カードリスト:呉 第6弾



UC周泰(神速行)

武将名しゅうたい ようへい火中の追討
周泰 幼平「俺の使命はただ一つ。
   孫呉の敵を討つだけだ・・・・・・!」

元川賊ながら孫権の護衛を務め、主君の命を幾度となく救った勇将。夷陵の戦いでは、当初無名の陸遜の采配に反発するが、火計が成功するとその実力を認めた。その後すぐさま蜀軍を猛追し、沙摩柯を一騎討ちで討ち取ったという。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力2 征圧力2
官職武官
特技刻印
将器攻撃力上昇 士気上昇 守城術
計略捨身の神速行武力と移動速度が上がる。ただし効果終了時に撤退する
必要士気4
Illustration : lackCharacter Voice : 小山力也


4枚目の周泰は久々のアンコモン。

呉にもようやく追加された武力6征圧力2騎兵だが、一方で知力は2止まり。
さらに他の国の武力6征圧力2刻印騎馬が持つ勇猛がないため、計略含め扱いには細心の注意が必要。
将器は計略との噛み合いは悪いものの、武闘派騎兵には珍しく士気上昇を持つ。

計略「捨身の神速行」は超絶強化。
武力+7、移動速度1.8倍になるが、効果終了時に撤退する。
効果時間6.7c、知力依存0.8c(Ver.3.5.0A)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR周瑜(天下二分)

武将名しゅうゆ こうきん王佐の資
周瑜 公瑾「伯符・・・・・・君が切り拓いた道は
   何者にも踏みにじらせはしない」

義兄弟・孫策と共に旗揚げした知将。孫策亡き後、孫権に率先して臣下の礼を取ることで、孫呉瓦解の危機を凌いだ。赤壁の戦いで曹操の大軍を破ると、孫権に「天下二分の計」を提案して、孫呉の覇道を描いたが、間もなく病に倒れた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力6 知力10 征圧力1
官職武官
特技伏兵 魅力
将器知力上昇 突撃術 征圧力上昇
計略天下二分の計呉の味方の武力と知力と移動速度が上がる
必要士気6
Illustration : TomatikaCharacter Voice : 代永翼


遊軍を除けば第4弾以来の登場となる周瑜は、旧作でも持っていた天下二分の計を引っ提げてきた。

第6弾にしてようやく登場した知力10の周瑜。
代わりに武力6・征圧力1で直接戦闘や征圧戦は不得手。
将器は計略と相性の良い突撃術がファーストチョイス。征圧力上昇も苦手な征圧戦をカバーできる。
一方で知力上昇は知力13の伏兵こそ脅威だが、号令の知力依存が低いため効果は限定的。
ただし周循の目覚め条件を常時満たせるようになるため、同時採用する場合は候補になる。

計略「天下二分の計」は英傑号令。
範囲内の呉の味方の武力が+4・知力が+4され、移動速度が1.5倍になる。
効果時間8.8c、知力将器で9.4c、知力依存0.2c(Ver.3.5.0A)。

武力・知力・速度の三点が一度に上昇し、非常に優れた総合力を持つ号令。
武力+速度上昇の汎用性は言わずもがなであり、さらに計略耐性や計略コンボへの適正も持つ。
ただし武力上昇値自体はやや控えめであり、ただ乱戦しても同士気の号令には押し負けるので注意。

余談だが、旧作の同名計略はカードの向きによって2種類の効果を選べる岐略に近い仕様だった。
今作では孫権の「巨虎の王道」が旧作の「天下二分の計」に近い効果になっている。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


UC蒋欽(遠弩)

武将名しょうきん こうえき合肥の蒼弓
蒋欽 公奕「天下無双の武将だろうが
 姿さえ見えてりゃあ射抜けるぜ!」

呉の武将。元川賊だったが、孫権から呂蒙と共に学問を薦められると、勉学に励み知勇兼備の将となった。弓の扱いに長け、合肥の戦いでは張遼の強襲から孫権を守り切った。出世しても驕らず、妻妾に倹約を守らせていたという。
コスト2.0
兵種連弩兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 速度上昇 遠弩術
計略遠弩戦法武力と射程距離が上がる
必要士気3
Illustration : ともひとCharacter Voice : 鳥海浩輔


