カードリスト:群雄 第3弾



SR高順(偏執)

武将名こうじゅん禁忌の罪
高順「呂布のそばが
  俺のたった一つの居場所だ・・・・・・」

呂布の配下。偏愛する呂布に裏切られ、高順が指揮していた兵は全て奪い取られ、呂布と縁戚関係にあった魏続に与えられたが、高順は呂布を恨むことは無かった。下邳の戦いで曹操に捕らえられた高順は呂布と共に処刑され、最期を迎えた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力5 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器速度上昇 征圧力上昇 突破術
計略偏執なる疾走武力と移動速度が上がり、槍の迎撃ダメージを受けなくなる。さらに最も武力の高い敵の方向に強制的に移動するようになり、隠密状態になる(敵から姿が見えなくなる。ただし敵部隊または敵城に近づくと姿が見えるようになる)
必要士気5
Illustration : 大野ツトムCharacter Voice : 村瀬歩


まさかのSRでの登場となった2枚目の高順。
モチーフは氏の作品である「斑丸ケイオス」の主人公・斑丸。二つ名の「禁忌の罪」は「神殺し」の事。
斑丸が裏切られても偏愛し追いかけた師匠は女性なのだが、これも高順にしてしまった弊害だろう。所謂SSQである。

群雄1.5コスト槍としては武力・知力ともに高く。これに勇猛も併せ持つ。
反動で征圧力は1だが、さすがにこれ以上を求めるのは欲張りだろう。むしろ計略を考慮するなら0の方が強かったくらいである。
将器は、計略を生かすならば乱戦での妨害を抜けやすい突破術・通常戦重視ならば征圧力上昇が第一候補。
元が槍である事に加え計略時の速度がかなり速い為、速度上昇は他と比べると相性は一枚劣る。

計略「偏執なる疾走」は隠密系の強化。
武力が+9・移動速度が3倍になり、更に迎撃ダメージを受けなくなる。加えて隠密化し相手に見えなくなる。
その代わり、相手の一番武力が高い武将に向かって突っ込んでいってしまう。
効果時間は10c(Ver.2.1.0D)。
なお、戦場から対象となる敵がいなくなった場合はその場で動けなくなってしまう。

槍にも関わらず迎撃されるレベルまで速度が上がるものの、迎撃ダメージを受けない為不意には止まらない。
迎撃される速度という事は馬すら逃がさない速度という事であり、
士気に対して高い武力上昇もあり相手の主力へプレッシャーをかける性能は高い。
但し敵との距離が離れていたり、他の部隊と乱戦をして速度が落ちればそれだけ逃げられやすくなってしまう。
また素の征圧力が0ではない事や高武力を自動で追うという性質から敵に居場所を知られやすい。
隠密については弓のターゲットにならない程度に考えよう。

とにかく場を荒らす能力の高い一枚。
士気差を作ったり、相手の足並を崩したりと群雄らしい消耗戦を相手に強いることができる。
但しこちらもカードの操作が不能になり、また相手の最大武力の変動にも律儀に反応してしまう為、
相手に動きをコントロールされかねない危険もある点にも注意したい。
他の難点としては相手部隊と1ミリのズレなくくっ付いてしまう為、完全に張り付いてしまうと相手の兵力が見えなくなってしまう位か。
ただ、この難点は、姜維の車輪ダメージを喰らわないというメリットもあるため、一長一短か。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 武力上昇値増加 +8→+9
       移動速度上昇値増加 2倍→2.3倍
Ver.2.1.0D 移動速度上昇値増加 2.3倍→3倍

UC公孫淵

武将名こうそんえん ぶんい燕王
公孫淵 文懿「俺が“燕”の王さまだーっ!」

公孫康の子で、叔父から遼東太守の座を奪った。魏に従いつつも呉に通じ、毋丘倹を撃退したことで「燕王」を名乗り独立を宣言。しかし司馬懿の前に歯が立たず、呉に援軍に行くも間に合わず落城。降伏を許されず打首獄門にされた。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力2 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 速度上昇 守城術
計略剛槍戦法武力と槍撃ダメージが上がる
必要士気3
Illustration : 伊藤未生Character Voice : 八代拓


旧作では多勢力の大号令という、人を非常に選ぶ号令を持っていた公孫淵が、今回は一族を引き連れ復活。
祖父・父と違いサンタ風味は薄いが、しっかりトナカイが一緒にいる。

武力は3・征圧も2と攻めでは好バランスだが、知力は2とやや低め。スペック要員としては申し分ない。
将器は攻撃力上昇があり、1コストながら相応の火力を出せる。

計略は汎用的な「剛槍戦法」。
汎用計略ながら守城術との相性は非常に高く、攻城ゲージと兵力をガリガリ削りとれる。
ただ張苞同様知力2のせいで5c程度しか持たない為、これに頼り過ぎるのも禁物。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

C公孫康

武将名こうそんこう
公孫康「良い贈り物があります。
  受け取っていただけますか?」

公孫度の子。遼東を父から受け継ぐと、その勢力を東に広げ、倭まで影響下に置いたという。曹操に敗北した袁尚らが頼ってくると、彼らを斬って曹操に首を送り、遼東を戦乱から守った。この功により、曹丕の代まで半独立状態を許された。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力3 知力4 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器知力上昇 士気上昇 同盟者
計略大車輪戦法武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う
必要士気4
Illustration : さいのすけCharacter Voice : 浜田洋平


袁煕と袁尚の死因でもある、公孫度の息子。
父親以上にサンタクロースの趣きどころか、最早完全にサンタクロース。
因みにイラストに描かれている贈り物の中身は袁煕と袁尚の…と考えない方が良いだろう。

群雄に追加された武力型の槍兵の1枚。
征圧力こそ1だが武力・知力のバランスがよく安定感があるスペック。
伏兵威力はさほどでもないが、脳筋の牽制ができるだけでも十分有用。
気になるなら知力上昇でフォローする事も可能である。
また同盟者の将器を持っているので、混色デッキでも採用がしやすいのがポイント。

計略は汎用の大車輪戦法。
武力+5、効果時間7.5c、知力将器で10c、知力依存0.8c(Ver.2.1.0D)
低コストの車輪が有効な場面はあまりないが、攻城・守城時に他のメンバーを騎馬の突撃から守る時などには役に立つ。
扱いやすさに優れるが、武力4の迷当大王や超絶対策ができる鄒氏などと比べると
明確な強みに欠けるため、やや独自性が薄いのが難点か。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +4→+5

R公孫度

武将名こうそんど しょうせい遼東王
公孫度 升済「北の果て、遼東の地より
    我が王国を広げん・・・・・・!」

最北東の地・遼東の太守。元は冀州刺史だったが、免官されると徐栄の推挙を受け、遼東に移った。遼東の名族を次々と滅ぼして基盤を固め、董卓死後は独立勢力を築いた。軍事力も高く、曹操から官職を与えられた後も「遼東王」を称したという。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力8 知力4 征圧力3
官職武官
特技攻城
将器突撃術 城門特攻 突破術
計略遼東王の威光味方の武力が徐々に上がる
必要士気7
Illustration : 一徳Character Voice : 速水奨


知る人ぞ知る遼東王(自称)が、三国志大戦初登場。
「こうそんたく」と読まれることもあるが、三国志大戦では「こうそんど」読みが採用された模様。
何故か遼東公孫家はサンタ風味で統一されている。しかも乗っているのは馬ではなくトナカイ。

武力・知力については特技:攻城があるとは言え2.5コストにしてほぼ2コスト並。
それを補う為か征圧力は3であり、騎兵なので征圧戦には強い。
将器はコスト比低めの戦闘力を補う突撃術が白兵では無難だが、計略効果時間が長めの為、城門特攻と計略の相性は良い。

計略「遼東王の威光」は号令版「呉下の阿蒙」と言えるもの。
計略発動時に武力が+2され、約1c毎に武力1が上がる。効果時間は11.7c、知力依存0.6c(Ver.2.5.1C)。
現状は武力が+12されたギリギリで効果が切れる。なお、城内にいる間は武力は上がらないので注意。
この系統のお約束と言う事か、知力上昇とは好相性。(陳宮を1度掛けた状態だと公孫度本人が武力23になった瞬間に終了。
約14c程。)

城内では武力が上がらない都合上、守城戦よりも攻めに向いた計略と言える。
但し士気7と言う重消費の上に、本人が魅力を持っていない為そうホイホイと撃てる計略ではない。
素で撃った場合割と微妙なタイミングで切れてしまう為、知力上昇系統とのコンボは狙っていきたいところ。

陳宮の効果時間が約31cに及ぶため、2度掛け(知力+10)、3度掛け(知力+15)も可3度掛けで武力+21まで上がるが合計士気16を使用する。(陳宮 Ver.2.1.0Dより知力上昇値増加 +4→+5)
士気・奥義の運用から兵力管理まで様々な点で高度な立ち回りが要求されるが、
うまく決まれば一気に落城まで持って行けるほどのポテンシャルはある。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0D 効果時間延長 10.8c→11.3c
Ver.2.1.0B 効果時間延長 11.3c→11.7c
Ver.2.5.1C 初期武力上昇値増加 +1→+2

UC樹機能

武将名じゅきのう
樹機能「禿髪族の由緒正しい髪型を
      笑う者は許さーん!」

禿髪族の長。涼州で反乱を起こし、胡烈・牽弘を討つも、文鴦らの討伐を受けて降伏。しかし再び涼州を占拠し、鉄甲の武装で晋軍を苦しめるが、馬隆の「強力な磁石で動きを止める」という奇策により敗北。10年に及ぶ反乱は収束した。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力1 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器地の利 城門特攻 守城術
計略重騎兵戦法武力が上がり、武力ダメージを軽減する。ただし移動速度が下がる
必要士気5
Illustration : 前河悠一Character Voice : 櫻井慎二朗


胡烈・牽弘を討ち、賈充や杜預までも震え上がらせた鮮卑・禿髪族の長。
…なのだが、禿髪と付いてしまったばっかりに見事なハゲ頭にされてしまった。
ちなみに彼が発する「ウォー」は「私」、「ニー」は「お前」の中国語である。

