暴虐デッキ ver2.x


デッキver2.x

暴虐デッキ

SR董卓の計略「暴虐なる覇道」を主体としたスーサイド号令デッキ。

「暴虐なる覇道」は、範囲内の味方武将(兵種・勢力問わず)が武力+6、移動速度1.5倍の強力な号令。
自城ダメージはあるものの、その効果は並の英傑号令を遥かに上回る。
槍兵、歩兵が迎撃されない速度で、かつ武力上昇値が高いため、壁役で敵の槍を消しやすい。
そのため移動速度の上がった騎兵の突撃を活かしやすい。

また士気5と軽いため、相手の態勢が整わない序盤から積極的に仕掛けることができるのも利点。
逆に相手の計略に対してカウンターで使って確実に殲滅するというのも選択肢の一つ。

騎兵以外の兵種で城を2〜3発叩かないと城ダメージ的に不利になるので、槍兵や高順などを投入し攻城力を高める工夫が必要。
逆に言えばそれらの武将がいないときに安易に計略を使うと自滅を招くので、勝算がない限り乱発は禁物。
R馬超、R賈詡などの別の勝ち筋を用意しておくのも良い。

  • 有利
    計略コンボデッキ、悲哀。
  • 不利
    守成の名君

兵種・勢力を問わず、しかも使用士気が低いため、単色だけでなく2色でも十分使える。
騎馬の破壊力を生かした西涼単型だけでなく、魏や蜀や袁から槍とサブ計略を持ってくる構成も多い。

ver.2.01で劇的に時間が短縮、かつ自城ダメージが増加。
特に6.5cという持続の短さは大徳など普通の英傑号令にも押し潰される惨状を招き、まるで使えない計略となってしまった。
ver2.1で城ダメージだけは緩和される模様。
号令系全般の短縮もあって、再び日の目を見ることができるだろうか……?
一時期は一世を風靡したが……何と言うか、天啓などと同じく浮沈の激しいデッキである。


主なデッキ構成

キーカード

  • SR董卓 【7/7 騎 コスト2 魅】
    高知力の武将が少ない西涼では知力7は非常に重要なファクター。
    計略の「暴虐なる覇道」は相手に槍が居ないならば、ダメージ計略を董卓が食らった後に発動しても相手を殲滅してしまう程強かった(過去形)。
    魅力がついて早めに暴虐しやすくなったのは結構大きい。
    ただし、v2.1時点で5枚がけで44%ほど城を削られてしまうので、むやみやたらとぶっ放すのはよくない。
    …というか、現状はリードした状況でのとどめや守りに、人数を絞って使うくらいがせいぜいだろう。

コスト2.5

  • SR馬超 【8/4 騎 醒勇】
    局地戦に強い計略が魅力。暴虐に頼らない戦い方が可能。
    暴虐から逃げる相手を確実に仕留めることも。
  • R馬超 【9/5 騎 勇】
    暴虐の裏の選択肢として。
    こちらの号令は必要士気が多いがリスクがやや小さく、威力は折り紙付き。
    全突デッキの項も参照のこと。
  • R龐徳 【8/6 騎 活連】
    Ver2.11では人馬一体が強力。戦器の突撃ダメUP効果が大きい。
    復活つきなので、壁役としても遠慮無く使える。
  • R呂布 【10/2 弓 勇】
    暴虐で強化されたメンバーを食べれば武力60↑も可能。
    弓兵になったため攻城力はアップしたものの、迎撃されるためこのデッキにはやや向かない。
    予め暴虐飛将と計画するなら、呂布を暴虐に入れないほうが有利な場合もある。

コスト2

  • R華雄 【8/4 騎 勇】
    西涼のコスト2枠で最高の能力のカード。計略も使用タイミングさえ間違えなければ強力。
    自城ダメージは全部で25%もあり移動速度も上がらないが、こちらが有利な状況で相手が超絶強化で粘ってる場合などに状況を打破できる。
  • UC高順 【8/2 騎】
    柵キラー。能力は華雄に劣るものの計略は優秀。うまく使えば破壊力抜群。
    知力は2と低いが計略の効果時間が8カウントと大幅延長。歩兵や槍兵に頼らずとも敵城に大ダメージを狙うことが出来る。
    火事場属性が付いて暴虐との相性が大幅アップ。2コス最右翼に躍り出たか。
  • R張遼 【7/6 騎】
    馬デッキにはありがたい人馬一体。地味に嬉しい知力6。
    董卓と2人並べば、武力7で高知力騎馬コンビ。序盤からグイグイとラインを上げていける。
    ただしデッキ全体で見ても武力面が頼りなくなりがち。
  • R張郃(魏) 【7/5 槍】
    暴虐で蹴散らしたあとはこいつで粘って勝負を決めてしまおう。
    迎撃ダメージを軽減できるので、暴虐直後の無理押しにも使える。
  • SR龐徳 【8/4 騎 勇】
    魏では定番の主力騎兵。魏涼2色にするなら。
    暴虐は神速や全突より士気が軽いので、余剰士気を特攻に回して敵城に暴虐以上のダメージを与えてしまおう。
  • R姜維 or UC張飛 or R趙雲
    典韋の武力低下&ダメ計の減少に伴い涼蜀も増えてきた。
    どの計略も使い勝手がいいので、必要に合わせてお好みで。