3枚目の蒋欽。

裏書では「知勇兼備の将になった」とあるが、スペックは知勇兼備とはかけ離れた武力重視型。
呉軍2枚目の武力8連弩兵で征圧力も2あるが、特技はないうえに知力は3止まり。
将器は全て実用的なので、デッキの他パーツと相談しながら決めていきたい。

計略「遠弩戦法」は文字通り連弩強化。
自身の武力+3、射程距離が2.8倍以上(真っすぐ自城から敵城まで届く)になる。
効果時間15c、知力依存0.8c(Ver.3.5.1A)

程普の遠弓戦法のように、射程外から相手を削ったり舞姫潰しが主な役割。
連弩兵であるため瞬間火力が高く、武力の低い相手に当たれば大きく削りやすい。
一方で着弾までのタイムラグにより横移動で避けられるほか、防柵や他の部隊に防がれやすいこともありあちらほど小回りは効かない。
特に回避については離れれば離れているほどかわされやすくなり、槍兵でさえ全弾命中は難しい。

スペックが高く張紘(動静)との相性もよいものの、登場以来使用率はいまいち振るわない。
高コストの連弩兵全体が採用率で伸び悩んでいるのはもちろん、同勢力に太史慈や張温という強力なライバルがいるのが問題。
餓虎や堅忍不抜を中心に据えるなら裏の手になる計略を持つ太史慈や張温の方が欲しいため、まずお呼びがかからない。
混色に活路を見出そうにも、群雄により柔軟性の高い計略を持つ呼廚泉がいる。
高武力低知力高征圧射程延長という似通った能力同士でありながらあちらは遠近両方に対応しており、どうしても柔軟性で劣るこちらはシェアを奪われがちなのが実情。
採用にあたっては射程距離では優位に立てること、呉単デッキで採用できることの二点を活かせなければ厳しいだろう。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 10.8c→15c
       武力上昇値増加 +2→+3


R徐盛(足殺)

武将名じょせい ぶんきょう河岸の偽城
徐盛 文嚮「戦を決めるのは将帥の顔だ。
 それだけ覚えて、とっとと帰んな!」

呉に仕えた武将。勇猛で知られ、濡須口では諸将が躊躇する中わずかな部下を連れて曹操軍の中に切り込み、大軍を蹴散らした。曹丕軍十万が広陵に迫ると、偽の城壁や櫓を築き、長江に船を浮かべ、数百里に及ぶ要害で曹丕を威圧し退かせた。
コスト1.5
兵種連弩兵
能力武力5 知力5 征圧力2
官職武官
特技防柵
将器知力上昇 地の利 遠弩術
計略足殺の射撃術武力が上がり、射撃を当てた敵の移動速度を一定時間下げる
必要士気4
Illustration : ケロケロ齋藤Character Voice : 森田成一


第1弾の徐盛が兵種を変えて登場。
兵種以外は全く同じスペックで、呉コスト1.5の連弩兵では唯一の防柵持ち。
将器は全て実用的。計略頻度や他の武将の将器に合わせて調整していきたい。

計略「足殺の射撃術」は麻痺矢戦法の連弩版。
武力+3、射撃が当たった敵の移動速度を2.1cの間0.2倍にする。
速度低下の効果は重複せず、上書きされる形。
効果時間は11.7c、知力将器で12.9c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 8.8c→9.6c
Ver.3.5.1B 効果時間延長 9.6c→11.7c


C薛瑩

武将名せつえい どうげん戦場の執筆者
薛瑩 道言「そう急がなくても良いでしょう。
 キリのいい所まで書かせてくだされ」

呉に仕えた政治家。たびたび孫晧の不興を買うも、周囲の弁護によって許された。軍事は不得手で、十万の大軍を擁していながら、兵の大半が休暇中で手薄な王渾軍に敗れた。しかし文筆には優れ、「呉書」の編纂や晋への降伏文書を手掛けた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力8 征圧力1
官職文官
特技-
将器征圧力上昇 守城術 迅速攻城
計略希望の征文征圧力が上がり、自軍の最大士気が上がる。ただし12より多くならない
必要士気2
Illustration : クレタCharacter Voice : 島信長


呉に10人以上もいるコスト1武力2槍兵の新たな1人。
スペックとしては張昭から防柵を外したもので、あまり良いとはいえない。
将器も独自性があるものはない。覚醒枠は他武将に譲ってよいだろう。
そのため、この武将の採用目的は「最大士気を上げられる唯一のコスト1」にあるといえる。

