願いします。

6464のスマブラで使う用語
DXスマブラDXで使う用語
スマブラXで使う用語
3DSスマブラfor3DSで使う用語
All全てのスマブラで使う用語

ライダーキック (All)

ファルコン、ガノンの下B、ソニック、ゼロスーツサムスなどの空中下A、リンク、マリオなどの空中Nなど、
要は片足をまげてライダーキックっぽく蹴る技のこと。
ただ、空中Nがそういう技だと迫力が無さすぎる・・・
え?飛び蹴りだけがライダーキックじゃない?ドロップキックも回し蹴りもある!?
失礼しました。

拉致(らち) (All)

ドンキーが前投げ「リフティング」で敵をかついで引き離してしまう様。拉致投げとも言う。
大抵は道連れ落下となる。

ランダム (All)

主にキャラクターやステージ選択の「おまかせ」を指す。
64やDXではおまかせ項目はなかったが、何も選ばずにスタートなどの手段でランダムに選ぶことができた。

ランバト (DX)

関東ランキングバトル。関東で時々行われる大会。
もはやランキングバトルではないがそこら辺はご愛敬。大会が行われていることに意味がある。が、プレイヤー達のレベルの高さは本物


リアル系 (All)

リンクやキャプテンファルコン、マルスなど人間キャラでも特に描写が現実的なキャラのこと。
一番現実世界に近いキャラはスネークで、地上ジャンプ力が生身の人間を若干上回る程度に忠実であり、格闘技と爆発兵器を用いる。
他のリアル系の場合、ファイアーエムブレム系のキャラは魔法のような攻撃を使ったり、ゼロスーツサムスは幼少時代からの鳥人族による訓練で人並みはずれた運動能力を持つなど、それ以外に対抗できるそれなりにファンタジックな力を持っている。
スマブラでは「攻撃時に身体の部位の一部を巨大化させる」というアニメ的手法で見た目と当たり判定の乖離を防いでいるが、リアル系キャラの場合は巨大化させると違和感が出るためかしばしば真空判定が発生する

リストラ (X)

『DX』で参戦したキャラクターの一部が『X』では参戦できなかった事。
その「リストラ組」と呼ばれるキャラクターは以下の通り。

リドリー (X)

亜空の使者」の「研究施設」に登場するボス。「メトロイド」における、サムスの宿敵。
原作では炎を吐く等の攻撃を行っていたが、スマブラXではダイナブレイドっぽい攻撃を仕掛けてくる。
攻撃時以外は基本的にステージの外側に滞空しており、フィギュアにしてもそれがステージの端から墜落することが多い。
ムービーではサムスを壁に擦り付ける攻撃を披露していたが、これは後の「メトロイド アザーM」に逆輸入されている。

リトル・マック (X)

アシストフィギュアで参戦の「パンチアウト!!」のキャラクター。
オリジナルゲームでは、普通のボクサータイプの青年。
スマブラXでは、筋肉はあまりなく腕が細くて弱々しいボクサーの青年で描写されるが。
しかしその外見とは裏腹に意外にスピードが速く、パワーも申し分ない。
一度はWiiソフト『キャプテン☆レインボー』で原作からは程遠いメタボリック体型になったが、2009年に発売された「Punch-Out!!」ではもう一度男らしい姿で登場した。
声優は、日本版、海外版共通で江川 央生が担当している。
オリジナルゲームのリトル・マック
スマブラXのリトル・マック
キャプテンレインボーのリトル・マック(キャラクター紹介ムービー参照)


リフコン (DX)

リフレクターのジャンプキャンセルと絶空をあわせることによってできるコンボ。
これによりフォックスのコンボ能力は飛躍的に強化され、相手がずらさない場合、
うまくやればほぼエンドレスで攻撃を加え続けることができる。
ちなみにドンキーのリフティングコンボもリフコンと言う。紛らわしい。

リンク(Link) (All)

スマブラでは初代から登場しているキャラクター。
左利きの勇者。タイトルが『ゼルダの伝説』となっていることから、
未プレイの人はよく名前を「ゼルダ」と間違える。

ルイージ (All)

スマブラの64版から登場しているキャラクター。
マリオシリーズの名脇役で、”永遠の二番手”や”緑のヒゲ”と呼ばれるのはご愛嬌。
『ルイージマンション』で主役に。

ルイージロケット (DX) (X)

DXから使えるようになったルイージの横必殺ワザ。
速報スマブラ拳で発表されたときは、どうみてもネタにしか見えない飛び方で世の失笑をかった。ちなみに、英語ではグリーンロケットと呼ばれている。


レックウザ (Rayquaza) (X)

亜空の使者のボスとして登場。
ディディーフォックスに襲いかかるが返り討ちに合う。
口から雷撃球を放つが、登場時のムービーにそれに対する対処のヒントがある。
原作にて「なんおくねんも オゾンそうの なかを とびつづけ けっして ちじょうには おりてこない ポケモン」と説明されているにも関わらず何故か湖から登場したことが一部では語り草になっているらしい。

ロード(All)

ゲームの読み込み時間。
初代ではカセットだったのでロード自体無く、『DX』はディスクらしからぬ快適さだったが、それに比べると『X』ではどうしても長く感じてしまう。

ロイ(Roy) (DX)

スマブラDXにて登場しているキャラクター。
当時の最新作『ファイアーエムブレム 封印の剣』の宣伝のためにフライングで参戦した、クロスオーバーゲームでも唯一となるデビューを飾ったキャラ。
当時は原作で公表されていたロイが、少年漫画風のやんちゃ系のイメージだったが、
『DX』発売前後に延期となり、その間にFEお馴染みの王子様風に転換した結果、スマブラと原作とでは結構イメージが違っている。


ろい〜ん (DX)

名前登録で稀に出る。
決してロイの事じゃない(と思う)よ。

ロイ・キャンベル (X)

スマブラXにてスネークの無線通信にのみ登場、キャラクターの特徴について教えてくれる。通称「大佐」。
ルイージ対してだけは何故か「永遠の2番手」、「いわゆる日陰者」などという暴言を吐き、さらには突然「らりるれろ!」と叫びだし、元ネタを知るプレイヤーも知らないプレイヤーも驚愕した。
実は弟がおり、その弟に恋人を寝取られた事もあって、それがネタで「弟」であるルイージを卑下するような事を言っているようだ。 ルイージはいい迷惑である。

ロイの日 (X)

ファイアーエムブレムシリーズを、やっていないスマブラファンがリストラされたロイの為に勝手に設定した記念日。
日にちは、6月1日。
補足しておくと、FEキャラの殆どの誕生日はロイを含め全く設定されて無い。

ロボット (X)

Xで参戦したキャラ。元はキャラというより周辺機器であった。
サプライズキャラの一人だが、ファミコンを知らない低年齢層のプレイヤーも多いため各地で「誰こいつ」の声が次々と上がった。
地味な印象を受けるが、一時期は四強入りしていた。しかし今は色々対策が分かってきたようで外されたりもしている。

なお、「亜空の使者」では亜空軍を率いるエインシャント卿として登場、真の姿を現した時にはまさにサプライズであった。


現在の閲覧者
→7人
チャットにいる人
users.png
チャット見てる人
roms.png

メニュー

for3DS/WiiU攻略

スマブラX攻略

スマブラDX攻略

スマブラ64攻略

総合データ

特別企画

掲示板

リンク集

更新履歴

最新の10件

2019-10-08 2019-10-06 2019-09-13 2019-08-18 2019-08-14 2019-08-12 2019-08-11

任天堂ニュース

#showrss: Failed fetching RSS from the server

total: 14939
today: 1
yesterday: 1