コスト1.5

  • UC馬騰 【5/5 騎 魅勇】
    守成においてその計略は強力無比。暴虐で奪ったリードを守るには最適。
    スペックも戦器も上々、特に開幕の仕掛けを早められる魅力は嬉しい。
  • SR呂姫 【5/3 騎 魅勇】
    自城を削らない超絶強化は貴重な存在。
    1.5コストなので、こちらの計略中にダメージ計略を使われてもあまり痛くない。
    勇猛持ちなので大物喰いもあり、計略中の一騎撃ちは勝ったも同然。魅力も地味に嬉しい。
  • UC閻行【6/4 騎】
    UC曹仁に並ぶスペックだが計略は防御向きで、その用途ならば馬騰の方がやや向いている。
    とはいえ計略そのものは鬼計略なので十分選択肢になりうる。
    この枠に武力を求めるなら。
  • R馬岱 【6/5 騎】
    戦器が壁役向き。計略は壁役や攻城役としてもう一粘りしたい時に。
    ハイスペックで計略に癖もなく使いやすい一枚。
  • C馬玩 【5/5 騎】
    一度5人暴虐を使用すれば、火事場の馬鹿力は死なない漢の意地と化す。
    序盤は暴虐で暴れ、後半はこいつの馬鹿力で何とかしよう。
    火事場デッキも参照。
  • C程銀 UC俄何焼戈 C胡車児(排出停止)
    中武力歩兵。西涼単で壁と攻城能力が欲しい時に。
    相手の超絶強化を解除できる程銀が頭ひとつ抜けているか。
  • UC張郃 UC劉備
    袁紹軍の優秀な槍兵たち。袁涼2色構成の定番カード。
    中武力なので暴虐中にピンポイントで狙われて攻城出来ないなんて事にならないように注意したい。

コスト1

  • C蔡邕 【1/8 騎 柵】
    柵持ちの騎兵。低知力が多い西涼を助ける封印の計も強い。
  • C侯成 C臧覇
    低コストアタッカー達。
    計略抜きの戦力としては侯成、暴虐との相性では臧覇。
  • UC程昱 R荀彧
    魏涼2色の定番。反計でダメージ計略や連環などをマークし、華雄・呂姫など頭の悪い前衛を助ける。
    暴虐による連続突撃と絡めると少々扱いが忙しくなるので注意(特に荀彧)。
  • C曹植 SR甄洛
    2色における反計要員の対抗馬。連環や封印、名君などに滅法強くなるのは嬉しい。
    反計ほど操作が煩雑にならないため扱いやすい。
  • UC董白 【2/5 騎 魅】
    お爺様から逃げる連中を戦場に閉じ込める。
    地味にもぐり乱戦、城内突撃も防げて相性抜群。
  • UC鄒 【2/7 歩 伏魅】
    歩兵なので戦力としては弱いが、壁役・攻城役として使える。
    計略は敵の号令やダメージ計略などに対する強力な対策。士気7以上の計略を完全に封じ、低士気計略も連発を防ぐ。
    「暴虐なる覇道」の必要士気は5なので、2色で舞っても使える。敵の反撃の手を潰してからの暴虐に対抗する術は少ない。
  • R関銀屏
    蜀軍武力8武将を範囲に収めて暴虐→若き血でなんと武力16大車輪。コスト1では破格の能力になる。

