カードリスト:蜀 第6弾



R王平(飛車)

武将名おうへい しきん瘴雨蛮煙
王平 子均「奇怪な術を・・・・・・毒水ごときで
  我が鎧を溶かせると思うたか!」

蜀の武将。元は曹操配下だったが、漢中攻防戦の最中に蜀に降伏し、以後は主に漢中方面の防備を担った。南蛮征伐では毒沼を越え孟獲・朶思大王のもとに迫り、北伐でも主戦力として活躍。街亭からの撤退戦では敵の追撃を許さなかった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力6 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器兵力上昇 長槍術 迅速攻城
計略飛車の大号令蜀の味方の武力が上がり、槍兵であれば全方向に槍の無敵攻撃を行う。さらに全方向に槍の無敵攻撃中にカードを回転させると向いている方向に槍の無敵攻撃を飛ばす
必要士気7
Illustration : 平坂康也Character Voice : 益山武明


王平が遂にコモンを卒業し、初のレアとして登場。

スペックは号令持ちでありながら7/6、更に防柵も持ちその上で征圧力も2とバランスが良い。
将器はどれも使いやすいが、長槍術は計略との噛み合いがあまり良くない点に注意。

計略「飛車の大号令」は待望の大車輪号令。
蜀の味方の武力を+4し、槍兵は車輪状態になる。
さらに計略が「飛車」である事から分かる通り、槍兵はカードを回転させると車輪が飛ぶ
投げた車輪は1.5c持続し、戦場の端または城に当たると跳ね返る。
投げた車輪は車輪ダメージ+4され、車輪ダメージは0.34c毎ダメージ判定がある。
再度車輪を投げられるようになるまで0.8cのインターバルがあり、通常の効果時間中に4回車輪を飛ばせる。
効果時間は9.6c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)。

飛ばした車輪の挙動は谷利の「殿軍の飛車」同様、戦場の端または城に当たると跳ね返る。
総移動距離は戦場の縦方向約1往復分で、柵や櫓にはダメージを与えず通り抜ける。
車輪の速度は2倍速騎馬程度だが、迎撃される速度の敵に背後から追いついても迎撃を取れないことに注意。

槍兵でありながら柵越しの相手を遠距離から攻撃できるものの、車輪ダメージはかなり控えめ。
武力1相手でも武力11の車輪1つで5%程度のダメージにしかならないため、過信は禁物。
他にも車輪が飛んでいる間は自身の周囲の車輪は無くなり、一時的に歩兵状態になることに注意。
車輪を飛ばす向きの調整は飛ばしたい方向に歩きながらカードを回転させると良い。

特大車輪状態でカードを回転させるとしっかり特大車輪が飛ぶ。車輪ダメージが上がっている状態で車輪を飛ばした場合の挙動は要検証。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR関羽(忠義)

武将名かんう うんちょう関聖帝君
関羽 雲長「義なき孫呉よ、立ち退けい。
  我が心、義兄・劉玄徳と共にあり!」

劉備・張飛の義兄弟。劉備が漢中王の座に就くと魏軍の拠る樊城を攻撃した。当初は蜀軍が圧倒したが、呉軍が参戦すると呂蒙の数々の策略に追い詰められ、勇戦するも捕縛され斬首となる。その仁義と武勇から、死後もなお尊崇された。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力10 知力7 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力 刻印
奇才将器武聖蜀の味方の攻撃力が上がる
計略忠義の大号令蜀の味方の武力が上がり、兵力が上限を超えて回復する
必要士気6
Illustration : 一徳Character Voice : 菅生隆之


旧作「3」をやり込んだ人であればほぼ全員が覚えているであろう、みんなの思い出、忠義の大号令関羽が参戦。
デザイン・イラストの構図も旧作のそれを彷彿とさせるものの、イラストレーターは当時と異なっている。

スペックも当時のものを踏襲しており、特技枠であった募兵がなくなり刻印が追加。
ハイスペックは健在だが、コスト3刻印はそれなりに重いので撤退しない立ち回りが重要。
また征圧力2とやや低いので総征圧に注意したい。

奇才将器「武聖」は蜀の味方全員に「攻撃力上昇」の効果を与えるもの。
攻撃力の上昇値は+0.8、弓の射撃攻撃力は+0.5(Ver.3.5.0A)
覚醒させるかはパーツとの相談となるだろう。

計略「忠義の大号令」は英傑号令。
範囲内の蜀の味方の武力+3、兵力が上限を超えて40%回復する。
効果時間8.3c、知力依存0.4c(Ver3.5.0A)

旧作では勢力限定なしだったが、今作では蜀のみとなっている。

効果自体は馬姫の持つ「奮激の号令」の強化版といった趣。
武力上昇値こそ低めだが、蜀のハイスペック武将たちが上限を超えて回復するのはなかなかの脅威となりうる。
ただし、どんなに素武力が高くても号令同士のぶつかりあいでは武力+5と同等程度の戦闘力しかないので過信は禁物。

