アイテム(DX)


大乱闘スマッシュブラザーズDX

アイテムとは

対戦をさらに盛り上げる、様々な種類を持った対戦のスパイス的なもの。
これらの性質を知ることが出来れば、対戦での駆け引きが面白くなること間違いなし!

アイテムに関するまとめ

アイテムの取り扱いに関しては、キャラによっては少々違いがある。
ここからはそれらに関して解説していく。

打撃アイテムによる攻撃

ファルコンシーク
マルスロイ
ファルコンはスマッシュホールドをするとホールドの動作を行わない代わりに、
持っているアイテムを二段振りして攻撃する。
(余談だがその時のSEははりせん以外を除き、どれもビームソードのもの)
スターロッドとリップステッキの場合は、持っている打撃アイテムの
攻撃判定がなくなる代わりに星型弾や飛沫を4連射する。
シークの場合はファルコンとは違い、他のキャラのスマッシュホールドの性能と変わらず、打撃アイテムによる純粋な二回連続攻撃を行う。
下記の2人は、スマッシュ攻撃が打撃アイテムと剣を使った二段攻撃になる。

ゼルダピーチミュウツー
アイテムによるダッシュ攻撃が二段振り(ミュウツーは多段ヒット)に変化する。

アイテム投げについて

ゼルダ、ガノンドロフ、ピチュー、プリン、Mr.ゲーム&ウォッチは
アイテム投げの力が弱く、標準値(マリオで計測)よりも若干威力と投げの勢いが落ちる。
クッパは投げの能力は普通だが投げまでの動作が遅い。(ダッシュ投げが顕著)

またアイテム投げの威力は
「投げの勢い(捨てor通常の投げorスマッシュ投げorダッシュ投げ)」
「地上と空中のどちらで投げたか」
「投げた方向」
で若干変化が生じる。

アイテム一覧


投てき系

攻撃ボタンで投げつけて攻撃するアイテム。

アカのこうら

出典は「マリオカート」から。
マリカをやったことのある人にはお馴染みの赤色のコウラ。
投げて地面に接する、攻撃を加える、上から乗っかるのいずれかを行うと、
コウラから一番近いプレイヤーを優先して追尾しつつ、地上を移動する。

投げて当てても、追尾状態で当たっても大して威力も吹っ飛ばし力も無いが中々鬱陶しい。
また吹っ飛ばし力が固定となっているため、吹っ飛び率が2倍に設定された場合は即死級の吹っ飛ばし力になる。
ちなみにリフレクト系の攻撃で跳ね返しまくると、
コウラの威力が上がるだけでなく、出現時間も延長する。

カプセル

スマブラオリジナルのアイテム。
拾って投げるか攻撃を加えることで、中からアイテムが1個出てくる。 そこそこ威力があるが、1/8の確率で爆発する。
爆発した際は高威力だが、足元へ投げた際や攻撃をうっかり当ててしまった際の自滅には要注意。
よって、自身は爆発に巻き込まれないように工夫して投げることも重要になる。

くす玉

スマブラオリジナルのアイテム。
拾って投げる、又は20%以上のダメージを与えると上昇し始める。
上昇後は独特の音楽(二種類ある)を流して割れ、中からランダムで色々なアイテムが出てくる。
時々くす玉本体が爆発を起こしたり、中からアドベンチャーモードに登場したザコ敵(クリボー、リーデット、オクタロック、トッピー)が出てきたりする事もある。

出現する中身の確率は
,す玉本体が爆発(10%)
多数のたべもの(36%)
ボム兵4つ(12%)
い修梁(42%)
※その他の内容は「アイテム3個」と「アイテム4個」、極稀に「アドベンチャーモードに登場したザコ敵1体(出現するのは上記のいずれか)」。

グルグル

出典は「バルーンファイト」から。原作では障害物の役割。
投げた後でキャラや地形の障害物に当たる、もしくは一定距離を進むと静止する。
キャラが当たるとポコッというSEと共に回転して弾き飛ばす。攻撃を加えたり、一部の投てき、射撃系アイテムや飛び道具が当たっても反応し、同じように回転を始める。

前作のバンパーの代理アイテム。吹っ飛ばし力は弱いが鬱陶しいことこの上ない。
設置場所を間違えると自分にも害になることもあるが、うまく扱えば復帰阻止に使える。
吹っ飛び率2倍に設定された状態で当たるとかなり吹っ飛ぶようになるため、崖際で斜め下方向に吹っ飛ばされた場合は悲惨。


