【王佐の軍略】


デッキ

【王佐の軍略】

デッキの概要

魏 5-008 SR 荀彧≫と「魏 5-019 R 王佐の軍略」のコンボによるドローを背景に高いハンドアドバンテージで相手を圧倒していくデッキ。
理想コンボが≪魏 5-001 UC 戯志才≫、≪魏 5-008 SR 荀彧≫、「魏 5-019 R 王佐の軍略」と低コストで纏まっており、効果も単純かつ強力なのでその他の武将選定の自由度が高いのが特徴。

魏 5-008 至高の英知 SR 荀 
コスト:赤1 無2 弓兵 軍師
武力:1000 攻城:1 特技:補佐:魏
≪王佐の手腕≫ 自動発動/誘発
あなたがコスト2の魏の計略/メインカードをプレイした時、あなたは山札を1枚ドローし、自国力を2枚まで待機状態にしてもよい。
この能力は、1ターンに1度しか発動しない。
Daisuke Izuka
魏 5-001 UC 戯志才
コスト:赤1 弓兵
武力:1000 攻城:1 特技:-
≪孤高の英知≫ 自動発動/誘発
自陣に魏の「荀」が配備された時、自分の山札の中からコスト2以下の魏の計略/メインカードを1枚まで公開し、
それを自分の手札に加えてもよい。その後、自分の山札をシャッフルする。
添田一平
魏 5-019 R 王佐の軍略
コスト:赤1 無1
計略/メイン
この計略カードを自陣へ置く。自分のメインフェイズ時にこのカードを自陣から捨札に置くことで、以下のどちらかの効果を発動させてもよい。
“あなたは山札を2枚ドローし、手札を1枚捨てる。”または、
“自陣に君主の「曹操」がいる場合、このターン中、自陣にいる魏の武将全ての武力を1000上昇させ、
さらに、それらの武将が向上に成功した時、自国力を2枚まで待機状態にさせる。”
反撃計略:この計略カードを自分の手札に加える。
Daisuke Izuka

よく使われるカード

武将カード

  • 魏 1-124 SR 曹仁
    武力3000の騎兵奇襲】。武力が自陣騎兵×500上昇する。
    魏のキーカードの多くが騎兵で簡単に高武力となる。相手の高武力武将での攻撃を阻止する壁役を一手に担う。
    6コスト版の曹操が登用されることが多いので5コスト帯の武力担当の重要度はさらにアップ。
  • 魏 5-013 R 司馬炎
    武力3000の騎兵。配備時に相手の手札枚数が自分の手札枚数以下ならば、4コスト以下の敵武将1体をバウンスする。
    スペックは心もとないが効果を発動しやすく≪魏 5-008 SR 荀彧≫を配備した分の遅れを取り戻せる。
  • 魏 5-015 PT 夏侯惇
    武力3000の騎兵奇襲】。攻撃宣言時に武力が1000上昇する。さらに【君主】の「曹操」か魏の【軍師】が居る場合、攻城力が2になり相手の反撃計略が発動しない。
    こちらもぱっと見のスペックは心もとないが条件を満たした時の攻撃性能は安定感抜群。6コストの自身と名前被りが発生するのが非常に惜しまれる。
  • 魏 5-016 R 曹操?
    武力3500の騎兵君主】 攻城力2。攻撃勝利時に2ドローできる。さらに魏の【軍師】が居る場合、手札にある4コスト以下の武将を1枚ノーコストで配備できる。
    魏 5-008 SR 荀彧≫&「魏 5-019 R 王佐の軍略」とシナジーを持つ主力武将。「魏 5-019 R 王佐の軍略」発動後に攻撃すれば相手が受けても受けなくても武将配備が加速する。

兵隊カード

現在は武将を並べることに主眼が置かれている為、兵隊カードの採用率は低い。

  • コスト3
    • 魏 1-023 UC 重騎兵
      武力+500。援軍している武将に【奇襲】を与える。
      通常の武将配備では3コストの上乗せが重いが≪魏 5-016 R 曹操?≫の効果を利用すると比較的安く済む。

計略カード

  • コスト2
    • 魏 5-019 R 王佐の軍略
      自陣に配備して発動までキープしておけるタイプの計略/メイン
      デッキの中核を担う計略で≪魏 5-008 SR 荀彧≫配備後に撃つのが理想。
      普通に使っても国力2で2枚分の手札を調整できるのでそれなりの効果はある。
  • コスト3
    • 魏 1-027 UC 人材の登用
      2枚ドロー。通常は積極的に積まれるカードだがコンボが決まればドローには困らないので枚数を減らす選択もあり。
  • 魏 1-025 UC 看破
    相手が使用した計略/戦闘カードの効果を無効化できる。
    魏の計略は武力上昇が並程度なので、相手の武力上昇が大きい計略/戦闘にはこれで対抗していく。
  • 魏 4-018 UC 虎豹騎隊の結束
    魏の騎兵が3体以上いる場合、対象の武将は1ターン戦闘ダメージを受けない。
    条件が整っていれば攻防に渡り強力な効果を得られる汎用カード。反撃計略も攻撃武将以外もバウンス可能と非常に強力。

戦術

魏 5-008 SR 荀彧≫配備後に「魏 5-019 R 王佐の軍略」を使用してとにかく手札を稼ぐのが第1目的。
魏 5-001 UC 戯志才≫から≪魏 5-008 SR 荀彧≫配備に繋げられればコンボが完成するので比較的達成はしやすい。

稼いだ手札で武将を展開していき≪魏 5-016 R 曹操?≫配備後、貯めこんだ「魏 5-019 R 王佐の軍略」の下側の効果を発動して攻め込む。
魏 5-016 R 曹操?≫が攻撃勝利すれば効果により大きく相手を突き放し、城壁を削れればその分だけ国力が待機状態に戻るのでやはり武将の追加配備を見込める。

弱点

魏 5-008 SR 荀彧≫、≪魏 5-016 R 曹操?≫共にドロー効果を持つので≪呉 5-046 UC 諸葛瑾≫や≪群 5-063 UC 禰衡≫といった武将の効果に引っかかる。カードや場面によっては致命傷にはならないが本来得られるアドバンテージを大きく削減できる。

序盤の展開が≪魏 5-001 UC 戯志才≫→≪魏 5-008 SR 荀彧≫という流れだと両名とも撤退は避けたい武将なので防衛に回れる武将が少なくなる。
その間にこちらも敵城壁を削ったりドロー効果を持つ兵隊や武将能力でアドバンテージを稼いでおく。

魏 5-008 SR 荀彧≫の武力が低いので特殊ダメージへの耐性は低い。先攻から最短配備されると厳しいが配備後の自ターン中に落とせれば相手のテンポを大きく遅らせられる。

派生デッキ

曹丕バウンス型

魏 3-013 R 曹丕?≫の条件である軍師枠を≪魏 5-008 SR 荀彧≫が受け持つ。
増えた手札から逐次防衛用の武将を引き出せるがデッキの中核になる武将の低武力化に拍車が掛かる。


神速折半型

魏 5-019 R 王佐の軍略」を手札回し用の計略と割り切り、より決定力の高い≪魏 2-020 R 張遼?≫&「魏 2-026 R 神速の大号令」を狙う。