使う上でのポイントは兵力管理だろう。
白くなった部分は次のぶつかりあいまで温存させられるので、乱戦せずに戦えるならその方が都合が良いことも多い。
また、同時期に参戦した遊軍馬姫を併用することで驚きの白さを作ることも可能。

なお関羽自身はスペックが破格のため、サブ号令要員として使うことも可能。
号令計略をもう1つ仕込んだり、投げ計略をメインとした運用も考えられる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC敬哀皇后(装填)

武将名けいあいこうごう柔和なる剛力
敬哀皇后「あらあら、忘れ物よ〜。
 ・・・・・・え、そんな槍持てないって?」

張飛と夏侯月姫の長女。劉備が即位すると劉禅の妃として宮中に入る。やがて劉禅の即位に伴い、諸葛亮らの上表によって皇后に立てられたが、若くして亡くなった。のちに妹の張皇后が入宮している。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力1 知力5 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力
将器長槍術 速度上昇 守城術
計略装填の旋律最も武力の高い味方の武力が上がり、連弩兵であれば装填ゲージの最大値が上がる
必要士気4
Illustration : yaman**Character Voice : 日高里菜


ようやく通常排出となった敬哀皇后。
自覚のない力持ちな辺り、張飛の血はしっかり受け継がれているようだがこれで武力1とは一体…。

遂に蜀にも出た征圧力2・防柵・魅力持ち槍。
その代わり、残りは1/5と直接戦闘にはあまり期待できない。
将器はサポート要員の槍兵として使いやすいものが揃う。

計略「装填の旋律」は投げ強化。
範囲内の最も武力の高い味方の武力+4に加え、対象が連弩兵であれば装填ゲージの最大値が+2される。
勢力制限は無し。効果時間は18.8c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

装填ゲージ5からの射撃は連続ヒットボーナスの都合上、全弾ヒットさせるとかなりのダメージになる。
元が高武力の黄忠や厳顔などにかければ、一気に兵力を削りきる可能性を秘めている。
とはいえ射撃速度は上がらないので、5発当てるためには周囲との連携が必須。
加えて装填ゲージが溜まりきるまでの時間も相応に増えるため、瞬間火力の高さを活かせる場面は限られる。

ちなみに装填ゲージの最大値変動は重複するため、重ねがけによりさらに装填数を増やすことができる。
黄月英と組み合わせることで装填数が3に戻り、初回限定の3連射を複数回行うことができるようになる。
黄月英の射撃スペースを確保するための防柵を用意できるのもポイント。

蜀1コスト槍兵の防柵持ちは合計で6枚おり、武力や征圧力でそれぞれ差別化がなされている。
計略を抜きにしても検討に値するスペックではあるが、やはり連弩兵と組み合わせてこそだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 効果時間延長 15.4c→18.8c


SR黄月英(単装連弩)

武将名こうげつえい機甲伝承
黄月英「猛獣や巨大兵器が相手でも
  私の虎戦車なら勝てるわ!」

諸葛亮の妻。天文や易学、地理、兵法などに幅広く通じた色黒の才女。木牛流馬などの発明により、南征北伐に奔走する夫を支えた。周囲から不器量だと噂されたが、顔に墨を塗り不美人を装っていた、あるいは西域出身であったという説もある。
コスト1.5
兵種連弩兵
能力武力4 知力9 征圧力2
官職-
特技防柵 魅力
奇才将器奇想天外の智射程距離が伸びる
計略黄式単装連弩射程距離と射撃ダメージが上がる。ただし装填ゲージの最大値が下がる
必要士気6
Illustration : 夢路キリコCharacter Voice : 村川梨衣


第1弾の黄式加速装置と同じ夢路キリコ氏の黄月英が、今回はSRの連弩兵となって登場。

スペックは典型的な文官型。征圧力2に防柵と魅力の2特技を備えるとはいえ、平時の戦闘力は低め。
奇才将器「奇想天外の智」は自身にのみ効果があるタイプの強化版遠弩術。
射程延長効果は2.1倍と奇才だけあって非常に高く、自城前からでも戦場中央より奥の敵へ届くレベル。
戦場中央にいる場合はどこにいる敵でも射程に収める事が出来るほど。
ただし武力4の連弩兵の射程が伸びるだけなので、他の奇才将器以上に覚醒の有無は慎重に検討したい。
覚醒させる場合は後述の計略使用が前提となる。

計略「黄式単装連弩」は単体の連弩強化。
射程距離が2.1倍、射撃ダメージ+23(固定値)される代わりに装填ゲージが-2される。
効果時間11.3c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)

武力が上がらず装填ゲージの最大値が-2されてしまうが、代わりに射程と射撃ダメージが大きく伸びる。
そのため1発しか装填されない事を逆手に取り、装填され次第高威力の射撃をひたすら叩き込むような運用をする事になる。

