蜀 9-032 R 徐庶


ブースター 第9弾

武将名じょしょ悲劇の軍師
徐庶徐庶 元直(不明)
劉備の最初の軍師。徐庶の卓抜した智謀を警戒した曹操は策により徐庶と劉備を引き離したが、徐庶は自分の代わりに、と劉備に大軍師・諸葛孔明を紹介した。
コスト緑2無2
兵種騎兵
種別
武力2500
攻城1
特技伏兵
効果爆滅轟雷自身が伏兵として配備された戦闘だった場合、自分の山札の上から3枚を捨札に置き、この効果で捨札に置いた武将カードではないカードの枚数分“敵陣にいる武将1体に2000特殊ダメージ与える。”を繰り返す。
戦闘確定時
Illustration獅子猿


カード説明

4コスト武力2500の伏兵
武力2500だが自身の効果のおかげで自分よりも高武力の相手にも当てていける。

効果は伏兵として自身を配備したときにデッキトップから3枚を捨札に置き、この中にある武将カードではないカードの分敵陣にいる武将に2000特殊ダメージを与えるというもの。
参照するのは計略カードと列伝カードで、ダメージは敵陣にいる武将に好きに割り振ることができる。

効果の方向性としては蜀 3-026 R 張姫に似ているが踏み台となる味方武将以外にコストがいらないのとダメージ量の点で優れる。
また伏兵なので奇襲性が高いのが売り。
相手のチャンプブロックやチャンプアタックを見てから伏兵配備し、戦闘する武将とは別の武将を焼いてアドバンテージを取りに行ってもいいし、敵の高武力武将と相討ちに行ってもいい。
1回ダメージ効果が発生すれば武力4500までの敵武将との相討ちが狙える。敵ターン中に武力4500を維持できるカードは少なく、その多くは基本的に援軍覚醒でカードを複数枚使っているため、うまく行けば敵主力武将との2:2交換が狙え、相手に撤退か戦闘計略を吐かせるかの選択を迫ることができる。
またこの効果のダメージで戦闘するはずの武将を撤退させられるだけのダメージを与えられれば戦闘計略を吐く機会すら与えないため強力。

一方で効果が発動しなければただの2500のバニラ伏兵なので博打性が高くあまりアテにしすぎると痛い目を見ることもある。
効果ダメージを期待するならば【置き蜀】?などの計略カードを多めに入れたデッキに投入してやるといいだろう。

  • 捨札に落としてから効果参照をするタイプの効果なので蜀 9-025 PT 諸葛亮などの公開封じ効果を苦にせずに捨札を肥やせるため、各種除外効果などで捨札を使うデッキでは効果発動しなくても有効な場合も多い。

関連項目

―同名カード

の「徐庶」に関する効果を持つカード

収録

FAQ

Q1.【爆滅轟雷】の効果で兵隊カードが捨札に置かれた場合、武将カードとして参照されますか?
A1.はい、武将カードとして参照されます。兵隊カードは武将カードの一種です。(公式サイトQ&A)

Q2.【爆滅轟雷】の効果で捨札に置かれたカードが3枚とも計略カードだった場合、敵陣にいる武将1体に2000特殊ダメージを与え、敵陣にいる他の武将1体に合計4000特殊ダメージを与えることができますか? または、敵陣にいる武将1体に合計6000特殊ダメージを与えることができますか?
A2.はい、できます。(公式サイトQ&A)

Q3.
A3.(公式サイトQ&A)