スペックは典型的な脳筋。その代わり征圧力2に勇猛まで備えている。
当たり前だが伏兵・ダメージ計略耐性は皆無。
将器はどれも騎兵として考えると微妙だが計略との相性から守城術が扱いやすいか。
他に有用な将器を所持している武将がいるなら枠を譲るのもアリだろう。

計略「重騎兵戦法」は超絶強化。
武力が+5に加え、自身が受ける武力ダメージを60%カットする。但し移動速度が0.5倍になる。
効果時間は7.1Cと知力1の割には結構持つ(Ver2.0.0A)。

士気5で武力+5は平凡だが、武力ダメージの軽減率はなかなか優秀。
ただし移動速度が下がってしまう為、騎馬としての突撃を行う事は不可能になってしまう。
つまり必然的に乱戦しか出来なくなるので、普通の騎馬の強化計略とは変わった運用が必須になる。

ちなみに史実通り馬隆の計略を喰らうと、計略中は悲しい位動けなくなる。

登場バージョン

Ver.2.0.0A


UC成宜

武将名せいぎ
成宜「正義の一撃、受けてみろっ!!」

馬超・韓遂と共に反乱を起こした武将。西涼の実力者であり、旗本八旗の一人として潼関の戦いで活躍した。しかし、賈詡の離間の計により馬超と韓遂が対立。西涼軍の連携が崩れた隙を突かれ、李堪らと共に戦死した。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力1 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器復活減少 速度上昇 突破術
計略完殺戦法武力が上がり、撃破した敵の復活時間が長くなる
必要士気4
Illustration : Daisuke IzukaCharacter Voice : 村瀬歩


旧作でも名前ネタで「正義」台詞が多かった成宜。
本作ではさらにぶっ飛んだ方向に進んで仮〇ライ〇ーになってしまった。ご丁寧にもイラストは完全にライ〇ーキック。
第3弾で追加された西涼出身の武将はみんなどこかおかしい…。

スペックはわかりやすい武力偏重。
群雄1.5コストの武力6槍では唯一の征圧2だが、知力は1なので伏兵やダメージ・妨害への耐性は皆無。
特技は勇猛があるので不意の一騎討ちには強め。
将器は復活減少が優秀。槍兵である事のみならず上記の通り死因が多い為、少しでも回転力が上がるのは好相性。

計略「完殺戦法」は変わった効果を持つ強化。
武力+5に加え、計略中に撃破した敵の復活カウントを+15秒してしまう。
但し知力1なので効果時間は5c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1C)。
成宜と敵部隊が接触していれば、倒すのは突撃だろうとダメ計だろうと問題ない。
とても正義っぽい計略ではないが、まあヒーローは敵怪人を完膚なきまでに叩き潰すから問題ない…のか?。

復活カウントを伸ばす事は単純に相手の攻めを挫く事になるので、効果自体は優秀。
ただ効果時間が短く、足の遅い槍兵なので狙っての撃破は難しい。
相手がメイン計略持ちやデッキ主力を落とせる時に、乱戦出来るようなら狙う、ぐらいの使い方になる。
あるいは退路遮断や、蛇蝎の秘術の1部隊掛けのような挑発計略で、強引に落とすのも状況によってはあり。

ただし復活カウントを減らす効果はともかく、五斗の米や挺身の身代わりなど、確定で復活させる計略には無力なので注意。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D 復活時間延長値増加 +10秒→+15秒
Ver.2.5.1C 武力上昇値増加 +4→+5

SR董白(白の戯れ)

武将名とうはく幼き暴君
董白「おもちゃになるか、打ち首か・・・・・・
         どっちがいい?」

魔王・董卓の孫娘。祖父から非常に可愛がられ、董卓が朝廷を牛耳り専横を始めると、成人前にもかかわらず領地を与えられ、何不自由ない暮らしを送った。董卓の権勢を畏れる人々を多く引き連れ、闊歩したといわれる。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力2 知力5 征圧力1
官職-
特技魅力
将器知力上昇 征圧力上昇 士気上昇
計略白の戯れ【岐略】(計略発動直後にを押す事で追加効果を選択できる)
敵の武力を下げる。
緋略>さらに計略の必要士気を上げる。ただし12より多くならない
蒼略>さらに城内での兵力回復速度を下げる
必要士気5
Illustration : 卵の黄身Character Voice : 上田麗奈


今作初の通常排出となる董白は新要素の岐略を持って参戦。

スペックは2/5と1コスト騎兵としては及第点。
将器は妨害計略と好相性な知力上昇・単純に塗り要員としての性能を高める征圧力上昇と優秀。

計略「白の戯れ」はVer.2.0.0A現在では群雄唯一の岐略。
武力−3が基本効果で、追加の効果を選択する形になる。範囲はそこそこ広め。
緋略は、対象の武将の計略の必要士気を+2させる効果。
ただし12より多くはならないため、腕立豪雨や王者の決断には効果がない。
蒼略使用時は城内の回復速度を下げる。
兵力が3%回復するのに0.5cかかるようになり、およそ通常時の3分の1以下となる。
計略内容の関係か、緋と蒼で効果時間が異なり、
緋略の場合は、知力1に約8cで同知力に対しては6.3c
蒼略の場合は、知力1に約14cで知力10には約10.5c(Ver.2.5.0A)

緋略の必要士気を上げる効果は強烈で、相手の試合プランをかき乱す事ができる。
武力低下値は−3止まりだが、局面を凌ぐには十分な弱体化となるため相手は士気効率の悪い計略・法具or後退の2択を迫られる。
一方で相手が先に計略を使ってきた場合は、これだけでいなすのは厳しい。
戦場にいるだけで先打ちをある程度強要できる封印の計のような側面もある。

ただ緋略は非常に嫌な計略だが弱点がないわけではない。
前述のとおり先撃ち状態になる長時間号令には弱く、相手に裏の手があるようなデッキにもやや弱い。
そのようなデッキの場合、メイン、サブ両方のカードを同時に範囲に巻き込まなければ相手の対抗策は残ってしまい
相手が素の状態で計略を使えれば単に士気効率の悪い妨害を撃っただけになってしまう。
効果範囲があまり広くないため、裏の手があるデッキでこのカードを相手にした場合は
メイン計略持ち、サブ計略持ちのカードの距離に気を付けるだけである程度対策できる。
使う側は相手のデッキの怖い計略持ちを全て巻き込むつもりで使わなければ逆に士気効率が悪く、苦しくなるので注意。

蒼略の効果も強烈で、城内ローテをほぼ無力化することができる。
また計略時間がかなり長いので、一度相手が城内に引いたとしても中々回復させず、相手の態勢を崩すことができる。
単純に相手を帰城させずに殲滅するだけならば、一枚目の自身が持つ退路遮断の方が士気も少なく使いやすいが、
武力低下を伴う点や、範囲の広さ等の差異が大きいため、差別化は可能。
妨害計略としては効果時間も長めなので、割り切って単純な長めの妨害計略として使えないこともない。

武力低下値は必要士気に不相応で低く、これ一本で戦うのは厳しい。
しかし、どんなデッキにも入りやすい1コス魅力騎馬が持つ計略としては十分すぎるほどの効果で、デッキに仕込んでおけば便利な裏の手として機能してくれる。
混色でも有効な一枚なので、活躍の場は色々と模索できるだろう。

効果時間の目安 緋略(Ver.2.5.0A)

知力 自身\相手12345678910
57.9c7.7c7.4c7.1c6.3c5.4c5.1c4.8c4.6c4.4c
88.5c8.3c8.2c7.9c7.7c7.4c7.1c6.3c5.4c5.1c


蒼略

知力 自身\相手12345678910
514.2c14c13.7c13.3c12.5c11.7c11.3c11c10.8c10.6c
814.7c14.5c14.4c14.2c14c13.7c13.3c12.5c11.7c11.3c


登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 蒼略 城内回復速度低下値増加
Ver.2.0.0D 範囲縮小
Ver.2.1.0D 範囲拡大
Ver.2.5.0A 緋略 効果時間短縮

SR龐徳(烈風撃)

武将名ほうとく れいめい錦の同胞
龐徳 令明「孟起殿、
 雑兵どもはオレに任せて駆けろ!」

馬騰に仕え、軍中随一の猛将と称された。馬騰が謀殺されると、馬超に従って戦いに臨み、曹操軍を苦しめた。その後も馬超と共に曹操軍と幾度も戦ったが、漢中に落ち延びた馬超が劉備の元に降った時に袂を分かち、後に曹操に仕えた。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力8 知力5 征圧力1
官職武官
特技-
将器突撃術 速度上昇 迅速攻城
計略西涼烈風撃敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気8
Illustration : 西野幸治Character Voice : 杉田智和


魏の鉄板騎馬が群雄にやってきた。というより魏に降る前の若かりし頃といったところか。
彼の場合、シリーズを通して、なぜか魏に降る前の若かりし頃のほうが知力が高いことが多かったが、
今回は、魏で弓を持った自分と同性能である。
(もっとも、馬に乗っている自分と比較すると、やはり降った後のほうが知力が低くなるが…)

スペックは2コスト騎馬としては最高峰。但し特技は無い。
似たスペックに閻行がいるが、あちらは将器が固定に対しこちらは騎馬と好相性な将器を二つ持つ。
特に速度上昇は計略のコンセプトとも合うため使いやすい。
第3弾で追加された迅速攻城を持っているが元々低い騎馬の攻城力が更に低下するため良し悪し。

計略は自分中心円の範囲内全ての敵に武力差ダメージを与える衝撃波動。
範囲は広めで、戦場の約4分の1程度の広さがある。
威力も高く武力3は確殺、武力8でも半分ほど消し飛ぶ。
本人が高武力騎馬であり位置取りは比較的楽。
半数以上を巻き込めればまず半壊させる事が可能である。
積極的に使うべきは計略の性質上低武力が多く入るタイプのデッキ。特に舞デッキには非常に強い。