また、射撃操作から発射までの間に計略を使用すると、最初の1セットだけ射撃ダメージが上がった状態で装填数分撃ち込む事が可能
その為通常は3発、装填の旋律などの装填ゲージを増加させる計略で装填数が増えていればその分だけ威力が上がった射撃が行える。
計略を使用してから射撃操作を行うのと比べ火力に大きな差が生まれる為、使用する場合には覚えておきたい。
ちなみに装填ゲージ最大値の減少効果は1にするのではなく-2する効果。
装填ゲージの最大値が増加した状態だと、この計略の効果中でもしっかりと増加した分だけ装填される。
(装填数+2なら3発装填される)

強力な計略ではあるが、本体の武力が低い上に計略で武力が上がらないのは無視できない欠点。
懐に潜り込まれると非常に脆く、乱戦されようものなら士気6使って何の効果も得ていない低武力部隊になってしまう。
遊軍や他の計略での強化も加わっていると計略の切れ目を一目で判断し辛く、気が付くと切れたまま装弾数一発で射撃していることもある。
また将器と合わせると大きく射程が伸びるが、弾速は通常時と同じなので、狙った敵が遠すぎるとあっさり避けられてしまう事も考えられる。
いずれにせよ黄月英一人だけでどうにかなるものではないので、しっかりと周りの部隊でサポートする事を心掛けたい。

追加当初は射撃ダメージ増加値が+47と非常に強力で、武力差8(兵力100%の場合)まではわずか2発で沈める事ができた。
それ以上の武力差であっても、防護効果や余程極端な武力差がない限り基本的に3発目は耐えられないほど。
追加後最初のバージョンアップであるVer.3.5.1Aにて、射撃ダメージ増加値が半分程度になる大幅な弱体化を受けている。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 射撃ダメージ減少 +47→+23


R黄皓(収賄)

武将名こうこう竜を呑む蛙
黄皓「ニョホホ・・・・・・竜の子など、
   一飲みにしてあげましょ」

劉禅に仕えた宦官。諸葛亮の死後に劉禅の寵愛を受けて実権を握る。政敵の多くを讒訴貶めたため、諸葛亮の子・諸葛瞻すらも保身に走り、政治が腐敗した。姜維の援軍要請を無視して遊興に耽るなど、数々の悪政で蜀を滅亡に追い込んだ。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力2 知力2 征圧力2
官職文官
特技-
将器復活減少 速度上昇 征圧力上昇
計略不忠なる収賄最も武力の高い敵の武力と移動速度を上げ、効果終了時に自軍の士気が上がる
必要士気4
Illustration : Daisuke IzukaCharacter Voice : 吉野裕行


何故か登場してしまった黄皓の2枚目。
1枚目ですら怪しかったが遂にただのカエルに成り下がったお前本当に人間か?

スペックは1枚目と同じ。
将器は復活減少が被っており、他が動き回る事前提になっているがいかんせん武力2歩兵なのが辛い。
なのでやはり計略で差別化…と言いたいところだが、歴代の黄皓と同様に非常に癖が強い。

計略「不忠なる収賄」は(一応)妨害。
戦場にいる一番武力が高い敵の武力を+8・移動速度を2倍にし、効果終了時まで生存している場合士気が+5される。
効果時間は10c(Ver.3.5.1B)。

要するに士気4使って敵に士気5相当の強化を与えるが、撃破せずに耐えきれれば士気が多く戻ってくる、ということ。
基本は士気を増やすために使う計略。
自軍だけでなく対象となった敵もダメージを抑えなければならないため、運用には工夫が必要。
なるべく効果時間を無駄に使わせることを踏まえると、敵が帰城するタイミングで撃つのが効率的。
ただ兵力が少ない相手にかけるとそのまま突っこんでこられて自決される場合もある。
攻城兵以外は迎撃できる速度まで上げてしまうので特に槍兵はうっかり突き刺して撤退させてしまわないよう注意。
自爆計略や浄化といった逃げ道もあるため、かける相手を選ぶ必要もある。

ちなみに敵の武力を大きく上げる計略なので敵武力を参照する計略とはコンボが狙える。
特に士気消費が軽く参照範囲が戦場全体の左慈だと、計略の終わり際に変化することで士気差と武力差でカウンターを狙うという使い方が出来る。
ただ効果時間中の猛攻を相手を撤退させずにしのがないといけないという条件は変わらないので、二色にしてまでやるべきかどうかは考えどころ。

一番重要なのは増やした士気で何がしたいのかという点。
この計略を1回使う程度では特技魅力や将器士気上昇、あるいは馬謖を斬ってしまえば工面できてしまう。
複数回使っても逆転できる勝ちパターンが望まれる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 効果時間短縮 12.5c→10c



C沙摩柯(白兵)