デッキサンプル

  • 【全突折衷】SR董卓、R馬超、SR呂姫、C侯成、C蔡邕
     ダメ計や相手の主計略をC蔡邕で封印しつつ、SR董卓の「暴虐なる覇道」で一気に押すデッキ。
     西涼単ではスタンダードなタイプ。覇王クラスでもよく見かけられる。
     「全軍突撃」と「暴虐なる覇道」の二択が迫れるが、どちらにしろ槍に弱いため高度な騎馬スキルが必要。
  • 【涼単暴虐】SR董卓、UC高順、UC馬騰、SR呂姫、C蔡邕
     魅力が3つに超絶、号令、封印、攻城UP、西方と計略バランスは優秀。
     騎兵5枚で城壁を叩いて西方無双ゲーに持ち込むのが主な勝ち筋という、全突じみた戦い方のデッキ。  暴虐を使うときはよく状況をみて使わないと取り返しのつかないことになってしまいがちな半ばギャンブルデッキでもある。
  • 【涼魏・暴虐反計】SR董卓、R華雄、R張郃、UC程昱、R荀彧
     魏涼2色の定番構成。連環対策で1コスに曹植を入れる形も存在する。
     反計の下支えを受けた暴虐はそうそう止まらない。強いて弱点を挙げるなら最大士気か?
     反計範囲が軒並み小さくされたがまだまだ使っていける。
  • 【涼袁・暴虐堕落】SR董卓、UC鄒、R顔良、UC劉備、UC張郃
     Ver2.00現在猛威を振るいつつあるデッキ。魏武デッキの有力なメタデッキとされる。
     兵法は増援+外伝士気2つ一択。魅力3人を生かし序盤で全員に均等にダメージが入るように調整しつつ増援の法を使い
     開幕10カウントで暴虐に持ち込む恐怖の開幕落城デッキである。解っていても止めるのが難しい。
     落城し損ねても堕落の舞いで大型計略を抑止しつつ顔良と張郃のキャッシュバック計略で場を押さえ、英傑号令には暴虐で対抗できるなど隙が見当たらない。
     張郃をSR袁紹で開幕暴虐までの時間短縮。R田豊で開幕落城失敗時の選択肢が増える。
     ただし相手が開幕から○軍の大攻勢や神速の大攻勢などを使ってくると、10カウント経つ間もなく戦線崩壊する可能性が高い。
     増援の法で大攻勢を支えることは実質無理なので、かなりの確率で開幕失敗となる。
  • 【涼蜀・暴虐堕落】SR董卓、R姜維、R関銀屏、UC張飛、UC鄒
     Ver2.00現在猛威を振るいつつあるデッキその2。高武力槍を背景に序盤ごり押し→増援の法→暴虐が基本。
     こちらも兵法は増援+外伝士気2つがよい。外伝は正兵も。魅力3人ですぐに暴虐が打てる。
     落城しそこなったら相手のデッキ次第で堕落の舞。これで桃園も天啓も赤壁もすべて止まる。
     「暴虐→挑発」「暴虐→若き血」という強力コンボも内蔵している。
     暴虐状態でもSR董卓以外が迎撃されない上、槍撃の火力が凄まじく一方的に嬲れる。
     ただ連環、雲散など妨害系計略に弱いのは相変わらず。序盤から冷静に対処されると苦しい。
  • 【暴虐ワラ】SR董卓、SR呂姫、C侯成、SR華佗、C張梁、C周倉
     1のVer.up直後にランカー覇王が編成したデッキ。
     6部隊による暴虐の破壊力は壮絶だが、自城ダメージも相応であるためハイリスクハイリターン。
     開幕リードを奪った後の守りに呂姫、華佗、城ゲージと相談の上暴虐と選択肢が多いのは強み。

vs暴虐デッキ

暴虐で移動速度の上がった騎馬・弓・象は迎撃対象になるため、槍がいるなら積極的に狙ってもいい。
当然歩兵・槍兵・攻城兵中心の暴虐デッキ相手は迎撃を取りにくい。

相手が暴虐を使ってくる距離によっても対処法が若干変わる。
遠距離〜中距離で撃たれた場合、連環の計もしくはススメで止める。暴虐を撃つ直前は密集しているはずなので、全員にかけることも不可能ではない(少なくとも平時に比べれば)。
※連環の法でも時間は稼げるが、通常の75%(0.5×1.5=0.75)の移動速度は確保できるので、自陣に入られてからでは手遅れのことが多い。
近距離〜乱戦中に撃たれた場合はダメ計、超絶強化、超絶号令で対処する。英傑号令は一部を除いて武力上昇値が暴虐に及ばない+士気的に不利なため非推奨(高武力で構成されているケースならこの限りではないかも)。また士気的な余裕があるなら粘り連発も有効。

結局しのいでしまえば城ダメージ的に不利になるのは相手側。暴虐に対しては「如何に対抗して押しとどめるか」ではなく「如何に武将を生かして乗り切るか」を考えればOK。これは開幕暴虐だろうが暴虐ワラワラだろうが同じです。というか、全ての基本。

また、開幕乙型の暴虐デッキは、序盤固まっていることから○○軍の大攻勢等を利用して、武力差を一気にひっくり返すと、逆にカウンターで開幕から落城することもできる。

Menu

最新の20件

2021-04-22 2021-04-21 2021-04-20

今日の20件

  • counter: 8208
  • today: 3
  • yesterday: 1
  • online: 62