無双連撃


用語集(三国志大戦TCG)

無双連撃

自陣にいる疲弊状態武将と共通するカード番号を持つ同一武将カード1枚を手札から捨てることによって発動します。
無双連撃が発動した武将待機状態にさせ、受けているダメージ?全てを回復させると共に、このターン中で既に攻撃していても、さらに攻撃ができるようになります。

(ルールマニュアル Ver.2012/03/08より)


手番プレイヤーメインフェイズに行える行動のひとつ。
自陣武将同一カード手札から捨てることで、その武将の行動権を回復する。

通常、武将1ターンに1度しか攻撃できないが、無双連撃を発動することで、ダメージ?を回復させた上でもう一度攻撃することができるようになる。
武力?武将敵陣武将を殲滅したり、相手の意表を突いて落城に持ち込むこともできる。
無双連撃を発動させたからといって必ず再度攻撃しなくてはならないわけではないため、次の相手ターン攻撃対象に選択されないようにしたり、迎撃要員に回したりといった運用も可能。
{待機⇒疲弊}させる必要がある能力を再度使用するためにも使える。

発動には手札に、カード番号の同じ「同一カード」が必要になる。
カード名が同じであるだけの「同名カード」では発動できないので注意。
積極的に発動させたいならば、デッキに多くの同一カードを採用しなければならない。

手番プレイヤーが、1ターンに1度だけ発動することができる。
同一カード手札に2枚以上持っていたり、複数の武将同一カードを持っていたりしても、発動できるのは「1ターンに1度だけ」である。

  • 無双連撃を発動しても、配備時の攻撃制限の影響は受けたままである。
    無双連撃を発動させたからといって、配備したターン攻撃できるようにはならない。
  • 攻撃勝利時などの特定のタイミングで、効果により無双連撃を発動できるカードもある。
    しかし現在のところ、効果によるものも含めて無双連撃を発動できるのは「1ターンに1度」である。

効果により無双連撃を発動できるカード

その他、無双連撃に関する効果を持つカード

関連項目