欠点は武力の増減と士気8という士気の重さ。
相手の武力上昇とこちらの武力減少のどちらが来ても、計略の効果は激減してしまう。
出来れば先出しで計略を使いたいが、士気8は非常に重い。
敵を大多数巻き込んでも後出しの号令や超絶強化で痛み分けに終わると確実に士気差が付いてしまう。
特に再起(宝具)で凌がれると最悪で、士気差8の万全なカウンターという恐ろしい展開が待っている。安易な使用は厳禁。

この計略の真価は、広範囲計略のプレッシャーを利用して相手の散開と計略の先出しを強要できる点にある。
武力8を押し付けて、散開されれば各個撃破し、先出し計略が来れば機動力を活かして逃げ、少人数で対応してくれば征圧戦に持ち込める。
大型計略ではあるが、この計略で殲滅するのではなく駆け引きの一因の裏の手として運用するといい仕事をしてくれる。
裏の手の計略要員は戦闘力が低めなカードが多いが、本人がコスト比最高クラスの戦闘力を持っているのが頼もしい。
メインでは安定しないが、スペック・計略共に強力な頼れるカードといえるだろう。

ダメージの目安

相手武力12345678910
ダメージ26014010080686054.35046.744

登場バージョン

Ver.2.0.0A

R木鹿大王

武将名ぼくろくだいおう八納洞主
木鹿大王「かわいいかわいい猛獣たち、
    エサがやって来たぜー!」

南蛮の八納洞の支配者。かつて孟獲と敵対していたが、蜀の脅威を前に結託。象や猛獣を使役し、風雨を操る妖術を用い、蜀軍を大いに苦しめた。しかし諸葛亮が発明した木獣兵器を前に猛獣たちが混乱。その隙を突かれ、討ち取られた。
コスト2.0
兵種象兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技勇猛
将器地の利 攻城術 弾き強化
計略蛮族の大号令群雄の味方の武力が上がる。この効果は対象の味方の征圧力が低いほど大きい。さらに効果中に撤退すると復活時間が減少する
必要士気7
Illustration : 仙田聡Character Voice : 益山武明


遂に木鹿大王が大戦に帰って来た。
相変わらず名前ネタで鹿角兜をかぶってしまっている。

南蛮らしく武力偏重だが、知力は最低限の3を確保している。
征圧は1しかないが、後述の計略を考えると決して悪くはない。
高武力である為勇猛持ちも嬉しく、号令持ちであることも考えると十分に良好なスペックと言える。
将器は象兵として活かすなら弾き強化、計略で押し切るなら攻城術か。

計略「蛮族の大号令」は少し変わった群雄限定号令。
群雄の味方の武力が(7-それぞれの征圧力)だけ上がる。更に効果時間中に撤退しても復活時間が20秒短縮される。
効果時間は7.1c(Ver.2.1.0D)とやや短め。

計略の都合上、征圧力の低い味方程計略の恩恵を受けやすい。
特に群雄勢力はオーバースペックが祟って征圧力が低い武将も少なくない為、大いに効果を発揮しやすい。
一応、征圧力が2でも+5となかなかの武力上昇が得られる為、低征圧に拘り過ぎなくても問題ではない。
とはいえ、あまり多すぎても士気効率が悪い号令にしかならないので、号令を生かすなら征圧2以上のカードは1,2枚に留めた方が無難か。

むしろこの計略の問題は計略台詞の如く効果範囲が号令としては異常なまでに狭い事。。
何と効果範囲は縦3マス横5マス(Ver.2.1.0D時点)と、号令計略でもトップクラスの狭さを誇る。
一般的な5枚デッキだと、横に密集して並んで何とか全員入るかどうかという程度。
当然、そんな密集状態なのでダメ計や妨害の餌食になり易く、低知力が多い群雄という勢力にとっては割と致命的。
計略使用後であれば復活時間は減少するとはいえ、過信することはできない。
ましてや、こちらが計略を使う前に喰らえば再起でも無い限り、落城コースが見えてしまう。

号令の効果自体は強力なのだが、相手のデッキとの相性がとにかく出るカード。
別の手を仕込んで、相手にダメ計が居る場合は、そちらをメインに戦う事も考えてデッキ構築をしたい。
幸い自身のスペックは優秀なので、スペック要員としての採用が主になるか。

Ver.2.0.0Cでは復活時間の減少が5秒から10秒に延長された。
…しかし、範囲は据え置きだった為「そこじゃない」とツッコまれたのはは言うまでもない。
そしてVer.2.0.1Bでは今度は効果時間が1秒伸びた。もう意地でも効果範囲を広げないつもりなのだろうか…。
そしてVer.2.1.0Dでは効果時間・復活時間減少値が上方修正され強力に…と思いきやただでさえ狭い範囲が更に小さくなった
彼も甘寧や紀霊同様、公式に遊ばれていくのだろうか…。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 復活時間短縮値増加 -5秒→-10秒
Ver.2.0.1B 効果時間延長 6.3c→6.7c
Ver.2.1.0D 効果時間延長 6.7c→7.1c
       範囲縮小
       復活時間短縮値増加 -10秒→-20秒

UC迷当大王

武将名めいとうだいおう
迷当大王「俺は強い者の味方だ!
  今から魏に味方するぞ!」

羌族の王。姜維の要請を受け、北伐に呼応して魏を攻撃するも、陳泰の偽降によって羌軍は壊滅。捕らえられて魏軍に降伏した。降伏後は郭淮の指示に従い、姜維を奇襲して大打撃を与えたが、その戦いの最中に魏軍によって殺されたという。
コスト1.0
兵種槍兵
能力武力4 知力1 征圧力0
官職武官
特技攻城
将器城門特攻 攻城術 迅速攻城
計略強化戦法武力が上がる
必要士気4
Illustration : いちげんCharacter Voice : 櫻井慎二朗


演義では「羌族の王」、正史(三国志『郭淮伝』)では「羌族の首領」として記されている人物。
因みに正史では「迷当」という名で記載されている。

群雄勢力にとっては待望のコスト1武力4の槍兵。
さらに特技攻城に加えて将器も攻城関連のものが揃っており、完全に城攻めに特化している。
その代わり知力1・征圧力0・計略が強化戦法と弱点もハッキリしているので、
彼の強みを最大限に生かせる構成にしたいところ。

登場バージョン

Ver.2.0.0A


C李堪

武将名りかん
李堪「HAHAHA!
 涼州のPeaceはミーが守るネ!」

西涼の武将で、旗本八旗の一人。馬超の呼びかけに呼応し、韓遂と共に反乱に参加した。離間の計により韓遂と馬超が敵対すると、韓遂と共に曹操に降ろうと考えるが、事が露見。馬超に追われた際、于禁に誤射されて倒れた。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力3 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器捕縛術 攻城術 守城術
計略JUMP戦法【飛翔】(使用すると計略範囲に跳躍する。跳躍中は計略対象にならない)
武力と移動速度と兵力が上がる。さらに飛翔効果終了時、範囲内の敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気5
Illustration : 松野トンジCharacter Voice : 堀内賢雄


旗本八旗の最後の一人、李堪が大戦初登場。これにより、旗本八旗は全員が三国志大戦シリーズに参戦したことになる。
…が、何故か某アメコミや某英雄漫画に出てきそうな外見にされてしまった。
そして、台詞は何故か英語だらけでまさにアメ李堪。中国人とは一体…。
しかもCVは吹き替え界の超大御所・堀内賢雄氏。声優の無駄遣い過ぎる。

スペックだが、歩兵である事を差し引いても3/5/2に加えて勇猛持ちはかなり優秀。
将器は敵を捕まえ(捕縛術)、敵のアジトを壊滅させ(攻城術)、街を守る(守城術)と言う事なのだろうか。
歩兵である事を考えると攻城術を優先すべきだが、計略と好相性な捕縛術も悪くはない。

計略もこれまた何故か横文字の超絶強化「JUMP戦法」。
その中身はやたら豪華であり、武力+12・移動速度3倍・兵力25%回復と物凄い事になっている。
更に【飛翔】まで付いており、計略発動時に言葉通りJUMPして、着地時に武力ダメージを与える。要はプチ天下無双・飛。
三国志大戦では馬が飛び、象が飛んできたが、遂に人が飛んでしまった
但し効果時間は3.8c(知力依存0.4c)とこれまた無双・飛並みの短さ。

基本的には武力依存のダメージ計略と似たような使い方となる。
飛翔ダメージは意外と威力が高いため、(なるべく武力が低い敵に)ジャンプで削って乱戦でトドメをさすといった形。
防柵も飛び越えられるので舞い計略にはメタとなる威力を持つ。

JUMPした後武力15の3倍速が走り回るとして、忘れてはいけないのは1コス歩兵であること。
兵種アクションは無いので殲滅力は皆無な上に、そのまま攻城するにしても大したダメージにならない。
じゃあ防衛に…と言うと、飛んでる間は敵の攻城ゲージが増えてしまう事と効果時間の短さから
士気に見合った戦果を出すのは難しい。
計略が有効な場面はそれなりに限られるだろう。

呂布ワラなど他の武将を1コスト帯しか仕込めないデッキにおける万が一での防衛役、場荒らし役などの役目はあるか。
また移動速度が大幅に上がる点と捕縛術との相性が良く、敵の騎馬を強引に捕まえる運用も有り。

計略を考えず攻城術で端攻城要員…と言うと、群雄の低コストは激戦区であり、
歩兵に限っても武力では張梁、同じ武力征圧力にして竜巻を起こせる張姜子という存在が大きく立ちはだかる。

1コスト単独で武力15になれるという点を活かして弓呂布と組み合わせることも考えられる。
武力15というのは弓呂布の覚醒条件を満たしているからだ。
1コストを斬るだけで覚醒すると考えれば、弓呂布の相方としては一考の価値があるかもしれない。
しかし士気10コンボになることや、残りの部隊は城内にいるか撤退している事がほぼ必須なため難儀ではあるが…

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 武力上昇値増加 +9→+10
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +10→+12