スクリューアタック

出典は「メトロイド」から。
持っていると地上でのジャンプと空中でのジャンプがサムスの上必殺ワザであるスクリューアタックになる。
多段空中ジャンプが出来るカービィやプリンの場合、スクリューアタックになるのは1回目の空中ジャンプのみ。

投げて敵にぶつけると相手に強めのダメージを与え、スクリューアタックを強制的に発動させてしりもち落下状態にする。
密かにシールド削り能力が高かったりもする。
ただし、至近距離ではぶつけた相手のスクリューアタックを喰らってしまうので注意。

ちなみに出典のゲームでは、サムスがスクリューアタックを得るために必要なアイテム。

センサー爆弾

出典は「パーフェクトダーク」から。64版のモーションセンサー爆弾とは別物。
拾って投げることで、床だけでなく天井や壁にも設置できる爆弾。
設置後数秒経ってから設置場所に何か(キャラや、投げられた及び設置場所近くにあるアイテム)があると爆発する。

ただし、設置直後の爆弾に攻撃を加えると即座に爆発する。

たまご

出典は「ポケットモンスター」から。 ヨッシーアイランド、ヨースター島にのみ出現するアイテム
(ここ以外では、ポケモンのラッキーが生み出すもののみ)。

カプセルと似た性質を持つが若干威力が低い。
また、中には投げて当てると爆発を起こす「たまごばくだん」や、拾うと体力を回復するたまごもある。
ちなみにカプセルとは違い、たまごばくだんは足元に投げた場合は爆発に巻き込まれることがない。

タル

スマブラオリジナルのアイテム。
(ドンキーコングシリーズと間違われやすいが、
箱の表面にはスマブラのシンボルマークが描かれている。)
基本的に箱とほぼ変わりはないが、箱よりも若干威力の強いアイテム。
これ本体に12%以上のダメージを与えるか、投げて壊すことで中からアイテムが1個(極稀にザコ敵1体)出てくる。
箱やくす玉と同様に、稀に爆発を起こすこともある。

一撃で壊しきれなかったり、投げた際に床に浅めの角度で落ちた場合、タルは地形に沿って転がり始める。
この状態のタルには攻撃判定があり、キャラが当たるとダメージを受ける。(静止している状態でも。)
また、何か(キャラや障害物など)に当たると壊れる。

タル大砲

出典は「スーパードンキーコング」から。
矢印の描かれたタル型の大砲。投げるか坂に置かれた際は地形に沿って転がりだす。
この状態のタルに触れたキャラはこのタルの中に閉じ込められる。

閉じ込められたキャラは
その(閉じ込められている)キャラを操作しているプレイヤーが何らかのボタンを押すことで、押した瞬間に向いていた矢印の方向に撃ち出される(ダメージはない)。
ボタンを押さなかった場合、数秒後に自動的に矢印の向いていた方向に撃ち出される。

出現してから消えるまでの時間が非常に早いため、若干影の薄いアイテム。
活用法としては復帰阻止や乱戦における妨害に使えるといったところか。
ちなみに、誰かが大砲に入っている時に他のキャラが接触すると、接触したキャラがダメージを受ける。


どせいさん

出典は「MOTHER2 ギーグの逆襲」から
投げてぶつけても威力、吹っ飛ばし力は共に弱い。
だがシールド削り能力が高く、二回当てればシールドブレイクさせられる。

ちなみにワザを当てることもでき、当てると吹っ飛ぶ。吹っ飛び方はワザの吹っ飛ばし能力に影響する。
さらに放置しておくと約2秒後に自動的に歩き出し、約22秒後に消滅する。
消滅までの時間は、どせいさんに攻撃を加えれば加えるほど短くなる。

スマブラオリジナルのアイテム。
重たく取り回しにくい大型キャリア。その分高威力。
ドンキーなら身軽に運べる。

タル同様、拾って投げるか15%以上のダメージを与えると壊れて、中からランダムに
.▲ぅ謄1個(30%)
▲▲ぅ謄2個(20%)
アイテム3個(40%)
が出てくる。稀に同じアイテムが3つセットで出てくることも。
また破壊した際に1/10の確率で爆発する。
さらにくす玉やタルと同様、極稀にアドベンチャーモードに登場したザコ敵が出てきたりする事もある。

フリーザー

出典は「マリオブラザーズ」に登場する敵キャラ。
投げて当てると敵を凍らせる。凍らされた相手は暫くの間、身動きができなくなってしまう。
これ自体には耐久力があり、攻撃を当てるとバラバラになってしまう。尚、火炎属性の攻撃を当てると耐久力に関わらず一発で砕け散る。
また常に左右どちらかに移動しており、少し拾いづらい。