武将名しゃまか火中の追討
沙摩柯「ガアアアアア!!
  オマエモ、モエロォォォ!!」

異民族の王で「蛮王」と呼ばれる。馬良の懐柔により蜀に味方したという。夷陵の戦いでは甘寧を射殺する活躍を見せたが、陸遜の火攻めで蜀軍は四散。ただ一騎敗走するところを周泰に追撃されて二十合余り打ち合い、ついに討ち取られた。
コスト1.5
兵種連弩兵
能力武力6 知力1 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 速度上昇 遠弩術
計略白兵戦法武力が上がり、射程距離が短くなる
必要士気4
Illustration : 伊藤サトシCharacter Voice : 江越彬紀


かつての自身のスペックのまま、弓から連弩に持ち替えて再登場の異民族の王。

刻印を持たない武将では初となる、1.5コスト武力6に征圧力2を兼ね備える連弩兵。
将器はいずれも使いやすいものが揃う。

計略は汎用の「白兵戦法」。
武力+12と引き換えに射撃ができなくなる。
ただし射撃体勢に入ってから計略を発動した場合や、将器遠弩術や計略等で射程を伸ばした場合は射撃できる。
効果時間6.3c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)

最初の3発だけとはいえ武力18の連弩3連発は強力なため、できれば射撃スタートから入りたいところ。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR諸葛亮(画竜点睛)

武将名しょかつりょう こうめい五丈原の竜
諸葛亮 孔明「地を駆ける狼、司馬懿・・・・・・
  その智謀の牙、退けてみせましょう」

劉備に仕えた軍師。三顧の礼で軍師に迎えられると、政治や軍略のほか他分野に及び抜群の才を発揮し、劉備を蜀皇帝の座に導いた。劉備没後はその遺志を受け継ぎ、南征北伐に心血を注ぐ。五丈原の戦いでは死の間際まで司馬懿と智謀を競った。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力6 知力10 征圧力4
官職文官
特技伏兵 魅力
奇才将器陰陽五行蜀の味方の知力が上がり自身の移動速度が上がる
計略画竜点睛(りゅうをえがいてひとみをてんず)蜀の味方の武力が上がり、敵に雷によるダメージを与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気9
Illustration : 五十嵐睦Character Voice : 代永翼


第1弾諸葛亮のリメイクは、名実ともに司馬懿との対となるイラストで登場。

諸葛亮らしく知力10に伏兵・魅力の2特技に加え、蜀軍3人目となる征圧力4を持つ。
反面武力は2.5コストにしてわずか6と低く、歴代諸葛亮と同様に極端な知力偏重型のスペック。

奇才将器「陰陽五行」は蜀の味方の知力を+1し、更に自身の移動速度を1.1倍にする(Ver.3.5.0A)
悪い効果ではないのだがいかんせん味方への効果が弱く、持たせるかはデッキと要相談。

計略「画竜点睛(りゅうをえがいてひとみをてんず)」はダメージ計略付きの号令。
分類は「英傑号令」だが、カットインは落雷のものが使われている。諸葛亮名義のダメージ計略は実に「2」以来。
蜀の味方の武力+7に加え、範囲内の敵に1本ずつ雷を落とす。
雷は知力2確殺だが、基礎威力は高めで高知力にも40%程のダメージが入る。
範囲は自身を含む戦場4分の1範囲より少し大きめの前方円。
効果時間は10.4c、将器覚醒で10.8c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

ダメージの目安(Ver.3.5.0A)

知力12345678910
1022012086.7706053.348.64542.240
1124013093.3756456.751.447.544.442


号令とダメージ計略をまとめて使えるためぶつかり合いに非常に強く、安易な密集を許さない副次的な効果もある。
一方で必要士気も9と重く、号令同士で打ち合える回数は2回が限度。
どうしても士気差がつきやすいこともあり、極力敵を逃がさない状況での後打ちが求められる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 10c→10.4c
       範囲拡大


R張皇后(剛槍)

武将名ちょうこうごう虎威の戦姫
張皇后「私に挑むのならば
  張翼徳に挑むつもりでいろ」

張飛と夏候月姫の娘。劉禅の妃であった姉の敬哀皇后が亡くなると、宮中に入って貴人となり、翌年には皇后に立てられた。蜀の滅亡後は、劉禅が洛陽に移送される際に付き従い、余生を共にしたという。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力4 征圧力1
官職-
特技魅力
将器攻撃力上昇 征圧力上昇 募兵
計略寡兵の剛槍武力と槍撃ダメージが上がる。この効果は兵力が少ないほど大きい
必要士気4
Illustration : ジョージCharacter Voice : 沢城みゆき


通算3枚目(通常排出では2枚目)となる張皇后がジョージ氏の迫力あるイラストと共に参戦。

実に7人目となる蜀の2コス武力8槍兵。そこそこの知力と魅力を備えるが征圧力は1止まり。
将器は使いやすい攻撃力上昇、低い征圧力を補う征圧力上昇、長く戦場にとどまれる募兵といずれも使いやすい。