計略「希望の征文」は単体強化。
征圧力+2に加え、最大士気を+3する。 効果時間は永続。

2色デッキなら1度使えば十分かつ、同じく最大士気上昇計略を持つ周姫(白猫)よりも少ない士気で済む。
しかし3色以上の場合、1度で済む周姫の方が結果的に士気が抑えられる。

一応、計略を込みで考えるのなら全勢力で一番征圧力の高い迅速攻城持ちのコスト1槍兵ではある。
混色向きの性質も考えると、飛天デッキ辺りで採用の余地があるかもしれない。

登場バージョン

Ver.3.5.0A



R宋謙(神出鬼没)

武将名そうけん命火万丈
宋謙「逃がさん・・・・・・
 お主の命運は、この炎の中で尽きる」

呉に仕えた武将で、方天画戟の使い手。合肥の戦いでは張遼の強襲による混乱収拾に奔走し、夷陵の戦いでは劉備軍の撃退に貢献、さらに再攻撃を志願した。孫策の江東進出時から従軍しているが記録は少なく、その生涯には謎が多い。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力4 征圧力2
官職武官
特技攻城 刻印
奇才将器空蝉攻撃力と移動速度が上がり隠密状態になる
計略神出鬼没武力と移動速度と攻城速度が上がる
必要士気5
Illustration : 仙田聡Character Voice : 三宅健太


まさかの2枚目宋謙。何となくプ〇デター風味になった。

スペックは8/4と安定した性能の上で征圧力2、更に攻城持ちだが刻印持ち。

奇才将器「空蝉」は自身の攻撃力+1、移動速度1.1倍に加え、常時隠密化する(Ver.3.5.0A)
ただし隠密化効果は3段階ある隠密性能の中では一番緩く、大体2マス強の範囲まで近付くと姿が現れる。
また開戦時に戦場にいるとまず隠密化の演出が入るため、城内スタートをしない限り開幕の位置がバレてしまう。
素征圧力2あるのも隠密効果と相性が良いとは言えず、効果を活かすのは意外と難しい。
無理やり計略で征圧力を下げようにも呉では征圧力を2下げられる計略も無い為、混色が必須になってしまう。
飛天の舞で反永続と考えられれば多少は相性が良い。
自身しか効果が無い為持たせるかはデッキ次第だが、この奇才将器自体も宋謙の強みなのが悩ましい。

計略「神出鬼没」は単体強化。
武力が+5、移動速度が2倍になり、攻城速度が1.25倍(迅速攻城と同じ)になる。
効果時間は10c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)。

なお、槍で2倍速なので奇才将器を持たせようが持たせなかろうが迎撃対象なので注意。
また混色でネタの域を出ないが、空蝉と侵攻の助けを用いて
ほぼ隠密+移動速度UP+攻城速度UP+攻城力UP と強力なピンポンダッシュも可能。

登場バージョン

Ver.3.5.0A


R孫晧(落日)

武将名そんこう げんそう絶望の狂帝
孫晧 元宗「権臣、奸臣、佞臣・・・・・・
  この国を腐らせた者は残らず消す」

孫和と何姫の子で、呉の四代皇帝。不遇の幼少期を過ごした後、蜀滅亡や先帝の急死で国内が動揺する中、明君と期待され即位するも数多の人々を酷刑に処すなど暴政を敷いた。呉滅亡後は臣下に己の不徳を詫び、晋に仕えるよう説いたという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力6 征圧力1
官職武官
特技防柵
将器兵力上昇 征圧力上昇 募兵
計略落日への序曲呉の味方の武力が上がる。ただし自軍の最大士気が下がる
必要士気5
Illustration : 竜徹Character Voice : 内田雄馬


2枚目の孫晧は母親・何姫と同じ絵師で登場。
何気に計略範囲内に何姫を入れると特殊セリフになるのが泣ける。

スペックは7/6防柵持ちと号令持ちとしては及第点だが、征圧力1止まり。
将器は呉の2コスト弓では珍しい募兵持ち。これが第一候補になるだろう。

計略「落日への序曲」は号令。分類も新規の「落日」となっている。
範囲内の呉の味方の武力が+5されるが、代償に最大士気が-3されてしまう。
効果時間は9.2c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)