ボム兵

「マリオシリーズ」でお馴染みの爆弾の敵。
投げて障害物や地形(壁を除く)、キャラや一部のヤクモノなどに当たるか攻撃を加えたりすると爆発する。
出現後しばらくすると勝手に歩き出す。この状態だと持つことはできず、上記のものに触れると自動的に爆発するようになる。

歩き始めてからしばらくするとその場に停止し体を赤く点滅させ、最後には爆発する。
赤くなっている際に再び拾うことが出来る。ただしすぐに投げないと爆発の巻き添えに遭う。
しかし、タイミングよく空中緊急回避をすることで自分は巻き添えになることはないので覚えておこう。

威力、吹っ飛ばし力は共に超強力。投げれる機会があればぜひ投げたい所。

ミドリのこうら

「マリオシリーズ」に登場する、お馴染みの緑色のコウラ。
投げて当てるとこれまたおなじみの「ポコッ」というショボいSEに似つかない、ボム兵に次ぐ強力な吹っ飛ばし力を発揮する。

上から乗っかる、攻撃を加えたりした場合はゆっくりと進んでいき、この時にも攻撃判定がある。
ただしこの場合は吹っ飛ばし力が若干弱まる。
また、この時に上から乗っかるか攻撃を当てることで停止させることが出来る。

また投げた場合でも、地面に落ちて進み始めた場合は上記と同じ威力になる。


モンスターボール

詳しくは↑こちらを。出典は「ポケットモンスター」から。

回復系

取ると体力が回復。コンピューターは猛烈な反応をする。

たべもの

全部で28種類。それぞれ回復量が異なるが、プレイ中に意識することはあまりない。

回復量回復量回復量回復量回復量回復量回復量
ハンバーガー6ジュース3パスタ6メロン6チキン7牛丼7チャーハン7
おにぎり6りんご5すいか6だんご3牛乳5ざるそば5ドーナツ4
みかん4バナナ5アイス3紅茶2オムレツ7うな重9いちご3
きのこ3寿司8ラーメン7カレー7ぶどう4チーズ3ピザ6

マキシムトマト

出典は「星のカービィ」から。原作ではカービィの大好物。
50%回復。通常のアイテムのように跳ねるようになっており、
地形が深めの角度の場所に落ちた場合は転がり始める。 その場合は即座に取ってしまおう。

ハートのうつわ

出典は「ゼルダの伝説シリーズ」から。原作では体力の最大値を1つ増やすことができるアイテム。
100%回復。他の回復アイテムと比べて落下速度が非常に遅い。
着地する前に空中キャッチで取得したい。


射撃系アイテム

持つと、通常攻撃(Aボタン攻撃)が射撃攻撃になる。

スーパースコープ

元ネタは同名のスーファミ専用周辺機器より。

ボタンを1回押す度に最小弾を3発発射する。
ボタンを長く押してから発射するとチャージ弾を発射する。

最小弾は最大で48発まで撃つことができ、チャージ弾は最大溜めで最小弾を16発分消費する。

バグ利用で弾数を無限にすることも可能。
詳しくはコチラを参照。
ただ相手の協力が必要なので、ガチの対人戦では実用性は皆無。

最小弾は敵を貫通するため、目の前にいる敵だけでなくその後ろにいる敵にも攻撃が当たる。中々鬱陶しい。
また微弱ながらもメテオ効果があるので、ガゲ際で連射しまくればそのまま相手を落とせてしまうことも。
最大溜めは3回しか使えないが超強力。
余談だが、スーパースコープの構え方に関しては誰一人として正しい構え方をしていない。

なお、最小弾の連射速度はキャラによって異なる。
(下記に記載されていないキャラの連射速度は標準とされている)

  • 連射速度が早いキャラ
    マリオ、ドクターマリオ、ルイージ、ピーチ、フォックス、ファルコ、ネス、アイスクライマー、ゼルダ、シーク
  • 連射速度が遅いキャラ
    ピカチュウ、ピチュー、Mr.ゲーム&ウォッチ

ファイアフラワー

元ネタは「スーパーマリオブラザーズ」から。

ボタンを1回押すことで5発の火炎弾を発射する。
ボタンを押し続けることで連射が可能。射程は短いがその分弾数が120発と多め。

前作では驚異的な拘束力があったが、今作ではずらしが強力なのであまり使えない。

レイガン

スマブラオリジナルのアイテム。
緑の光弾を発射できる少し玩具っぽい光線銃。最高で16発まで撃てる。
威力も吹っ飛ばし力も弱いが弾速が速いうえに射程が非常に長く(ファルコのブラスターに次いで2番目)、牽制や妨害などに最適。
アイスクライマーが2人で持つとさらに牽制及び妨害能力が上がる。
見た目も何だかカッコイイ。

