魏6枚デッキver1.1


デッキver1.1

魏6枚デッキ

魏の低コスト層の優秀さを生かし、手数と選択肢の豊富さで場を支配する6枚デッキ。ワラワラデッキにも近い。
魏の1.5はUC曹仁とR郭嘉が飛び抜けているため1枚以下にも3枚以上にもしたくなく、2/1.5/1.5/1/1/1で組まれるのが通例。
ver1.12でR郭嘉の後方指揮が絶対的威力を失ったが、このデッキにおいてはむしろ1.5コスト枠の選択肢が増えたとも言える。
2×2+1×4の形で組むのもありだろう。稀に2.5/1.5/1*4の形を見るが、この場合の運用は神速デッキあるいは許チョデッキに準じる。

コスト2:
UC典韋:推奨。8/1勇槍。貴重な高武力槍。ワントップを短時間で自爆させると痛いので、計略はまさに最後の手段。
SRホウ徳:8/4勇馬。この枠に騎兵を入れるなら。
R夏侯惇:7/7勇魅馬。武力最高値が7になると少々心細いが、2コスト2枚の形ならその心配は無い。
UC夏侯淵:8/3馬。計略が曹仁と被る。
R徐晃:7/3活馬。計略が(ry

コスト1.5:
UC曹仁:推奨。6/4馬。知力4の神速戦法は随所で役に立つメイン計略の1つ。
R郭嘉:4/9伏馬。後方指揮は前ほどのゴリ押しは利かない。
R李典:5/6弓。中武力の看破持ち、反計のゾーンを増やしたいなら。なんだってー!
SR郭嘉:2/9伏馬。神算鬼謀は一発決めるとゲームがひっくり返るパワーだが、武力がひたすら頼りない。
C曹丕:4/7魅馬。+3全体強化が欲しいなら。
C満寵:3/7柵槍。武力が心細いが魏では貴重な柵槍、連環の小計も地味に強力。
SR徐庶:3/9伏槍。雲散霧消の強力さを見込んで入れると良い。R郭嘉が弱体化した今、新たな一枚になるかも。
UC司馬懿:3/9伏馬。こちらも雲散霧消の強力さを見込んで入れると良い。騎馬であるため機動重視かつ武力重視ならこちらを。

コスト1:
R楽進:超推奨。4/3勇馬。趣味かこだわりでもない限り、これを入れずして魏6枚にする意味はほとんど無い。
C曹昂:3/4馬。楽進と比べるとどうしても見劣りするが、殿馬は2コス枠にホウ徳などの騎兵を採用するなら検討の価値はある。
UC程??:推奨。1/8伏槍。反計要員にして騎兵を牽制するには充分な槍兵。
R荀??:1/9弓。だいぶ視力が落ちたが、それでも距離のある反計は貴重。
SR賈詡、Cカイ越、UC荀?、C蔡瑁、C郭皇后:妨害計略要員。自分の運用と好みに合わせて選ぼう。

【デッキサンプル】

  • UC典韋、UC曹仁、R郭嘉、R楽進、UC程??、R荀??
    元はゼル氏のデッキだったが、桐たんす氏の日記でナガフェンデッキと書かれた事で呼び名が定着してしまったデッキ。
    許チョイクをW反計にしたものではあるが、荀?込み6枚をミスなく操りきる事は容易ではない。
    2つの反計に支えられた5人がけ後方指揮は恐ろしい制圧力を発揮する。
  • UC典韋、R郭嘉、R李典、R楽進、UC程??、R荀??
    上記のナガフェンデッキを元に、R李典を足してさらに反計の数を増やしたもの。
    ゾーン形成能力は素晴らしいが、後方指揮がかかっていない状態では武力が心許なく
    立ち回りとディフェンスの技術が試される。
  • UC典韋、UC荀??、UC荀ゆう、R楽進、UC程??、UC曹仁
    突如として証を増やしランカー入りした鳳凰のヒナ覇王のデッキ。UC曹仁はUC曹洪(新)のバージョンもある。
    頂上対決でぱちろ〜3名君を撃破。攻めでは大水計、守りでは玄妙なる防衛と役割分担がはっきりしており
    伏兵と柵2で序盤も万全。枚数が多いため扱いが難しいが、意外に勝てる。
    暴虐や田豊は玄妙防衛で対処(そして転身を反計して殲滅)。大水計は端から端まで届くとか、玄妙なる防衛は
    知力が高いため凶悪とかいうことを知らないプレイヤーが多いせいでもある。反計もちも大水計はマークしても
    玄妙なる防衛はノーマークであることが多い。あまり使われていないカードを使って新デッキを構築しランカーまで
    駆け上った覇王は久しぶりである。

Menu

最新の20件

2019-08-20 2019-08-19

今日の20件

  • counter: 4432
  • today: 2
  • yesterday: 0
  • online: 123