C梁興

武将名りょうこう
梁興「どけどけぇ!どけどけぇ!
  誰もオレを止めらんねえ!!」

馬超・韓遂と共に反乱を起こした武将。5千の兵を率い、先陣を切って徐晃の部隊と戦った。馬超らが離間の計により敗北した後も、近隣で略奪を行い、抵抗を続けた。しかし徐々に追い込まれ、最期は夏侯淵によって斬られた。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職武官
特技復活
将器速度上昇 攻城術 突破術
計略孤立無援武力と征圧力が上がる。ただし味方の計略対象にならなくなる
必要士気4
Illustration : ジョージCharacter Voice : 関智一


旧作では何故か某世紀末救世主伝説の雑魚敵みたいな見た目だった梁興。
本作ではリカクシと被るのでさすがに変わる…かと思いきや大して変わらないまま復活してきた。

群雄では貴重な1.5コス武力6騎馬。
馬岱と違い知力1だが復活を持っているのがセールスポイント。ただし、後述の計略とは若干噛み合わせが悪い。
将器は全て彼のキャラを表すが如く突っ込み特化。無難に速度上昇が好相性だろう。

計略「孤立無援」は、武力が+3、征圧力が+1され味方計略の対象にならなくなるもの。効果時間はまさかの永続(Ver.2.5.1C)。
征圧力が上がる代わりに味方の計略対象にならなくなる「魏武の強兵」だが、消費士気が4と若干重い点に注意したい。
また、追加効果の「"味方"の計略対象にならない」というのが曲者。
各種号令の効果を全く受けられなくなるため、号令デッキで採用するのは不向きな他、投げ計略や舞の効果も受ける事ができない。

反面、味方のデメリット効果を受けないという利点にもなる。
とは言え、味方にデメリット効果を与える計略はあまり多くない為、その用法は限られる。
一番分かりやすい使い方は、戦場の自軍全員を撤退させてしまう魔人呂布との組み合わせとなるだろう。
計略使用による部隊減少による手数減少をカバーする事が出来る為、攻守両面で相性が良い。
当たり前だが一人斬らなくなる分武力上昇値が下がる点には気を付けたい。

なお、何故か荀灌の計略の士気不足による(荀灌以外の)味方全滅の効果はきっちり対象になる

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.1B 武力上昇値増加 +3→+4
Ver.2.5.1C 効果時間延長 40c→永続
       武力上昇値減少 +4→+3

LE呂布(人形劇)

武将名りょふ ほうせん人形劇「三国志」
呂布 奉先「数百万の軍勢にも必ずや勝つ!
  それが呂布奉先の道なのだ!!」

川本喜八郎 人形劇「三国志」
名馬・赤兎を駆り武勇を振るった猛将。その武勇は当時の中華に並ぶ者は無かったという。董卓配下だった頃に都で対峙して以来、劉備・曹操との因縁は深く、たびたび二人を窮地に追い詰めた。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力10 知力1 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器攻撃力上昇 兵力上昇 突撃術
計略天下無双・飛【飛翔】(使用すると計略範囲に跳躍する。跳躍中は計略対象にならない)
武力と移動速度と兵力が上がる。さらに飛翔効果終了時、範囲内の敵に衝撃によるダメージを与える。ダメージは互いの武力で上下する
必要士気7
Illustration : 人形美術家 川本喜八郎・川本プロダクションCharacter Voice : 子安武人


人形劇三国志から呂布が登場。
第1弾の呂布のコンパチ。コンパチ元となったカードと将器は一緒だが、副将器が必ず揃う。

コンパチブル武将

Ver.1.0.0 SR呂布(天下無双・飛)
Ver.1.1.5B EX(LE)呂布(復刻武将)

登場バージョン

Ver.2.0.0A

R呂布(魔人降臨)

武将名りょふ ほうせん戦乱の魔人
呂布 奉先「大地を制し・・・・・・
  天をもむしり取るッ!!」

天下で一二を争う戦闘力を持つ武将であったが、主君・董卓との不和から彼を殺し、その後は誰にも仕えずに中原を放浪する身となった。それでもなお、呂布は曹操や劉備といった英雄との戦いに身を投じ、最期までその名を天下に轟かせた。
コスト3.0
兵種弓兵
能力武力10 知力1 征圧力4
官職武官
特技防柵 勇猛
将器攻撃力上昇 遠弓術 募兵
計略魔人降臨戦場にいる味方が全て撤退し、撤退した味方の武力が高いほど自身の武力が上がる。一定以上武力が上がると、射程距離が上がり、矢を当てている敵の移動速度を下げ、撃破した敵の周囲が自軍の征圧領域になる
必要士気5
Illustration : 真島ヒロCharacter Voice : 竹内良太


実に「2」以来の登場となる弓呂布。絵師である真島ヒロ氏は旧作でもお馴染み。
漫画家コラボで今回のモデルは不明だが、『フェアリーテイル』のエルフマンが有力。

呂布らしく武力10・知力1の超武力偏重かつ、群雄では全シリーズ初のコスト3弓。
加えて勇猛だけではなく、自身の兵種との相性も良い防柵まで自前で準備できる豪勢っぷり。
弓兵にして征圧力も4あるが、総征圧力にしか活きないと取るか、塗り直しにも十分活かせると取るかは君主次第だろう。
将器も全体的に弓兵と好相性であり、どれを採用しても一定の活躍が見込める。

計略「魔人降臨」は超絶強化の一種。
戦場にいる呂布以外の味方全員が撤退し、撤退した武将の総武力+2だけ武力が上がる。
撤退武将の合計武力が12以上(本人の武力+14以上)で射程が伸び、相手の移動速度を下げ、撃破すると周囲を征圧領域に変える。
効果時間は5.8c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1C)。

端的に書けば麻痺矢戦法+川賊の破弓である。
撃破時の征圧範囲は撤退武将の撤退位置から半径4マスほどの円。射程は2倍程度。
麻痺矢効果は天下無双・飛中の呂布が走れなくなるほどの効果。


味方の武力は撤退時の物がそのまま参照される為、計略で上がった武力もそのまま得られる。
やろうと思えば武力30台、下手すれば40台に至るのも難しくない。
群雄は低士気で高武力を得られる武将が多い為、比較的高武力を狙いやすいのが利点。
混色でも高武力を生み出す事も可能だが、最大士気の壁がある為フォローが必要。

もっとも追加効果を得る際には武力24が保証されているため、必ずしも極端な高武力にこだわる必要はない。
群雄では特に馬騰と相性が良く、復活将器の存在と復活計略が低知力の呂布と噛み合っている。
斬られる役としては、呂布が弓と言う事もあり残り3コストを均等に復活槍で補うのが人気。

基本的には相手の迎撃や、充実した追加効果を活用した殲滅の為に使う事になる。
効果の高い号令の抑制にもなり、更に射程上昇もあってダメージ・妨害計略の射程から逃げやすい。
その上で超高武力の射撃を押し付けられるのだから、相手としてはたまったものではないだろう。

欠点は知力ダメージ計略もそうだが、雲散は特に大敵。
味方を粗方切った上で強化する為雲散されると撤退のリスクだけが重く伸し掛かる。
また効果時間も割と絶妙すぎる部類であり、この武力で攻城しようにも守城弓一つで攻城は間に合わなくなる。
他には、味方が武力低下を食らうと自身の計略にモロに影響が出てしまうのも短所。

また、割と城際防衛には不向き。
前述の通り味方を斬ってしまい手数が確実に減り計略にも複数部隊攻撃の効果が無い為、「点」は守れても「面」の攻めは守れない。
幸い城内の味方は斬らないのだが、この点をよく考えなければ自分から不利に走る事になるので注意。

ただ、素武力10もあって伝授系だけでも十分場を荒らせ、弓マウントで攻城も狙える。
計略もそうだがこのスペックをどう生かすかも、プレイヤーのセンスが出る。
計略の性質上、再起の法でも選ばない限り連打はできない。
気軽に打てる計略と言うわけではない為、他の決定打になる裏の手をしっかり仕込んだ方が良い。
呂布の計略をただ押し付けるだけではなく、味方でどれだけフォローするかが真価の発揮どころと言えるだろう。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 効果時間延長 5.8c→6.3c
Ver.2.5.0A 効果時間短縮 6.3c→5.4c
Ver.2.5.1C 効果時間延長 5.4c→5.8c

UC閻圃

武将名えんほ
閻圃「これだけ米があれば
   民も餓えずに済むでしょう」

張魯の参謀で、漢中の支配を治政と外交で大いに支えた重臣。曹操が漢中侵攻を始めると、慌てる張魯を励まして一戦交えるように助言した。これが功を奏し、張魯と閻圃は降伏後に曹操から高く評価され、官職と領地を与えられた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力4 知力7 征圧力2
官職文官
特技伏兵 防柵
将器遠弓術 征圧力上昇 守城術
計略完殺の計敵の武力を下げ、効果中に撤退した敵の復活時間が長くなる
必要士気5
Illustration : 鹿澄ハルCharacter Voice : 江越彬紀


五斗米道の功臣が帰って来た。

スペックはやはり文官らしくやや知力寄り。そして通算5枚目となる伏兵・防柵の同時所持武将である。
やはり初期の防柵配置のせいである程度場所が悟られてしまうのが困りもの。
自身が1.5コストという事もあるため、早々に踏ませて戦闘に参加してしまうのも1つの手。
戦闘面ではあまり期待はできないものの将器で守城術を持っているのは嬉しい。
ちなみに、同じ特技複合の中では唯一将器に防柵強化が無い。

計略の完殺の計は武力低下と効果中の敵を撤退させることで復活時間を延長させることが出来る。
武力低下は-4。範囲は戦場4分の1ほどの前方円と広く敵をまとめて範囲に収めるのは難しくない。
知力7に10.8c、知力依存は低めで知力1に11.8c、知力10に10.1c。復活時間は+15秒(Ver.2.5.1D)

その計略の特性上攻めで使ってもやや効果が薄く、守りで真価を発揮する妨害である。
ただしこれ単体では武力-4と少々力不足なので、他の計略を重ねたりで効果時間中に迅速に敵を排除する必要がある。
復活延長は重複するため2度がけも有効。武力-8・復活時間+30秒はまともに決まれば必殺級の威力である。

効果時間の目安(Ver.2.5.1D)

