人物紹介 / 丘力居


丘力居

後漢の霊帝〜献帝初期まで烏桓の単于を努めていた人物。

漢王朝の衰退に乗じて幽州、青州にしばしば攻め込み、張純の反乱にも協力している。
しかし自身らの慕う劉虞が幽州牧に赴任すると、通訳の使者を出して恭順を誓う。
劉虞と敵対する公孫瓚によって使者を殺害されるなどの妨害を受けるが、劉虞への恭順は続けていた。

死亡時、子の楼班が幼少だったため、烏桓単于の座は甥に当たる蹋頓が受け継いでいる。

Menu

最新の20件

2019-09-22 2019-09-21 2019-09-20 2019-09-19 2019-09-18 2019-09-17

今日の20件

  • counter: 1336
  • today: 2
  • yesterday: 2
  • online: 47