打撃系

持つと、通常攻撃が持っているアイテムを振り回す攻撃になる。
なお、リップステッキ・スターロッド・はりせんの投てきによる攻撃はリフレクターなどの反射技で跳ね返すことができない。


スターロッド

出典は「星のカービィ 夢の泉の物語」より。
原作ではプププランドの秘宝で、プププランドにある夢の泉のパワーの源である。
強攻撃とスマッシュ攻撃で星型の弾を飛ばせる。弾数は最大で16発。
本体の打撃と星型の弾が同時ヒットした時の威力は中々のもの。
投げてぶつけると、敵を横方向に吹っ飛ばす。

パラソル

出典は「星のカービィ」から。
持っていると空中では自動的に傘が開き、ゆっくりと落下出来る。
開いている時にスティックを下に入れると傘が閉じ、通常の落下状態(しりもち落下になる技を事前に出している場合はしりもち落下状態)になる。
逆に閉じている最中にスティックを上に入れれば、再度傘を開くことができる。
また開いている時は、パラソルの柄の部分に弱めの攻撃判定が出る。
復帰力の低いキャラが場外へ吹っ飛ばされても、このアイテムを強制的に手放されなければ
復帰力を飛躍的に伸ばすことが出来るようになる。
ここまではピーチの上必殺ワザ(ピーチパラソル)と同じ性能。

地上では武器として使うことが出来る。
打撃性能は普通だが、スマッシュ攻撃に関しては大分強め。
ベクトルも上方向と中々優秀。

また空中での落下速度がハートのうつわ並に遅く、
なおかつそれでも攻撃判定を持っている(バウンドの回数が重なると消えるが)ため、
機雷的な役割を果たしたりもする。
逆を言えばその遅さのせいで、機雷にすらなり得ない事もあるが。

さらに投げても飛距離が短く、大して威力も吹っ飛ばしもないため
投てきアイテムには向いていない
(そもそもこのアイテム自体、打撃系アイテムだが)。

はりせん

スマブラオリジナルのアイテム。
威力はほとんどないが攻撃の隙が少なく、連打能力とシールド削り能力が強い。
スマッシュ攻撃では一撃でシールドブレイクを起こさせるほど。
また、ヒットした相手を自分側へ吹っ飛ばす性質を持つ。
投げて当てた場合は、相手を上方向に吹っ飛ばす。
この性能の関係上、組み手や軍団戦に向いている。

ハンマー

出典は「ドンキーコング」から。
拾うと一定時間、原作のBGMと共にハンマーをひたすら振り回し続ける。
機動力は大幅に下がる(左右の移動と地上でのジャンプしかできなくなり、同時に崖に捕まれなくなる)が
高い攻撃力と吹っ飛ばし力を誇り、同時に攻撃範囲も広いため、ほとんど無敵状態に近い。

しかし吹っ飛ばされてしまうときりもみ回転状態(地面に着くまでぐるぐると回り続ける)になってしまう。
地面に落ちてから起き上がるまで無抵抗なので危険。
場外に吹っ飛ばされた場合、ミスはほぼ確定と言っていいだろう。

吹っ飛ばされてきりもみ回転状態になる瞬間に限り、ハンマーを捨てることができるのでそうなった場合は即座に手放そう。

ちなみに12.5%の確率でハンマーヘッド(いわゆる槌)がすっぽ抜けてしまう事がある。
ハンマーヘッドが抜けた後は柄を振り回すだけの間抜けな姿を晒す事になる。
スキだらけなのは言うまでも無い。

ちなみにすっぽ抜けたハンマーヘッドは拾って投げることができ、
ハンマー以上に高い吹っ飛ばし力を誇る。
またハンマーヘッドがすっぽ抜ける確率は投げ捨てられたハンマーを拾うたびに変わる。

ビームソード

スマブラオリジナルのアイテム。
始めは短剣のように刀身が短いが、拾うと刀身がソードらしく長く伸びた状態になる。
標準的な能力を持つ打撃アイテム。
弱→強→スマッシュの順でどんどんリーチが伸びる。
吹っ飛ばしもそこそこ良く、使いやすい。

ホームランバット

スマブラオリジナルのアイテム。
スマッシュ攻撃を当てると「カキーン!!」という快音と共に非常に高い吹っ飛ばし力を発揮する。
地形ややくものによるジャマがなければ、どんなキャラでも0%から1ミス確定。

しかしスマッシュホールドが出来ない上にリーチが短く、振りが若干遅いので当てづらいのが難点。
スマッシュ以外の攻撃や投げてぶつけても強めの吹っ飛ばし力があるため、
無理にスマッシュにこだわる必要はない。