相手知力12345678910
効果時間11.8c11.8c11.7c11.5c11.4c11.3c10.8c10.4c10.3c10.1c


登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 効果時間延長
Ver.2.5.1B 武力低下値増加 -3→-4
Ver.2.5.1D 効果時間延長
       範囲拡大


R俄何焼戈

武将名がかしょうか
俄何焼戈「我らには勝てぬ、降るがよい」

羌族の将。迷当大王の命を受け、蜀の援軍として魏と戦う。しかし陳泰の謀略によって落とし穴へ誘い込まれ、逃げられぬと悟ると自ら命を絶った。正史では「俄何」と「焼戈」という二人の人物であったが、三国志演義では一人に合体された。
コスト2.5
兵種槍兵
能力武力9 知力3 征圧力1
官職武官
特技勇猛 復活 攻城
将器攻撃力上昇 征圧力上昇 迅速攻城
計略二魂合身武力が上がる。征圧領域が均衡の間、さらに武力と知力と移動速度が上がる
必要士気5
Illustration : 松野トンジCharacter Voice : 益山武明


旧作では覚醒持ち歩兵と言う変わったスペックで登場した羌族の将。
今作では元が「俄何」と「焼戈」と言う二人の人物であるせいか本当に二人が合体したような外見に。
決して某格闘ゲームのラスボスではない。
ちなみに本当に人格も二つある様子で、台詞では明らかに途中でテンションが変わる。

本作では槍兵だが、コスト比高武力にして特技3つ持ちととんでもないスペック。
一騎討ちに強い勇猛・機動力が無いのであると助かる復活・ただでさえ高い攻城力を更に引き上げる攻城。
…と無駄のない特技構成だが、一方で知力は3止まりで征圧力も1。これは仕方ないだろう。
本人が攻城持ちかつ将器も攻撃力上昇・迅速攻城なので必然的に城殴り軸のデッキに採用する事になる。
下記の計略を活かすならば下手に優勢を取れない為、征圧力1ながら征圧力上昇の将器の優先度は低い。

計略「二魂合身」は変わった超絶強化。
通常は武力が+4されるだけだが、征圧領域が均衡の場合更に武力+4・知力+4され、移動速度が1.7倍になる。
効果時間は9.6c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1B)。

計略で注意すべきは発動時参照ではない点で、計略時間中でも優勢・劣勢になるとたちどころに追加効果を失う。
追加効果が無いと士気5の劣化強化戦法となるため、計略時間中は征圧領域を均衡で維持する立ち回りが肝心。
デッキ構築段階で総征圧力を吟味する必要もあるだろう。
幸い群雄は征圧力3以上が計略に癖のある貂蝉(傾国)とコストが重い槍董卓・公孫度・弓呂布だけである為、
余程下手な構成にしなければ開幕時点で優勢間近になる事はない。

とは言え、一般的なデッキでは攻防時に優勢か劣勢のいずれかになるためなかなか扱いづらい。
優勢時は樊稠や於夫羅の計略である程度調整できる為使いようはある。
反面劣勢時の防戦になると厳しい。内乱リセットからカウンター気味に使って荒らすくらいだろうか。
いずれにせよ均衡を維持するという制約の割には計略のコストパフォーマンスが悪いため、
その尖りきったスペックをうまく使うことに重きを置いた方がいい。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 効果時間延長 9.2c→9.6c
Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +3→+4
Ver.2.5.1B 移動速度上昇値増加 1.5倍→1.7倍

C軻比能

武将名かひのう
軻比能「鮮卑の色で、中華を染めてやる!」

鮮卑の王。小部族の生まれながら、武勇と人柄で王に推戴された。戦乱から逃れてきた漢の人々を受け入れ、文化や軍略を学んだという。後に烏丸と協力して漢に攻め入るも、曹彰に敗北。以降は魏に恭順したが、たびたび叛き討伐された。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技防柵 復活
将器遠弓術 防柵強化 地の利
計略完殺戦法武力が上がり、撃破した敵の復活時間が長くなる
必要士気4
Illustration : セツCharacter Voice : 櫻井慎二朗


三国時代ではまだ目立った活躍が少ない鮮卑。その王が大戦初登場。

スペックは数値は2コストとしては平均レベル。とは言え、群雄では割と珍しい穴の少ない数値である。
特筆すべきは復活と柵を兼ね備えながらコスト比低武力を免れている事。
実はVer2.5.1C現在、特技復活と防柵両方を兼ね備えた唯一の武将。
併せて群雄にありがちな知力や征圧力が犠牲になっているということもなく、総合的にみてかなり良好なスペック。
復活が弓や柵とは若干ミスマッチ気味であるが、勿論無いよりはあったほうがいいので素直に喜んでおこう。
将器は余程の事が無い限り、計略とも好相性な遠弓術が優先されるだろう。

計略「完殺戦法」は成宜が持つものと同じ自己強化計略。
武力+5と計略中に敵を撃破すると復活カウントを+15秒するというもの。
効果時間8.3c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1C)。
成宜と違い知力5ある為、並の単体強化程度の効果時間はある。

兵種が弓であることや知力差からくる効果時間の長さなどを考えると使い勝手はこちらのほうが上。
相手の足並みを崩して荒らす展開に持っていける計略だが、
単純な戦闘力強化としては強化戦法より少し強い程度のため、号令や超絶強化と正面から対抗する力はない。
デッキ相性などに大きく左右されるため、主軸に据えるというよりも選択肢の一つ程度に考えておくのが無難だろう。

活躍できるポテンシャルは備えているものの、現状では相性の良いデッキが見つからず採用率は奮っていない。
群雄2コストとしては他兵種含めて唯一の防柵持ちであるなど他に無い強みは十分備えているため、今後のデッキ開発に期待か。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D 復活時間延長値増加 +10秒→+15秒
Ver.2.5.1C 武力上昇値増加 +4→+5

C韓暹

武将名かんせん白波賊頭領
韓暹「この一撃で
  星になっちまえ!!」

黄巾の乱に乗じて各地を荒らした白波賊の頭領。献帝の長安脱出で護衛を務め、大将軍となるも、身勝手な人事を行い追放された。その後は袁術に仕えるも呂布軍に寝返って戦果を挙げたが、略奪を繰り返したため、劉備に討伐された。
コスト2.0
兵種歩兵
能力武力8 知力1 征圧力1
官職武官
特技勇猛 復活
将器攻撃力上昇 城門特攻 迅速攻城
計略空拳の号令味方の歩兵の武力が上がる
必要士気6
Illustration : じんてつCharacter Voice : 伊原正明


実に賊と言わんばかりの逸話ばかり残る白波賊の頭領が大戦初登場。
…なのだが、その見た目は完全にス○ン・ハ○セン。ご丁寧にもイラストはウエ○タン・ラリ○ットである。

スペックは武力8だが残りは1と言う極端さ。おまけに歩兵。
一応、勇猛・復活の2特技を持つ為回転力や一騎討ちによる大物喰い性能は悪くない。
将器は実に城攻めパワー重視。実は現状唯一の迅速攻城持ちの歩兵。

計略「空拳の号令」は何と過去作であしたの夏候惇が持っていた歩兵限定号令。
範囲内の歩兵の武力が+6される。効果時間7.1c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)

同じ士気6の英傑号令と比較すると武力上昇が大きい分効果時間が短い形となる。
こちらは兵種アクションのない歩兵なので、号令の撃ち合いとなった時は工夫が必要となるだろう。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0D 効果時間延長 6.7c→7.1c
Ver.2.5.1B 範囲拡大

R丘力居

武将名きゅうりききょ烏丸大人
丘力居「侵すべきか、従うべきか・・・・・・
      汝の力、見定めよう」

烏丸の大人(酋長)。5千を超える集落を治め、漢の衰退と共に勢力を広げていった。しかし劉虞が幽州に赴任すると、その人徳に動かされ、恭順の意を示した。公孫瓚の度重なる妨害にも揺れず、劉虞と烏丸は良好な関係を保ったという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力1 征圧力1
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 攻城術 募兵
計略烏丸の侵攻武力が上がり、隠密状態になる。(敵から姿が見えなくなる。ただし敵部隊または敵城に近づくと姿が見えるようになる)ただし征圧力が下がり、城に戻れなくなる。敵軍の征圧領域にいる間さらに武力が上がる
必要士気5
Illustration : 長澤真Character Voice : 村瀬歩


烏丸の酋長がカラスのイメージで参戦。ちなみに蹋頓は甥。

通算3枚目になる群雄の武力6弓。全員特技持ちだが、彼の場合は攻城。知力は他2枚と同じく最低値の1。
征圧力も同じく1だが、弓兵の上に丘力居の場合は自身の計略で征圧力を下げてしまう為、
総征圧さえ問題なければあまり気にしなくていい。
将器は弓兵や計略との相性がいい物が揃っており、どれを選んでも活躍が見込める。

計略「烏丸の侵攻」は長時間の超絶強化。
武力が+3・征圧力が-10され隠密状態になる代わりに帰城不可になってしまう。
その代わり敵征圧範囲にいる場合は更に武力+5(合計+8)される。
効果時間は30c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)

最大武力14の隠密弓のプレッシャーは相当だが、最大効果を発揮するには敵陣での行動が必須。
いくら高武力と言えほぼ無防備な上また城に戻れなくなる為、計略時間の30cをフルに有効活用するには工夫が必要。
また当然自軍が征圧優勢になればなるほど武力上昇は低くなりがちなので、
征圧戦前提のデッキはもとより、普通の号令デッキでもなかなか活用は難しい。
一方で、敵制圧領域に塗り替えてしまう樊稠於夫羅とは好相性。

ライバルはやはりスペックが似通った魅力持ちの貂蝉・復活持ちの李傕だろう。
極端に優劣をつけられているわけではない為、デッキに合う方を選ぶと良い。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 武力上昇値増加 +2/+6→+3/+7
Ver.2.1.0D 敵軍領域時の武力上昇値増加 +7→+8

SR厳氏(悪女)

