人物紹介 / 丁原


丁原

三国志最強の男・呂布の最初の主として知られる人物。

霊帝期には并州刺史、騎都尉を歴任する。(演義などではなぜか「荊州刺史」と記述されることも)
その後霊帝が崩御すると何進の宦官誅殺計画で洛陽に招聘され、これに協力した後で執金吾に就き兵権を任される。
ところがその兵力で董卓に目をつけられ、董卓に唆された呂布に殺害され兵権を奪われてしまっている。

史実では粗暴で官吏としての能力は低いとされており、一方で武勇には長けていたことから、
呂布、張遼、張楊といった武勇に長けた人物を好んで配下にしていた。
一方で演義では董卓、呂布の悪役ぶりを際だたせるためか正義漢として董卓に反発する立場で登場しており、
養子にしていた呂布の武勇で一度は董卓を退けるものの、赤兎馬に釣られた呂布に殺害されてしまっている。

各種創作への登場は意外と多いが、正史寄りのあまり善人とは言えないキャラ付けがされる事も多く、
「自分の出世のために西域の絹商人に妹(呂布・貂蝉兄妹の母)を売り渡したことを姪に恨まれており、呂布が丁原を裏切る際に貂蝉はその事も持ち出し呂布に決心させた」(天地を喰らう)、「董卓の命を受け劉備軍の主軍を率いる趙雲(男装の麗人)を殺そうとするが、趙雲と自分の子・関平が狙われている事を察した呂布に殺害される。丁原を殺害した事を見て「気でもふれたか」と部下は問うが「無能故に斬ったまで」と呂布に返される」(覇-LORD-)など、呂布の暴勇を際立たせるためか「呂布に直接殺害される」という扱いが定着している。