群 11-059 R / EXF 馬騰


ブースター 第11弾

武将名ばとう
馬騰馬騰 寿成(不明〜212年)
西涼の雄・馬超の父。漢王朝への厚い忠誠心を持っており、西涼の地から曹操に抗った。その志は馬超に引き継がれ、義憤の反乱へと繋がっていった。
コスト黒2無3
兵種騎兵
種別
武力3000
攻城2
特技突撃
効果驀進廓大自陣にいる【突撃】を持つ武将が攻城に成功した時、1ターンに1度だけ、この能力を発動させてもよい。自分の山札の上から3枚を公開し、その中にある敵国力の枚数以下のコスト数の【突撃】を持つ武将カードを1枚まで自陣へ配備し、残りを自分の捨札に置く。
自動発動/誘発
Illustration日田慶治?

カード説明

群雄からは久々の登場となる「馬騰」。
色拘束2の5コスト武力3000攻城力2の突撃持ちとスペックは平均的。
武力3000だと突撃は枷になりやすいか。

効果は1ターンに1度、自陣の突撃持ち武将が攻城成功したときにデッキトップ3枚を公開し、その中にある自国力の枚数以下のコストの突撃持ち武将をコストを踏み倒して配備でかきるというもの。
攻城成功でアドバンテージが取れる強力なものである。
突撃持ち武将は攻撃戦闘に強いため、攻城成功で盤面を増やされるかチャンプブロックをするかの嫌らしい選択が迫れる。

難点は突撃持ち武将という特性上、敵陣に高武力武将に立たれてしまうと攻撃を仕掛けにくくなる点。
奇襲も併せ持つ武将ならば長槍がいるだけでも辛い。
それゆえに先攻時は強いが後攻になると大きくパワーが落ちてしまう。
また公開範囲は3枚とそれほど広くないためデッキ構築時から意識して突撃を積まなければいけない上、名前被りがあると効果がスカるため突撃武将の名前も意識して散らさなければならない。
それに加えてデッキトップの公開封印効果を持つ武将がいると機能停止するのも痛い。

ハードルは低くないが単純にアドバンテージを稼げる効果なので【全突】ならば複数採用する価値があるだろう。

関連項目

―同名カード

―群の「馬騰」に関する効果を持つカード

収録

FAQ

Q1.特技【突撃】を持つ自身も、【驀進廓大】の効果の誘発条件に含まれますか?
A1.はい、含まれます。(公式サイトQ&A)

Q2.
A2.(公式サイトQ&A)

Q3.
A3.(公式サイトQ&A)