武将名げんし破滅の予兆
厳氏「早く敵を全滅させて
 あたしのもとに帰ってきなさい」

呂布の妻。呂布との間に一人娘の呂姫をもうけた。呂布軍の作戦に対しても意見できた人物で、曹操に徐州を攻められた際、部隊を分けて出撃すべしという陳宮の策に反対した。このため呂布は最後まで籠城することになった。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力1 知力7 征圧力2
官職-
特技魅力
将器知力上昇 士気上昇 守城術
計略悪女の献策最も武力の高い味方の武力が上がる。ただし兵力が徐々に減る
必要士気4
Illustration : マツモトミツアキCharacter Voice : 大野柚布子


3枚目の厳氏はSRで登場。
他の厳氏と比べて武力が低く知力・征圧力が高めとなっている。
将器はどれも優秀。ただし知力上昇のみ計略のデメリット効果も少し上げてしまう。

計略は勢力不問、武力+7の投げ計略、効果時間は9.6c、知力将器で10.8c、知力依存0.4c。
代償として兵力が徐々に減少し続ける。
減少量は33%から22%程まで落ち着き(知力将器時は24%)、以前と比べてさらに使いやすくなった。

士気4投げ計略としては破格とも言える武力上昇値が目を引く。
呂布をはじめとした高武力武将はもちろん、単純に攻城兵にかけるだけでもかなりの脅威になる。
武力1ですら武力8にできるので、急場を凌ぐには十分機能する筈。
デメリットこそあるが単純明快に扱いやすい。単色ではもちろん、多色でも様々な使い方が可能。

大戦では大きな武力差に因って戦闘時の兵力減衰が最低値となるシステムが存在する。
(突撃術や剛〇系統、火神の降臨など一部の例外を除く)
この計略を使う上では――とまでは限定しないが、覚えておくと1つの指標になるかもしれない。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 兵力低下値減少 33%→22%


R鄒氏(花蜘蛛)

武将名すうし蠱惑の色香
鄒氏「蜘蛛と蝶・・・・・・
  捕らわれたのはどちらかしら」

董卓軍の武将・張済の妻。夫の死後、彼の甥である張繍の下に身を寄せた。絶世の美女で、宛城を攻略した曹操を自らの色香に溺れさせた。二人の様子に激怒した張繍は反乱を起こし、曹操は典韋や息子の曹昂を失い、窮地に立たされた。
コスト1.0
兵種歩兵
能力武力3 知力7 征圧力1
官職-
特技魅力
将器兵力上昇 士気上昇 征圧力上昇
計略花蜘蛛の戯れ敵の知力が高いほど、武力を下げる
必要士気5
Illustration : ぽしーCharacter Voice : 赤千夏


3枚目の鄒氏は歩兵で登場。レアリティも下がった。

スペックは歩兵らしく3/7と高めだが、代わりに征圧力は1止まり。魅力持ち故致し方なしであろう。
将器は難しいが征圧力が気になるなら征圧力上昇だろう。計略の都合上敵に突っ込む事になる為兵力上昇も無くはない。

計略「花蜘蛛の戯れ」は、敵の知力が高いほど武力を下げる範囲系妨害。
低下値は検証中だが、相手の知力+1が有力。
英知号令に対してきれいに刺さるので、英知が苦手なら採用も一考の余地あり。
また 周瑜(孫呉の礎)や徐盛(戦巧者の号令)等の、同時に知力増加号令に対しても有効。

知力が高い程効果が上がるが、知力が高い相手に対しては効果時間が短くなる…と思いきや、
Ver.2.5.1Dの調整により知力依存がほとんど無くなった。
知力1に対して5.9cしか持たないが、知力10に対して5.8c持つ。
効果時間は短めなので、あまり妨害をこれ任せにして立ち回るのも難しい。
超絶号令や超絶コンボが蔓延しているため、二度掛けも視野に入れたい。
Ver.2.1.0A時点では効果時間と範囲ともに問題を抱えているため非常に厳しい性能。

問題は「鄒氏」である事。
彼女が入ると言う事は優秀な単体妨害である槍鄒氏も、自身撤退と引き換えに強烈な妨害を与える騎馬鄒氏も入れられない。
歩兵なら歩兵で武力要員が多く、征圧絡みでも李堪や張姜子と言った同武力が揃うのも難儀。

効果時間の目安 (武力低下値は対象の知力+1)(Ver.2.5.1D)

知力12345678910
効果時間5.9c5.9c5.9c5.9c5.9c5.9c5.8c5.8c5.8c5.8c


登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 範囲拡大
Ver.2.1.0D 範囲拡大
Ver.2.5.1B 効果時間延長
Ver.2.5.1D 効果時間調整(知力依存値減少)
       範囲拡大

UC張衛

武将名ちょうえい
張衛「まぐれでいい気になるな・・・・・・
       俺は諦めんぞ!」

張魯の弟。曹操の漢中侵攻に臆する張魯とは反対に徹底抗戦を主張。数万の兵を率いて、疲労していた魏軍を一度は撃退するも、後に夜襲を受けて敗北した。しかし状況が不利になっても諦めず、最後まで曹操軍に抵抗し続けた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力7 征圧力2
官職武官
特技-
将器攻撃力上昇 遠弓術 募兵
計略火事場の剛弓武力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい。一定以上武力が上がると、走射中の矢ダメージが上がる
必要士気4
Illustration : JUNNYCharacter Voice : 益山武明


正史では降伏、演義では許褚に討ち取られている張魯の弟。
そんな彼だが「北方三国志」では重要なキャラクターだったりする。

スペックは特技無しと引き換えに5/7/2と、文武両道で隙の無い数値を誇る。
更に将器が全て武力弓と噛み合っている。
但し群雄にはVer.2.5.1C時点で武力6弓が4人もいるため、計略で勝負したいがこれが結構なクセモノ。

計略「火事場の剛弓」は実に第1弾以来となる火事場系の計略
自城が減っていれば減っている程武力が上がる。最大値は+16(自城10%以下)。
更に自城が50%を切った時に使うと、ダメージ+14の剛弓効果が追加される。効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1C)。

自城さえ削れば効果が上がる為、自城にダメージを与える計略との相性は悪くない。
ただ、追加効果が旧作の自分が持っていた麻痺矢では無く剛弓であり、火力が高くても相手に逃げられやすい。
しかし剛弓のダメージ自体は上方修正によりかなり高くなっているので、追加効果さえ発動すれば士気4とは思えない火力を出す事が出来る。

とはいえ追加効果が発動するのは自城が半分を切ってからと言うのも痛い。
最大効果を求めるほど落城の危険性がつきまとうのは火事場計略共通の悩みなので、闇雲に城を削るor削ってもらうだけではなく、削れた分を上回るダメージを相手に与えられるような戦略やデッキ作りが必要になってくる。

自城ダメージを伴う計略に関しても、Ver.2.1.0B現在大幅に自城を削るようなものが無く割と効果を上げるのが苦しい。
現状は徐栄や臧覇と同じような状況にあるのは否めないだろう。
旧作のような「破滅の舞い」や「地獄からの復活」のような計略があれば、また扱いも変わるかもしれない。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0C 走射時の矢ダメージ増加 +3→+7
Ver.2.5.1C 走射時の矢ダメージ増加 +7→+14

R董白(酒池肉林)

武将名とうはく白い蝙蝠
董白「あたしと戦おうなんて、
    肝がすわってるわね〜」

後漢末期、多くの人間を殺害した極悪極まる武将董卓の孫娘。祖父に劣らずかなりの好色家であり祖父から与えられた領地で美女を囲って勝手きままな生活をしていた。王允による董氏誅滅の際にその名前は無く、没年は不明である。
コスト2.0
兵種騎兵
能力武力7 知力3 征圧力2
官職-
特技勇猛 魅力
将器攻撃力上昇 士気上昇 速度上昇
計略酒池肉林武力と移動速度が上がる。この効果は戦場にいる味方と敵の女性(武官、文官ではない武将)が多いほど大きい。ただし一定時間ごとに自城にダメージを受ける
必要士気6
Illustration : よしむらかなCharacter Voice : 緒方恵美


漫画「ムルシエラゴ」から主人公・紅守黒湖が董白として参戦。但し声は別の人。
董白なのはレズビアンな殺人鬼⇒暴虐⇒でも董卓軍だと女性が董白しかいない…と言う事なのだろう。多分。

スペックは他の董白とは違い武力寄り。勇猛まである。
将器は高武力女性騎兵としては珍しく攻撃力上昇持ち。ただ騎兵なので速度上昇も捨てがたいところ。
ちなみに、群雄では初の2コスト騎馬の女性武将だったりする。

計略「酒池肉林」は超絶強化。
敵味方問わず戦場にいる女性武将の数が多いほど武力と速度が上がるというもの。その代わりに自城にダメージを受けてしまう。
武力は女性武将(自身含まず)×2+1で上限は9部隊の+19(武力26)。移動速度も部隊数の影響を受ける。
自城へのダメージは女性部隊数に関わらず1.7c毎に0.6%。通常知力で発動した際の城ダメージは3%。
効果時間は9.2c、知力依存0.8c(Ver.2.5.1D)

どうしても女の子…もとい女性の数に効果を依存する為女性単のようなデッキでなければ十全に効果を発揮できない。
敵も味方も女性武将で揃っているなどと言う事はそうそう多くない為、実戦では+9〜+11辺りが御の字だろう。
カードプールの都合上女性単でも相応に武力を稼げるのが救い。
例えば女性単の7枚悲哀の場合、戦場にいる女性の数を参照するため(撤退している女性は頭数に入らないため)、最大効果を発揮するには全員生存している、かつ全員戦場に出ている必要があり、さらにその状況で士気6が必要で先打ち必須となる。この状況に持っていければ武力22の神速騎兵が出来上がり、周りの女性を生贄にすれば呂布超えも優に可能となる。

最大の問題は「董白」である事か。
優秀なスペックの他の董白を入れられないのは悔やまれるところである。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 城ダメージ減少 →1.7c毎に1.5%
Ver.2.1.0D 効果時間延長 7.5c→9.2c
Ver.2.5.1B 城ダメージ減少 1.7c毎に1.5%→1.7c毎に1.2%
Ver.2.5.1D 城ダメージ減少 1.7c毎に1.2%→1.7c毎に0.6%