計略「寡兵の剛槍」は単体強化。
文字通り剛槍戦法の寡兵版で、武力上昇値の目安は以下の通り。
100% 武力+2 槍撃ダメ+1
40% 武力+6 槍撃ダメ+2.5
28% 武力+8 槍撃ダメ+4
8% 武力+10 槍撃ダメ+6
効果時間7.5c、知力依存0.4c(Ver3.5.0A)

威力はなかなかのものだが速度上昇や長槍効果は計略にも将器にもなく、うまく当てていくには工夫が必要。
基本は城絡みの攻防で使っていくことになるだろう。素武力の高さから、乱戦でもある程度の効果は発揮できる。

とはいえ彼女の最大の強みは魅力持ちの高武力である点で、征圧力の低ささえカバーできればスペック要員として有力。
ただしその場合には武力と魅力に加え征圧力2を併せ持つ、1.5コストの自身が強力なライバルとなる。
征圧力は将器や他の武将で補ってもらい、計略込みでの武力の高さを活かしたいところ。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR張飛(雷声)

武将名ちょうひ よくとく歴戦の武略
張飛 翼徳「長兄の天下が懸かってんだ!
  策でもなんでも使ってやる!!」

劉備・関羽の義兄弟。万人に匹敵するほどの剛勇の持ち主であり、後年は知略も用いたという。漢中攻防戦で張郃と対峙して戦況が膠着した際は、精鋭のみ引き連れて山道の隘路で奇襲を仕掛け、見事撤退に追い込んだ。
コスト3.0
兵種槍兵
能力武力10 知力3 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器兵力上昇 長槍術 迅速攻城
計略虎髭の雷声武力が上がり、敵と接触しても攻城ゲージが増えるようになる。さらに敵の武力と移動速度を下げる
必要士気6
Illustration : 山宗Character Voice : 小山力也


第6弾にしてコスト3の張飛がようやく登場。

関羽に続く武力10に加え征圧力3を備えるが、台詞や裏書きに反して相変わらず知力は低くたったの3。
将器は計略と相性のいい迅速攻城か兵力上昇が使いやすい。
参考までに将器を兵力上昇・兵兵兵で揃えると大半のダメージ計略を耐えることが可能となる。
ただ、さすがに「赤壁の大火」クラスには耐えられない為要注意。3コスト落ちのリスクは馬鹿にならない。

計略「虎髭の雷声」は強化妨害。
武力+7に加え、攻城術効果を得る。攻城術0.3倍(13.9秒 5.8cで初回攻城)
さらに範囲内の敵を武力-3、移動速度を0.5倍する。妨害の効果時間は下記参照。
自身への効果時間は8.8c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)。

効果時間の目安(Ver.3.5.0A)

敵の知力12345678910
効果時間6c5.8c5.4c5c4.8c4.7c4.6c4.5c4.4c4.3c


なるべく敵を多く巻き込めるタイミングで計略を使い、1体ずつ撃破するなり攻城するなりしていくのが基本。
計略によって武力差が10つくので、移動速度低下もあいまって簡単に撃破可能。
ただし相手もそれを避けるために広がって動いてくると予想されるので、それをどうカバーするかが課題。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC張翼(装填)

武将名ちょうよく はくきょう剣閣の攻防
張翼 伯恭「蜀を侵す敵を討つのだ!
      連弩、放ていっ!」

蜀の武将。姜維が北伐を計画すると、民の疲弊を案じて幾度も諫言したが聞き入れられなかった。しかし北伐には常に従軍しており、魏が侵攻した際は剣閣に籠って防衛に尽力し、鍾会軍を阻むなど、姜維らと共に長く末期の蜀を支えた。
コスト2.0
兵種連弩兵
能力武力7 知力7 征圧力2
官職武官
特技-
将器兵力上昇 士気上昇 遠弩術
計略装填の号令味方の武力が上がり、連弩兵であれば装填ゲージの上昇速度が上がる
必要士気5
Illustration : 原友和Character Voice : 平田広明


2枚目の張翼は蜀末期を思わせる老将スタイルで参戦。

スペックは2コスト7/7に加えて征圧力2とバランスが良いが、代わりに無特技。
将器はパッとしたものはないが、計略を意識するなら遠弩術が無難だろう。

計略「装填の号令」は、味方の武力を+2、連弩兵であれば装填ゲージの上昇速度が約2.3倍になる。
効果時間は16.6c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

効果時間は長めなものの武力上昇値が小さい。
武力差で水をあけられると威力が劇的に下がる連弩の仕様上、同程度の号令で対処されると撃てども撃てども敵兵力が減らないという事態にも。
リロード上昇はより低いが射撃回数を増やす餓虎の大号令と違い、連続ヒットボーナスが途切れるのもマイナス。