旧作「3」では漢所属の袁紹軍が使っていた最大士気を操作する計略の一種。
同士気で使える号令に比べてやや強めだが、圧倒するほどではないのでサブ計略として運用するのが無難だろう。
呉には最大士気を上げられる計略を持つ武将が複数いるので、積極的に使う場合は彼らも採用したい。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 →9.2c


SR孫策(大胆奔放)

武将名そんさく はくふ長沙桓王
孫策 伯符「江東の小覇王・孫伯符!
 いま天下に飛び立つぜっ!!」

小覇王と称された群雄。父・孫堅の死後、遺臣を袁術に取り上げられ、不遇の日々を送る。しかし19歳の時、義兄弟・周瑜と共に江東で旗揚げすると、瞬く間に勢力を拡大した。戦術の天才だったが、父と同様に単騎で暴走する悪癖があった。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力
将器兵力上昇 長槍術 迅速攻城
計略大胆奔放【ため計略】(使用すると移動できなくなり、一定時間後に解除され計略が発動する。この計略は反計されない)
武力と移動速度と槍の長さと槍撃ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : TomatikaCharacter Voice : 伊東健人


通算9枚目となる孫策は、久々の槍兵として参戦。当然周瑜とは対になっている。

スペックは7/5と孫策としては珍しく尖ったものではないが、征圧力2・勇猛・魅力持ちとバランスの良さが売り。
将器は主軸に据えるなら長槍術が使いやすく、計略効果と相まって高い火力を見込める。
他2つも兵力上昇・迅速攻城といずれも優秀。

計略「大胆奔放」は溜め超絶強化。
3.4cの溜めの後、武力+8に加え移動速度1.7倍・槍長さ1.9倍・槍撃ダメージ+6.5される。
効果時間は12.1c。
なお、溜め計略は知力依存が比較的高めの事が多いが、大胆奔放は0.4cと並程度(Ver.3.5.1B)。

ため計略である以上咄嗟に使えないこと、ため時間が長めなのが難点だが、士気4の超絶強化としては破格の効果。
槍超絶に必要な要素が揃っており、槍撃を出せる状況であれば一人で号令を相手取ることも十分可能。
ある程度展開の先読みが必要とはいえ、攻防両面で活躍できる資質は十分にある。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B ため時間短縮 4.2c→3.4c


SR丁奉(堅忍不抜)

武将名ていほう しょうえん東興の鉄礫
丁奉 承淵「この白雪を染めてやろう・・・・・・
          貴様の血で!」

呉で長く武功を立て続けた将軍で、鉄礫の名手。東興の戦いでは、寒さを凌ぐため酒宴を催す敵陣を急襲し、胡遵・諸葛誕ら魏軍を大いに破った。孫休の意を受け、宮中を牛耳っていた孫綝を斬るなど、衰退しつつある呉を支えた。
コスト2.5
兵種連弩兵
能力武力8 知力8 征圧力2
官職武官
特技防柵
奇才将器専守防衛特技「防柵」の耐久度が上がる
計略堅忍不抜呉の味方の武力が上がり、連弩兵であれば射撃の間隔が短くなり、射撃を当てた敵の移動速度を下げる。ただし装填ゲージの最大値が下がる
必要士気7
Illustration : 三好載克Character Voice : 武内駿輔


第1弾丁奉のリファインは、弓を連弩に持ち替え遂にSRとして登場。

スペックは連弩兵に変更された以外は1枚目と変化なし。
奇才将器「専守防衛」は味方全員に防柵強化の効果を与えるもの。法玉【装】は対象外。
強化量は将器「防柵強化」の半分程(Ver.3.5.0A)

中々個性的な将器ではあるが、防柵持ちで固めないと最大限の効果を発揮できず必然的にデッキを縛る。
呉の連弩兵に防柵持ちが多いわけでもないため、覚醒させる事は稀だろう。

計略「堅忍不抜」は呉限定の全体強化。
味方の武力+5に加え、連弩兵であれば射撃の間隔がほぼ一瞬となり、装填ゲージが-1される。
さらに射撃を当てた敵の移動速度を0.2倍に下げる。妨害時間は2.1c、移動速度低下は重複しない。
効果時間は10c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 9.2c→10c


R潘夫人(伝授)

