人物紹介 / 歩隲


歩隲

「歩騭」とも書かれる呉の武将で、孫権の妃となった歩夫人の同族。

戦乱を避けて江東に疎開すると、頼れる身内もいなかったので昼に瓜を売って生計を稼ぎ夜に勉強するという生活を送る。
一時期は漢王朝に仕官していたが、病気のため1年で辞めると親友の諸葛瑾、厳瓦閥Δ妨盞瓦暴个討ている。

孫権配下としては、210年に交州刺史に任命されると当時交州を支配していた呉巨、士燮の対応に当たる。
まずは孫権を利用して独立しようとしていた呉巨を斬り捨てると、士燮も降して交州を孫権の支配下に置いている。
220年に交州刺史を呂岱と交代すると、新たな任地となった長沙で劉備寄りの異民族対策に当たり、
夷陵の戦いのあとになっても服従しない者を討伐している。

孫権が皇帝に就いた後は、皇太子となった孫登の相談役になったり、佞臣・呂壱を重用し出すとこれを諌めたりしている。
最終的には陸遜の死後、後任として呉の4代目丞相に就任した。
ちなみに二宮の変では孫覇派であったとされるが、具体的な行動については記されていない

Menu

最新の20件

2019-08-20 2019-08-19

今日の20件

  • counter: 1132
  • today: 2
  • yesterday: 1
  • online: 137