人物紹介 / 石苞


石苞

魏〜晋の武将。鄧艾とほぼ同年代であったと伝わる。

当初は地元の小役人であったが、鄧艾と共に御者として仕えた郭玄信に「いずれ大臣になるだろう」と評される。
さらに趙元儒、許允と言った名士からも評価され、地道に昇進していくと司馬師に取り立てられ重用される。

諸葛誕の乱やその後の孫呉との戦いでも活躍するが、貧しい出自だったことから妬まれており、王琛は
宮中の大きな馬がロバになり、大きな石に潰される
という童謡を元に呉と通じて謀反を企んでいると讒言した上、丁奉が離間の計を仕掛けたため司馬炎に疑われてしまう。
羊祜らに弁護してもらったものの、子の石喬が出頭命令を無視したことで自身が出頭する事態になり、
大司馬をクビにされた上で司馬伷 、司馬駿の監視下で謹慎処分を受ける。
羊祜、郭廙の弁護で疑いが晴れると、新たに司徒に任じられている。