武将名はんふじん神女
潘夫人「邪魔な人は蹴り落とす。
   それが乱世の倣いでしょ?」

二代皇帝・孫亮の母。奴隷であったが、傑出した美貌が孫権の目に留まり側室となる。嫉妬深く、孫亮が即位し皇后の座に就くと、讒言で多くの女性を死に追いやった。その報いか、孫権の看病に疲れ衰弱したところを宮女に縊殺されたという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力2 知力5 征圧力1
官職-
特技魅力
将器長槍術 征圧力上昇 守城術
計略穿弩の伝授最も武力の高い味方の連弩兵の武力が上がり、敵を貫通して射撃する。ただし自身は撤退する
必要士気3
Illustration : 前河悠一Character Voice : 上坂すみれ


2枚目となる潘夫人。
二枚看板をはじめ多くの猛将を手掛けてきた前河氏による初の女性武将であり、これまでとタッチが違いすぎるイラストは必見。

2/5魅力と1コスト女性としては標準的ながら、征圧力は1止まりで単純なスペック採用は難しい。
その為、採用にあたっては後述の計略を意識したいところ。
将器はどれも無難だが、自身撤退リスクを背負っているので征圧力上昇はつけづらいか。

計略「穿弩の伝授」は投げ強化。
範囲内の最も武力が高い連弩兵の武力が+4され、更に射撃が貫通するようになるが自身は撤退する。
効果時間は9.6c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1A)。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 武力上昇値増加 +3→+4



C留賛(勇将)

武将名りゅうさん せいめい奮励の歌声
留賛 正明「オオオオオッ!!
 天よ、この歌を捧げよう!!」

呉に仕えた武将。気性は激しく、兵書や歴史書を好んだ。若い頃に黄巾賊との戦闘で片足が不自由になるが、数々の英雄譚に鼓舞されて自ら筋を切り、足を治した。戦場では髪を振り乱して兵と共に歌声を響かせ、軍の士気を盛り上げたという。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力4 征圧力3
官職武官
特技勇猛
将器遠弓術 速度上昇 迅速攻城
計略勇将の戦歌武力が上がり、同時に弓攻撃できる部隊数が増加する。さらに乱戦していても弓攻撃を行う
必要士気5
Illustration : 松野トンジCharacter Voice : 小山力也


2枚目の留賛も、逸話の影響かロッカーのような姿で登場。今度は弓兵での追加となった。

スペックの最大の売りは、2コスで征圧力3を持つ弓兵という点。
呉の2コス弓で征圧力3持ちはこれまで手腕孫権のみであり、平均的な武力と両立しているのは初。
一方で知力は平均よりやや低めなので、ダメ計などには注意したい。
将器は後述の計略と相性がいい遠弓術が使いやすい。

計略「勇将の戦歌」は単体強化。
武力+4に加え2部隊同時に弓攻撃ができるようになり、さらに乱戦されても弓攻撃を行えるようになる。
効果時間は10c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

乱戦状態でも弓が打てるようになるユニークな計略だが、控えめな武力上昇値がネックとなる。
運用にあたっては独自性を活かしたいところ。各種投げ計略との相性は良い。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 武力上昇値増加 +3→+4


UC淩統(防弩)

武将名りょうとう こうせき触刃の宴
淩統 公績「剣よ、五体よ、舞い踊れ!
   奴の首を刎ねるまでッ!!」

淩操の子。父を黄祖配下の甘寧に討たれると、父の軍を引き継ぐ。のちの黄祖征伐では先鋒として猛攻を仕掛け、大勝に導いた。仇である甘寧とは、彼が孫権軍に加わった後も不仲であり、剣舞に乗じて仇討ちを図ったともいわれる。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力9 知力2 征圧力0
官職武官
特技刻印
将器突撃術 征圧力上昇 守城術
計略孫呉の防弩武力と征圧力が上がり、連弩兵から受けるダメージが減少する
必要士気4
Illustration : ジョージCharacter Voice : 益山武明



5枚目の淩統はまたもや騎兵として登場。


ようやく呉にも追加された2コスト武力9。
当然征圧力0・刻印持ちなのだが知力は他の2コスト武力9勢に劣る2で、勇猛など他の特技もなし。
並の伏兵やダメージ計略で瀕死〜即死は免れない上に不意の一騎討ちも怖く、刻印の存在は割と重い。
将器は征圧力上昇が無難だが、計略に征圧力上昇効果がある為突撃術で火力を伸ばすのも手。