他の連弩号令や連弩超絶強化に重ねて使う計略と考えたほうがよい。
例えば剛弩の大号令とのフルコンは、敵武力を上回ることができた場合士気相応の破壊力となる。
また、ワラに対しては敵の枚数に弾数が間に合うようになるため先制して使っていける。

連弩は撃つときに足が止まる。 常に撃ち続けた場合ほとんど前進できず、敵に逃げ去られたり自軍のライン上げが滞りがち。
攻城際であればデメリットは帳消しになるので、計略の使いどころと言えるだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 15c→16.6c



UC鄧芝(必射)

武将名とうし はくびょう箕谷道の対陣
鄧芝 伯苗「すみませんね、魏の皆さん。
   キミたちはここで釘付けです」

蜀に仕えた武将。無名の食糧倉庫番だったが、劉備の益州平定後に知遇を得る。弩の名手で、街亭の戦いでは陽動を担い、強兵で知られる曹真軍と争った。飾り気のない人柄で、部下に適切な賞与を行う一方、自らは質素倹約を心掛けたという。
コスト1.0
兵種連弩兵
能力武力2 知力5 征圧力2
官職武官
特技魅力
将器士気上昇 同盟者 遠弩術
計略必射の号令味方の連弩兵の武力が上がり、突撃や突進を受けても射撃がキャンセルされなくなる
必要士気4
Illustration : 祀花よう子Character Voice : 沢城みゆき


計略「必射の号令」は、兵種限定の号令。勢力限定なし。
味方の連弩兵の武力を+1し、突撃・突進での射撃キャンセルが無効になる。
効果時間は50c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 40c→50c


UC馬岱(一閃)

武将名ばたい獣断ちの刃
馬岱「・・・・・・獣か。では斬り捨てる」

蜀に仕えた武将で、馬超の従弟。馬超が没すると後事を託され、蜀の忠臣として南蛮征伐や北伐に参加した。諸葛亮亡き後も、楊儀と反目して国を乱しかねない魏延を遺命に従って討ち取り、また魏に侵攻して牛金軍と争うなど、忠勤を貫いた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力8 征圧力0
官職武官
特技伏兵
将器攻城術 征圧力上昇 守城術
計略騎将の一閃最も武力の低い敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : ChatalawCharacter Voice : 鳥海浩輔


コンパチを除くと実に第1弾以来となる馬岱。

スペックは1.5コストにして6/8、更に伏兵まで持つが代償は1枚目同様征圧力0。
スペックを活かして戦場を駆け回ることになると思われるので、将器は弱点補填にもなる征圧力上昇が第一候補だろう。

計略「騎将の一閃」はダメージ計略。
範囲内の最も武力が低い敵に、武力差に応じた衝撃ダメージを与える。
ダメージ量は下記参照。

ダメージの目安(Ver.3.5.0A)

武力12345678910
62101209075666055.752.55048
11360195140112.5968577.171.366.763


使う場面も他の武力依存のダメージ計略と同様なので、基本的にはスペック要員として使われる形となるだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC馬忠(隠密遠弩)

武将名ばちゅう とくしん火神の洗礼
馬忠 徳信「熱くて鋭い!
  だがオレの命には届かんぜ!」

蜀に仕えた武将。南蛮征伐で度々活躍した功により、現地の統治を任される。反乱鎮圧の際、祝融との一騎討ちに敗れて生け捕られるが、人質交換により帰還を許された。寛大な人柄と優れた治政で異民族に慕われ、死後は霊廟に祀られたという。
コスト1.5
兵種連弩兵
能力武力5 知力6 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器兵力上昇 守城術 遠弩術
計略隠密遠弩戦法武力と射撃距離が上がり、隠密状態になる。(敵から姿が見えなくなる。ただし敵部隊または敵城に近づくと姿が見えるようになる)
必要士気4
Illustration : 木下勇樹Character Voice : 平田広明


計略は、自身の武力を+3、射程距離が1.75倍になり、隠密状態になる。
効果時間40c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 40c→


R龐統(鉄鎖)

武将名ほうとう しげん天空の鳳
龐統 士元「今、鳳雛は飛び立つ。
  殿の志と共に、天高く・・・・・・!」

「鳳雛」と称揚された軍師。計略や人物鑑定に優れ、入蜀を決意した劉備に劉璋打倒のための三計など多くの妙策を献じ、連戦連勝させた。劉備軍の前に立ちふさがる劉璋軍を雒城まで追い込むが、包囲戦の最中に張任の矢に射られた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力9 征圧力2
官職文官
特技伏兵
将器兵力上昇 速度上昇 守城術
計略鉄鎖連環敵の知力と移動速度を下げる
必要士気6
Illustration : 塚本陽子Character Voice : 平田広明