C裴元紹

武将名はいげんしょう
裴元紹「馬の持ち主、おらへんやろな・・・・・・
     あ、見つかってもうた!!」

元黄巾党で、周倉と共に山賊になった。赤兎馬の強奪を企むも、相手が関羽だと知ると改心して、配下に志願。急ぐ関羽は周倉のみ連れ、後に合流する手筈だったが、魔が差したのか、通りがかった趙雲の馬を盗もうとして斬られた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力1 征圧力2
官職武官
特技復活
将器兵力上昇 地の利 突破術
計略黄巾の群れ兵力が回復する
必要士気3
Illustration : 山本章史Character Voice : 三宅健太


周倉の相棒がようやく復活参戦。
逸話がどうしても馬盗みであるせいか、ニンジン頭にされてしまった。そして台詞もなぜか関西弁風。

スペックは何と1/1と言葉通り最低値。劉禅以来の快挙(?)である。
しかもこれで武官なので一騎討ちを起こしてしまう。
一方で復活持ちかつ、将器抜きでは群雄騎馬初の1コス征圧力2を持つ。
将器は活かせる機会がどうしても限られるものの、柵対策の地の利があるだけマシか。

計略は「黄巾の群れ」。
しかし武力1では殴り合うだけでガンガン兵力が減るので活かす機会に乏しい。

とにかく素征圧2を得るために犠牲になっている部分が非常に大きく、
まともに戦闘すれば趙雲や関羽はおろか文官や姫にすらほぼ殴り負ける。
その為なるべく部隊のいないところを走り回ってひたすら塗りに励むのが肝要。
復活持ちである事を活かして、思い切って味方を斬る計略の生贄にしてしまうのも手か。

彼の強みは「征圧力2騎馬」「1コス地の利騎馬」の2点に集約されていると言える。
単純な採用ではデッキパワーの低下を招いてしまうので、彼を採用する以上はどうにかして強みを活かしたいところ。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

SR馬騰(義乱)

武将名ばとう じゅせい義の叛旗
馬騰 寿成「腐敗した国に義を取り戻すため
        乱の幕を開けん!」

先祖は後漢の名将・馬援で、母は羌族の娘。雄々しく賢明で、異民族の鎮圧や李傕との戦いなど、漢朝や西涼に危機が迫るたびに兵を挙げた。後に献帝を擁立した曹操に対しても、その専横が明らかになると、都に向かい討伐を図ったという。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力7 征圧力1
官職武官
特技勇猛 魅力
将器攻撃力上昇 速度上昇 征圧力上昇
計略義乱の大号令味方の武力と征圧力が上がる。この効果は対象の味方の武将コストが高いほど大きい
必要士気7
Illustration : 夢路キリコCharacter Voice : 石田彰


西涼の名将・馬騰が大型号令を持ってSRになった。
「3」の様に漢軍所属でも問題なさそうだが、董卓が漢軍で出てしまったからだろうか?

2.5コストの号令持ちにして9/7と最高クラスの武力・知力。
さらに不意の一騎討ちに強い勇猛と、自身の計略がやや重い為フォローになる魅力を併せ持つ。
非常に豪華なスペックだが、唯一の欠点として制圧力は1止まり。
征圧力上昇の将器があるのでフォローはできるが、他の将器も騎兵と相性が良く魅力的なのが悩みどころ。

計略「義乱の大号令」は味方のコストに応じて武力と征圧力が上昇する特殊号令。勢力制限は無し。

コスト32.521.51
武力上昇値+8+7+6+4+3
征圧力上昇値+3+2+2+1+1

効果時間6.7c、知力依存0.4c(Ver.2.5.0A)

味方のコストさえ高ければ士気対以上の効果を得られ、並の号令なら十分圧し潰せる火力は出る。
一方で高コストがデッキに集まりやすくなる為、面の攻めに全体的に弱くなり易いのが難点。
かと言って枚数を増やすと低コストに対して士気不相応の効果を与えるだけになるのが悩ましい。
また、2.5コスト以上は槍馬に偏っている為、後方支援を置きづらいのもやや難儀か。

火力を取るのか、バランスを取るのか。君主のデッキ構築に全てが懸かっている一枚。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.5.0A 効果時間短縮 7.1c→6.7c


C雷薄

武将名らいはく
雷薄「勘違いしたサルめ・・・・・・
    見切る時がきたようだね」

袁術に仕えた武将。呂布討伐では第四軍を率い、張遼らと戦った。袁術が増長して豪奢な生活を始めると、愛想を尽かして親友の陳蘭と共に山賊になった。後に曹操・劉備に攻められた袁術が没落すると、輜重隊を襲って食糧や財宝を略奪した。
コスト1.0
兵種攻城兵
能力武力4 知力3 征圧力0
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 知力上昇
計略落雷いずれかの敵に雷によるダメージを3回与える。ダメージは互いの知力で上下する
必要士気6
Illustration : ゆきさめCharacter Voice : 緒方恵美


あの雷薄がまさかのイケメン化して帰って来た。
旧作同様攻城兵で、陛下や大将軍も同じなため袁術軍単で組もうとすると兵種バランスが崩壊してしまう。

武力は1コストにして4。但し攻城兵の仕様上実質武力は3だと思った方が良い。
そして何と特技に攻城が付いている。1コストとは言え攻城特技の乗った攻城兵の一撃は馬鹿にならない。
特技無しでは壁4回でギリギリ落城しなかったのが4確になるのは大きい。ただし敵城まで辿り着くには味方との連携が必須である。
また、将器には蜀の雷銅同様知力上昇があるのがポイント。

計略は旧作同様名前ネタのせいで「落雷」。今回もSSQからは逃れられなかったようだ。
素の知力3のままでは威力に期待できない為、やはり活かすのであれば知力上昇が欲しい。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

EX(R)孟獲(霊犬)

武将名もうかく南蛮の疾風
孟獲「ふん、猿共が・・・・・・
 お前らを喰らって腹を満たすか」

南蛮の地を支配した王。曹丕の要請により、蜀を攻めるも敗退。のちに南蛮に侵略してきた蜀軍と七度にわたって激戦を繰り広げた。しかし戦いの末に諸葛亮に心服すると、忠犬の如く蜀に仕えたという。
コスト2.0
兵種象兵
能力武力7 知力5 征圧力2
官職武官
特技勇猛
将器復活減少
計略霊犬・疾風(れいけん・はやて)武力と移動速度が上がる。一定回数突進すると、さらに武力と移動速度が上がり、槍の迎撃ダメージを受けなくなる
必要士気5
Illustration : 壱村仁Character Voice : 佐藤拓也


マッグガーデンコラボの1枚。初出はVer.2.0.0Cの大戦スタンプ褒賞。
元ネタはイラスト担当の漫画「けんえん。」の主人公・疾風(はやて)。
犬人間にされてしまった南蛮勢が居たが、本当の犬(の妖怪)が南蛮王として追加されることに。
なおあちらと異なりちゃんと人間の言葉も喋る。

スペックはバランス型であり、旧作も含めて孟獲としては最高知力。
復活がなく勇猛があると言う、孟獲としては異色の構成である。
しかし将器は復活減少+復活3と、ここには孟獲らしさを残している。

計略は効果時間中に条件を満たすと追加強化される単体強化。
発動時は武力+4・移動速度1.3倍で、速度は槍に迎撃されない程度。
3回突進に成功すると武力が追加で+5(計+9)・移動速度+0.7倍(計2倍)になり、本来なら迎撃されるところを追加効果で迎撃無効化が付与される。
効果時間13.8c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1B)

追加効果発動後はかなりの間隔で敵武将をどかし続けられ、攻城中の相手にとってはまさしく天敵。車輪なども関係ない。

地味に孟獲被りで「南蛮王の大号令」と同居できない点に注意。

登場バージョン

Ver.2.0.0D (第十一回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.2.1.0A (龍玉商店)

修正履歴

Ver.2.0.0D 効果時間延長 12.1c→12.5c
       一定回数突進した時の武力上昇値増加 +3→+5
Ver.2.1.0D 効果時間延長 12.5c→13.8c
Ver.2.5.1B 武力上昇値増加 +3→+4

EX(R)盧氏(賢狼)

武将名ろし漢中の賢狼
盧氏「わっちが生きている限り、
 米が腐ったりすることはありんせん」

五斗米道で漢中を支配した張魯の母。長い年月を生きたが、その姿は美しい少女のようだったという。五斗米道の影響力を強めるため、益州で半独立体制を築いた劉焉に接近して協力体制を築くなど、計算高い人物だった。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力6 征圧力1
官職-
特技伏兵 魅力
将器知力上昇
計略賢狼の導き群雄の味方の武力と知力が上がる
必要士気5
Illustration : 文倉十


電撃文庫とのコラボカード。初出はVer.2.0.0Dの大戦スタンプ褒賞。
イラスト担当の小説「狼と香辛料」の主人公の1人・ホロが盧氏として参戦。
盧氏になったのは「術で若さを保っていた」「豊作を司る神」…と言う事なのだろう。あちらがキツネに対しこちらは狼とイヌ科繋がりでもある。

群雄では唯一となる魅力・伏兵を兼ね備えた1コスト武将。
対して武力は1しかない為、突撃があるとは言えまともな通常戦闘は期待できず、征圧1なので色塗り要員としても不適。
一方で将器は知力上昇+速度×3となっており、伏兵・計略・騎兵である自身とは非常によく噛み合っている。

計略「賢狼の導き」は後方指揮タイプの号令。
群雄の味方の武力+3、知力+5する。効果時間は10c(Ver.2.1.0D)。
計略ムービーは知力上昇系計略と同じもの。
範囲は前方円で自身を範囲に含めない。コンボは難しいが、2度掛けも一応は可能。
成公英の持つ後方指揮の士気が重くなったかわりに知力上昇が増えた形。

士気が軽めで効果時間も長めだが、英傑号令と渡り合うにはさすがに力不足。
計略単体では武力上昇がやや物足りず、自身も範囲に含まない為、
コンボとして組み込むか群雄お得意の高武力武将と組むなりしてフォローしたいところ。