計略「孫呉の防弩」は長時間強化。
自身が武力+2、征圧力+1され、更に連弩兵から受けるダメージを75%~80%軽減する。
効果時間47.5c、知力依存0.8c(Ver.3.5.0A)。

上昇値はかなり低いが2コストが長時間武力11の騎兵になれるため、撤退さえさせなければスペックを押し付けるだけで優位に立ち回りやすくなる。
対連弩の軽減率も非常に高く、騎兵の機動力とあいまって連弩兵からのダメージをほとんどシャットアウトできる。

問題は連弩兵の使用率自体が低く、大半の相手には劣化孫呉の戦でしかないこと。
更に他勢力の2コスト武力9騎兵よりも知力が低いことや勇猛がないために、ダメージ計略や一騎討ちなどであっさり落とされて長時間計略の優位を活かしにくい。
肝心の対連弩兵でも連続ヒットによる固定ダメージが軽減できないため、兵力が少なかったり囲まれて集中砲火を浴びたりすれば容易に落ちる。
総じて武力以外に強みを持っておらず、同じ刻印持ちの2コスト騎馬で全体の完成度が高い孫策に比べると大きく使い勝手で劣っているのが現状。


登場バージョン

Ver.3.5.0A


SR呂蒙(万矢)

武将名りょもう しめい神を討つ矢
呂蒙 子明「長年鍛え抜いた我が武勇で、
   驕れる神に引導を渡す!」

武略に加え、努力して学識を身に着けた武将。孫権からの信頼は篤く、魯粛の後任となると、呉の悲願である荊州奪還を推し進めた。無名の陸遜を起用する、関羽軍の兵士の家族を保護するなどの策を巡らせ、ついに関羽を捕縛する大功を成した。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力8 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力 刻印
将器知力上昇 遠弓術 士気上昇
計略討神の万矢呉の味方の武力が上がる。さらに使用回数によって効果が追加されていく
2回:さらに武力が上がる
3回:さらに走射時間が延びる
4回以上:さらに走射中の矢ダメージが上がる
必要士気6
Illustration : タカヤマトシアキCharacter Voice : 三宅健太


第3弾・剛弓の大号令のリメイクイラストで追加された呂蒙。

スペックは2コスト7/8に勇猛・魅力持ち、おまけに征圧力2と号令持ちとしては申し分ない。
ただ7/8征圧力2刻印無しも珍しくない中で刻印を持たされている。
陸遜(才気煥発)の範囲に入れると陸遜が特殊台詞になる為、その関係なのかもしれない。
刻印のデメリットは兵種的に薄めなものの、計略の使うタイミングで撤退すると大事故なので要注意。
将器は全て実用的。どれが優先されるかは今後のデッキ開発次第だろう。

計略「討神の万矢」は呉限定の号令で、使用回数により効果が追加されていく。
1回目:武力+3
2回目:武力+6
3回目:武力+6、弓兵の走射永続
4回目:武力+6、弓兵の走射永続、走射中の弓ダメージ+6
効果時間は8.3c、知力将器で8.9c、知力依存0.2c(Ver3.5.1A)

継往開来の呉軍版といった趣きで、継往開来同様に1試合で4回打つのが基本運用。
特技魅力や将器士気上昇を増やして早めに撃てるようにしておきたいところも同様。
3・4回目の追加効果が弓兵限定なので、デッキは弓兵の比率を上げておきたい。

ただし呉には馬謖のような士気上昇手段がないので、最終盤に士気3計略を使うまでの余力は作れない点に注意。
しかしそこまで手間と士気をかけても直接戦闘に寄与する追加効果は4回目以降と、3回目までは効果に見合っているとは言い難い。

特技を3つ持っていることから、計略を無視して才気煥発のスペック要員にするのも悪くない。
士気には見合わないものの、初回でもダメ押しに出来る程度の性能は持ち合わせている。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1A 効果時間延長 7.9c→8.3c
       範囲拡大
Ver.3.5.1B 範囲拡大


Menu

最新の20件

2021-05-16 2021-05-15 2021-05-14 2021-05-13

今日の20件

  • counter: 679
  • today: 2
  • yesterday: 6
  • online: 20