BPELDesignerJDev


(Oracle BPEL Process Manager 10.1.2.0.0時点の情報です)

BPEL実行環境「Oracle BPEL Process Manager」には、BPEL開発環境「Oracle BPEL Designer」が付属しています。

Oracle BPEL Process Manager 2.xまでは、Oracle BPEL Designerは、(オープンソースのIDE) Eclipse 3.xのプラグインとして動作していました。

Oracle BPEL Process Manager 10.1.2では、新たにオラクルのJava IDE「Oracle JDeveloper」の拡張機能 (エクステンション) として動作するOracle BPEL Designerが提供されています。(JDeveloperの拡張機能は、Eclipseのプラグインと似た機構です。)

Oracle BPEL Designer 10.1.2がお手元にある方は、メニューの[ツール]>[設定]>[拡張機能マネージャ]を開き、[システム拡張]を見てみましょう。ここにある「ProcessConnect? BPEL Modeler」、「XSL Mapper」が、通常のJDeveloperに追加されているOracle BPEL Designerの拡張機能です。

とはいえ、10.1.2時点では、残念ながら既存のインストール済みJDeveloperに、Oracle BPEL Designerだけを追加インストールすることはできません。Oracle BPEL Process Managerをインストールすると、Oracle BPEL Designer組み込み済みのJDeveloperもインストールされます。

なお、Oracle BPEL Process Manager 10.1.2でも、EclipseベースのOracle BPEL Designerを引き続き使用することができます。本稿執筆時点では、次のページにOracle BPEL Designer for Eclipse 3.0 (0.9.13) が公開されています。

なお、EclipseベースのOracle BPEL Designerは、今後オープンソースで開発されていることになっています。

最新の20件

2007-02-17 2006-09-22 2005-11-25 2005-10-30 2005-10-29 2005-09-07 2005-08-22

  • counter: 1918
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 1