ただ、群雄勢力と言う観点から見ると、見事に不足を補う性能を持つ事には間違いない。
何より1コストで号令を仕込める為、デッキの幅自体が非常に広いのも評価点。
その為か、追加から1か月で群雄使用率上位に乗り込んでいる。

登場バージョン

Ver.2.0.0D (第十二回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.2.1.0B (龍玉商店)

修正履歴

Ver.2.0.1B 効果時間延長 9.2c→10c
Ver.2.1.0D 知力上昇値増加 +4→+5

EX(R)厳氏(良妻)

武将名げんし飛将の嫁
厳氏「どうしてそんな恐ろしいことを・・・・・・
      呂布、まさに外道です!」

呂布の妻。厳氏という名は「三国志演義」の中で設定された名前であり、史書としての名前はまったく伝わっていない。董卓暗殺後、呂布に置き去りにされたにもかかわらず、夫である呂布に好意を抱き続けている。
コスト1.0
兵種弓兵
能力武力2 知力7 征圧力1
官職-
特技魅力
将器守城術
計略良妻の後援最も武力の高い群雄の味方の兵力が徐々に回復する。ただし武力が下がる
必要士気3
Illustration : HisasiCharacter Voice : 日高里菜


電撃コラボの1枚。
「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」からヒロインの玉置亜子が厳氏として参戦。
CVはアニメ版と同じ日高里菜氏。
裏書きは三国志…と言うよりは三国志をネトゲに置き換えた上で亜子の設定をねじ込んだ感じになっている。
そして台詞と言う台詞が全く自重してない。三国志ゲームで「リア充」とか「氏ね」とか言っちゃうのは彼女位だろう…。
まあ、コラボではよくある事である。

スペックは2/7と割かし高め。女性武将なので魅力持ち。
代わりに征圧力は1止まりだが、群雄の1コスト征圧力2魅力弓は武力1ばかりの上に武力2も共存できない自分だけなので
やたら知力面に悩まされる群雄勢力である事を考えると決して悪いものではない。
将器は守城術・兵3で固定。低コスト弓と守城術の相性は良くある程度は仕事しやすい。

計略「良妻の後援」はやや変わった回復。
範囲内の一番武力の高い群雄の武将の兵力が徐々に回復する代わりに武力が-1される(Ver.2.1.0C)。
武力が下がるせいか破格の回復量を持ち、1cごとに三度も回復が入り合計で15%ほど回復する。
そのため約7cほどで兵力は完全回復し、10cフルの回復量は約150%にも及ぶ。
その破格の回復量ゆえに、計略時間中はかなり粘ることができる。
初登場時は武力-5と戦闘力には期待できなくなっていたが、-1である現在はデメリットはほぼ誤差レベルである。

基本は投げ防護戦法と捉えた使い方がいいだろう。
主に乱戦や攻城を主とする為に消耗が激しくなりやすい槍や歩兵に投げるのが吉か。
当然回復効果を活かせない事には計略の意味を持たないため、弓にさらされている時や積極的な乱戦で回復効果を最大限活かしたいところ。

ちなみに防護系と組み合わせると武力50差程度なら余裕で耐える事が可能になる
基本はネタだが、Ver.2.1.0C現在では部隊全員が武力10代後半〜20以上なら平気で叩き出してくる環境である為一考の価値はある。
もしくは劉繇に投げて全く減らない攻城兵のプレッシャーを与えるのも1つの手。

登場バージョン

Ver.2.0.0D (電撃文庫25周年記念 秋の電撃祭配布)

修正履歴

Ver.2.0.1B 武力低下値減少 -5→-3
Ver.2.1.0C 武力低下値減少 -3→-1

EX(R)馬超(穿突)

武将名ばちょう もうき阿仁下羅
馬超 孟起「錦の閃光が道を照らす。
   曹操の首まで一直線だ!」

信念に従い、魂が轟くままに動いた勇将。曹操を討たんという願いを抱いていたが、いつしか狂気の念へと変わっていった。最後には「願い」の姿を取った執念となり、純粋かつ凄惨な鬼と化していた。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力9 知力4 征圧力2
官職武官
特技勇猛 魅力
将器突撃術
計略穿突の神速行武力と移動速度が上がり、突撃を当てた部隊を弾き飛ばせるようになる
必要士気6
Illustration : 朝倉ブルーCharacter Voice : 杉田智和


ラジオ番組「アニゲラ!ディドゥーーン!!!」とのコラボカード。
出演者である朝倉ブルー氏がイラスト、CVを杉田智和氏が担当している。
落城させると敵にいなくても曹操を見つけ出そうとする。尤も、馬超は似た道を「3」で通っているが。
ちなみに二つ名がコラボらしく「阿仁下羅」(アニゲラ)。

「錦馬超の叛撃」(排出R)や「全軍突撃」(復刻LE)に続く通算3枚目の群雄馬超。
スペックは通常排出の彼(叛撃)と比べると知力が-1されているが、代わりに勇猛が付いた。
将器は突撃術+速3で固定。計略の武力上昇値がやや不安なので、それを補う点では相性が良い。

計略「穿突(せんとつ)の神速行」は強化計略。
武力+5・移動速度2.2倍に加え、突撃時にカード2枚分程弾き飛ばす。
効果時間7.9c、知力依存0.4c(Ver.2.1.0D)
神速戦法に象兵の突進が付与された状態になる、と言うイメージで問題は無い。

自城城門から相手を弾いてずらしたり、攻城ラインから弾き出したりと、守城時に光る。
同じことが攻城時にもいえ、攻城阻止部隊を弾いて攻城をねじ込むアシストも可能である。
但し、乱戦で槍が消えている相手に突撃した場合、一方的に敵が弾かれるため槍が出てしまい連突ができなくなる。
というか、弾いた直後に刺さって撤退してしまう危険性がある。
また、士気消費も6と割と重めで効果時間も長くない為無計画な乱用は厳禁。

余談だが、何気に特殊台詞があり、他の馬超では無かった待望の(?)曹操(覇者の求心)に対し一騎討ちを行うと発生する。

登場バージョン

Ver.2.0.1B (第十三回大戦スタンプキャンペーン)
Ver.2.1.0C (龍玉商店)

修正履歴

Ver.2.1.0D 武力上昇値増加 +4→+5


EX(SR)李儒(無陣)

武将名りじゅ黒き軍師
李儒「共に行く覚悟はありますか?
       罪なる道へ・・・・・・」

後漢末期の悪臣・董卓の側近を務めており、策謀毒殺など人間業では到底不可能なことも難なくこなした。物腰は柔らかく極めて謙虚だが、慇懃な態度のまま毒舌や皮肉を吐くこともあり、主人の董卓にも容赦なく直諌したという。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力5 知力8 征圧力1
官職文官
特技防柵
将器防柵強化
計略無陣の毒最も武力の高い敵の武力を下げ、兵力を徐々に減らす。さらに対象の兵種アクションを封印する
必要士気5
Illustration : 枢やなCharacter Voice : 佐藤拓也


漫画家コラボの1枚。
作者の代表作「黒執事」からセバスチャンが李儒として参戦。と言うより裏書きはまんまセバスチャン。
なお黒執事はアニメ化しておりセバスチャンのCV小野大輔氏は大戦シリーズにも出演しているが、
このカードのCVは佐藤拓也氏が担当している。

李儒らしく文官スペック。通常排出の自身との違いは弓兵・武力+1・征圧力-1。
他の柵持ち弓と違い征圧力1だが、董旻は知力に不安が残り、閻圃は伏兵まで付いているせいで癖がある。
伏兵・妨害対策まで考慮するのであれば、若干の征圧力低下を受け入れる価値はある。
将器は防柵強化+速度×3で固定。

計略「無陣の毒」は李儒らしく毒計略。
範囲内の最高武力の敵の武力が-5され、相手の兵力を0.4c毎に3%減らし、更に相手の兵種アクションを封印する
なお、裏に書かれていない事から分かる通り、場内に戻られても毒は消えない。

対象の兵種アクションを封印するという効果は具体的には下記の通りで、端的に言うと対象部隊を歩兵にしてしまう。
・騎兵は突撃オーラがでなくなる。突撃が絡む追加効果は全て無効。
・槍兵の槍オーラがでなくなる。車輪状態の場合でも車輪が無くなり、谷利の殿軍の飛車も車輪を発射しなくなる。
・弓兵は射撃をしなくなる。馬姫(EX)の弓撃乱舞であっても同様に射撃をしなくなる。
・象兵ははじきオーラがでなくなる。各種震撃はオーラが出ていることが条件になるため出せなくなる。
という内容。
大半の単体超絶強化に対して刺さるが、元々兵種アクションがない歩兵や攻城兵、
車輪状態の槍以外の攻城中の敵には低めの武力低下と毒効果しか無いことには注意が必要。

効果範囲は自身に近く狭めの前方円。
接触こそ不要だが、撃ちたい相手にかなり近付かないといけないので要注意。

仮想敵は武力上昇低めの単体超絶強化計略持ちで、効果時間がそれほど長くないか、
(長めであっても)すぐに撃破できる展開になっている状況で使うことになるだろう。
武力低下・毒効果共に士気5の単体妨害計略としてはかなり緩め、
そして士気差を作らないためにも後出しが望ましいので場面を選ぶ計略と言える。

Ver.2.5.0Aで、槍呂布、郭淮が猛威を振るった際に、一枚でどちらにも後出しで活用できるメタカードとして、
採用される場面が増えた。

効果時間、総ダメージの目安(Ver.2.1.0D)

敵の知力12345678910
効果時間9c8.9c8.8c8.8c8.6c8.5c8.3c7.9c7.5c7.3c
ダメージ60606060605757545151


登場バージョン

Ver.2.1.0B (第十六回大戦スタンプキャンペーン)

修正履歴

Ver.2.1.0D 効果時間延長
       武力低下値増加 -3→-5

Menu

最新の20件

2019-09-19 2019-09-18 2019-09-17 2019-09-16 2019-09-15 2019-09-14

今日の20件

  • counter: 2468
  • today: 1
  • yesterday: 2
  • online: 65