人物紹介 / 董荼那


董荼那

演義にのみ登場する孟獲配下の武将。
一度敗れて阿会喃ともども蜀軍に捕縛されるが、諸葛亮の策で解放されている。
その後、孟獲に従って出撃したものの、馬岱に「恩知らず」と罵倒されたことを恥じて退却したところ孟獲の怒りを買い処罰されてしまう。
これに不満を持つと阿会喃と組んで孟獲を捕縛し諸葛亮に差し出すが、後日解放された孟獲に殺害されてしまう。