旧作「3」の連環のススメを彷彿とさせる計略とスペックを持って復活した龐統。
計略名は、旧作「3」軍師カード、スペックと計略効果は旧作「3」の武将カード(連環のススメ)、
イラスト・CVは今作の1コスの武将カード(連環の計)と、新旧作の要素を組み合わせた内容になっている。

スペックは典型的な軍師タイプ。
将器も低武力弓兵では定番の守城術を持っており、扱いやすい。

計略「鉄鎖連環」は妨害。
範囲は回転可能な自身中心の横長長方形で、横は戦場横幅とほぼ同等、縦はカード2枚分程度。
範囲内の敵の知力-8、移動速度を0.3倍にする。
効果時間は下記参照、ある程度の知力依存を持つ。(Ver.3.5.0A)

効果時間の目安(Ver.3.5.0A)

敵の知力12345678910
効果時間10.5c10.1c9.7c9.3c8.8c8.2c7.5c6.7c4.6c2.5c


基本的な運用法は連環の計同様で、固まった相手部隊の足止めや、大型号令の無力化。
更に知力低下により、相手の計略効果を下げることが出来る。
相手が計略を先撃ちすれば速度低下が、計略を温存するなら知力低下がそれぞれ刺さるため、相手により大きなプレッシャーを与えられるようになっている。
また知力低下があるため、士気12から二連打することで相手の動きをより長時間止める事も可能。
消費士気は膨大だが、知力を上げない限りは確実に10c以上足止め出来るため、漢鳴など終盤ワンチャンスに賭けてくる相手には有効。

一方で範囲にはかなり癖がある。
単純な広さは妨害計略でもTOPクラスなのだが、自身中心のため自陣から利用できるのは半分ほど。
かといって自身は低武力の弓兵のため、敵中に入り込んでの計略使用は相応のリスクも伴う。
更に細長い長方形は、遠くの部隊でも狙いやすい反面、複数部隊を巻き込むには少し横に動かれるだけで逃げられてしまう。
狙っているうちにラインを上げられてしまうと速度低下の意味も薄れてしまうので、欲張り過ぎずタイミングを逃さずに使っていきたい。

余談だが、旧作1にあった同内容の計略「連環のススメ」は知力依存が非常に高く、知力0に対して30c以上もの効果時間があった。
そのため二度掛けすれば効果が切れる前にこちらの士気が6貯まり半永久的に掛け続けられる、通称「ススメロック」が猛威を振るった。
今作でも二度掛けは健在だが、さすがに知力0でも10c程度であり、必殺とまでは言えなくなってる。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


C呂凱(防衛)

武将名りょがい きへい建寧の知恵者
呂凱 季平「よーし、守りの準備は万端!
  来るなら来い、ってやつだ!」

蜀の政治家で、南蛮に近い永昌郡を治めた。雍闓から反乱に協力するよう幾度も脅迫されたが、屈することなく国境を封鎖して侵攻を食い止めた。その後の南蛮征伐では諸葛亮に「平蛮指掌図」を献上し、行軍の道案内を務めた。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力2
官職文官
特技防柵
将器遠弓術 征圧力上昇 守城術
計略防衛の助け最も武力の高い味方の武力が上がる。ただし征圧力が下がり、城に戻れなくなる。自軍の征圧領域にいる間さらに移動速度が上がる
必要士気4
Illustration : じんてつCharacter Voice : 大坪由佳


2枚目となる呂凱は弓兵で登場。
スペックは典型的な文官タイプで、防柵持ちとはいえ個性的とは言いがたい。
将器は守城術が安定。征圧力上昇も後述の計略を活かすなら悪くない選択肢。

計略「防衛の助け」は投げ強化。
範囲内の最も武力の高い味方の武力+5、征圧力-10以上(要検証)に加え、自軍の征圧領域にいる間移動速度が2倍になる。
ただし効果中は城内に戻れなくなる。勢力制限なし。
効果時間8.3c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)

単に武力を上げるだけならデメリットのない諸葛均の方が良いため、追加効果を活かしたい。
追加効果の速度2倍は攻城兵以外迎撃されてしまうので、(高武力の)騎兵に投げたいところ。
そのうえで可能な限り自軍の征圧領域を中心に戦っていくのが理想となる。
だが潜りながらの突撃や乱戦はできないため迎撃リスクが跳ね上がっており、征圧力も上がる号令に対してはあまり有効に働かない。
自軍の征圧領域に入らなければならない以上カウンターにも不向き。

追加効果は速度のみのため防衛時にも使えなくはないが、真価を発揮するのは計略名とは裏腹に攻勢時となる。
あらかじめ敵陣を征圧した状況が好ましく、マウント中であればそこまで広範囲を塗る必要もない。
ただし内乱が発生すれば征圧領域はリセットされるうえ、対象では征圧できないため他武将が征圧に回る必要が生じることには注意。
もっとも効果時間中に発生する内乱は一回が限度であり、連続使用しない限りはそこまで気にするほどでもないが。