なお、ファルコンとシークにおいてはアイテム2段振りによる攻撃の2段目を当てなければ驚異的な吹っ飛ばし力を発揮せず、
他のキャラと比べてベクトルがファルコンが真上、シークはほぼ真上寄りとなっている。
ちなみに、ファルコンで2段目をヒットさせた場合は相手を燃やす効果もある。

リップステッキ

出典は「パネルでポン」から。
これによる打撃や投げつけ、もしくは強攻撃かスマッシュで放つしぶき(最大12発)を当てると、相手の頭に花を植え付ける「花咲き状態」にさせる。
花咲き状態にさせられたキャラクターは、ダメージが1%ずつ蓄積されていく。
植えつけられた花はしばらくすると勝手に取れる。
花咲き状態の継続時間は威力の高い攻撃を当てるか、これによる攻撃回数が多いほど長くなる。
なお、単発ヒットでの継続時間はしぶき<打撃<投げつけの順番で長くなる。
また、しぶきの威力と継続時間はスマッシュ攻撃<強攻撃である。
ちなみにレバガチャで花咲き状態の継続時間を短くすることが出来る。

変身系

見た目や操作感になんらかの変化を及ぼすアイテム。

スーパーキノコ

出典は「スーパーマリオブラザーズ」から。
接触すると巨大化し、声が低くなる。吹っ飛びにくくなり、攻撃のリーチが長くなる。
逆に言えば当たり判定も大きくなってしまうので、攻撃を受けやすくなるのがデメリット。

毒キノコ

出典は「スーパーマリオブラザーズ2」から。
接触すると小さくなり、声が高くなる。吹っ飛びやすくなり、攻撃のリーチが短くなる。
同時に機動力も下がるが、キャラによっては一部の技の機動力が逆に上がったりする。
逆に言えば当たり判定も小さくなるので、それなりに攻撃を避けやすくなるのがメリットか。

スーパーキノコと違い、こちらは若干暗色が掛かっていて怒っているような表情をしている。

スーパースター

出典は「スーパーマリオブラザーズ」から。
一定時間無敵状態になる。跳ねていて取りづらい。
接触するだけで取ることができる。
ただし、ルーペ状態の時ではルーペダメージを普通に受けるので注意。

緑ブロック

出典は「スーパーマリオ64」から。
拾う以外にも、打撃攻撃を当てても取ることが可能。
メタル化して体重が増加し吹っ飛びにくくなり、弱めの攻撃では怯まなくなる。
同時にジャンプ力も少しだけアップする。

しかし体重増加&吹っ飛びにくくなるという効果の関係上、
落下速度が上昇し復帰がしにくくなったり、お手玉されやすくなったりと
デメリットを受けやすくなったりもする。

また、ダメージを受ける度に変身時間が短くなってしまう。
ピンチ時の延命などに使おう。

ウサギずきん

出典は「ゼルダの伝説 時のオカリナ」から。
装備すると歩行及びダッシュ、ジャンプ力、落下速度が上がる。
誰でも滑り上スマが出来るようになり、高い所にいる相手への思わぬ追撃ができたりもするようになる。

ただし、非常に摩擦力が掛かりにくくなるため、事故死も激しくなる。

スパイクローク

出典は「パーフェクトダーク」から。
一定時間(約12秒間)透明化し、ダメージを受けなくなる。ただし吹っ飛びはするので注意。
攻撃をしたりダメージを受ける際に一瞬だけ姿が見えたりするが、ほとんど見えなくなってしまうので自滅には気をつけること。
コンピューターはこれに猛烈に反応する。

その他

上記のアイテムに属さない、特殊な効果を持つもの。

ワープスター

出典は「星のカービィ」から。
ワープスターに乗り、急降下突撃。
高威力かつガード不可、おまけに急降下はメテオ判定と何かと恐ろしい性能。
さらに落下ポイントをスティックである程度指定できる。
ただし落下地点を間違えると自滅も有り得るので注意。
ちなみに強制スクロールの起こる一部のステージでは出現しない(トレーニングモードでは例外)。

現在の閲覧者
→4人
チャットにいる人
users.png
チャット見てる人
roms.png

メニュー

for3DS/WiiU攻略

スマブラX攻略

スマブラDX攻略

スマブラ64攻略

総合データ

特別企画

掲示板

リンク集

更新履歴

最新の10件

2019-03-13 2019-03-01 2019-02-26 2019-02-03 2019-01-25 2019-01-18 2019-01-17

任天堂ニュース

#showrss: Failed fetching RSS from the server

total: 6819
today: 4
yesterday: 5