登場バージョン

Ver.3.5.0A



EX(SR)諸葛亮(兵站)

武将名しょかつりょう こうめい相談役
諸葛亮 孔明「今までとは違う戦場に来た感じだ。
         面白いじゃないか」

劉備に仕えた名軍師。劉備の三顧の礼を受け仕官すると、業界の垣根を越えて優れた政治手腕を振るい、相談役に出世した。また、蜀の農業問題に取り組み、流馬や木牛といった輸送道具を発明して農耕を効率化し、北伐時の兵糧欠乏に備えた。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力5 知力10 征圧力3
官職文官
特技伏兵 魅力
将器募兵
計略伏龍の兵站蜀の味方の武力と征圧力が上がり、兵力が徐々に回復する。この計略は城内にいる時のみ発動できる
必要士気8
Illustration : 弘兼憲史Character Voice : 佐藤拓也


パタリロ劉禅に続き、島耕作諸葛亮も新シリーズに帰ってきた!
突っ込みどころ満載を通り越してそれしかなかったフレーバーテキストが控えめなのは少し残念。
兵種・スペックは3時代と全く同じ。コスト2で武力5の引き換えか3時代にはなかった伏兵が付いて征圧力は3。
将器は募兵、副将器は兵力×3で固定。

計略「伏龍の兵站」は全体強化。
諸葛亮が城内にいなければ使用できない。範囲は戦場全体で、城内(と自分自身)は対象外。
武力+6、征圧力+1に加えて、兵力が約0.85c毎に3%回復する。総回復量は42%。
効果時間は12.1c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

自身が2コスにも変わらず自城内でしか使用できない故に攻めにおいては6コスでの運用となりかなり厳しい。
士気8を使うにもかかわらず武力+6と上昇値が低めで効果時間も並、本体スペックが足を引っ張る為同士気でぶつかり合えば不利は否めない。

登場バージョン

Ver.3.5.0A (第三十六回大戦スタンプキャンペーン)

修正履歴

Ver.3.5.1B 効果時間延長 8.8c→12.1c


EX(SR)諸葛亮(無中生有)

武将名しょかつりょう こうめいパリピ軍師
諸葛亮 孔明「ふっ、思考は無粋ですね。
 今は音楽を楽しむとしましょう」

劉備に仕え、蜀を導いた軍師。五丈原で病没した後、およそ1800年後の渋谷に転生する。無名の歌姫によって音楽の魅力に目覚めると、彼女の夢を叶えるために軍師として仕え、様々な奇策を駆使してステージを盛り上げた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力10 征圧力1
官職文官
特技伏兵 魅力
将器征圧力上昇
計略無中生有最も武力の高い女性(武官、文官ではない武将)の味方の武力と攻城速度が上がる。さらに接触した敵の移動速度を一定時間下げる
必要士気5
Illustration : 小川亮Character Voice : 小西克幸


一部ファンからコラボが待望されていた「パリピ孔明」より諸葛亮孔明その人が登場。
いわゆるコスプレカードではなく諸葛亮本人であるためか、裏書きは完全にパリピ孔明のあらすじになっている。

知力10の伏兵・魅力持ちである反面、武力6かつ征圧力1と最低限度の武力こそあれ通常時の立ち回りは厳しめのスペック。
将器は征圧力上昇+速度3で固定。覚醒させることで立ち回り面はある程度カバー可能。
征圧戦をするか計略を活かした城の殴り合いをするかに応じて、覚醒させるか否かを判断すると良い。

計略「無中生有」は女性武将限定の単体強化。
武力+6に加えて乱戦時の移動速度低下(0.4~0.6倍・1.5c)と迅速攻城効果(1.25倍)がつく。
効果時間10c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)

基本的には攻城中の武将を対象にすることになる。
速度低下により守城ローテを崩しやすく、それを嫌ってのスルーには迅速効果が刺さる自己完結した組み合わせ。
守城部隊の速度が下がるため、スライドして強引に一発もぎ取ることも容易い。
攻城時に限らず速度低下効果はなかなかに厄介なため、中央付近でもある程度の効果は発揮できる。

計略対象の候補は蜀であれば城持ち高コストの祝融か攻城時に追加効果を持つ華装王悦あたりが有力。
諸葛亮らしく攻城兵の黄月英と組んでも強いが、その場合は白兵戦がかなり辛くなるため何らかの対策は必要。
もっとも対象は女性であれば勢力を問わないため、他勢力の女傑をステージに立たせる選択肢もあるだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.1A (第三十七回大戦スタンプキャンペーン)


Menu

最新の20件

2021-05-16 2021-05-15 2021-05-14 2021-05-13

今日の20件

  • counter: 721
  • today: 1
  • yesterday: 3
  • online: 19