カードリスト / Ver3.x / 群雄(排出停止) Ver2.x


カードリスト/Ver3.x

群雄(排出停止) Ver2.x

【涼002】 R王異

コスト兵種武/知特技計略士気
1.5騎兵4/5柵魅金城鉄壁4

自城ゲージを回復させる独特なため計略を持つ。
以前ほど(Ver2時代)の回復量はなく、ため時間も長い。
スペックは悪く無いので、特技要員としての投入もアリ。
R李儒(闇金)も城ゲージ回復をもっているが、あちらは攻城成功時に回復なので運用方法は異なる。

【涼007】 C牛輔

コスト兵種武/知特技計略士気
1騎兵3/3なし卑屈な急襲3

Ver3.59で使用解禁。コスト1卑屈という独自性を持つ。
とはいえ素武力が低いので相手が士気0でもなければ大きな戦果は望めず、効果時間も相応。
堕落と一緒にワラワラのパーツにでも入れておくぐらいか。

【涼010】 SR蔡文姫

コスト兵種武/知特技計略士気
1弓兵2/7望郷の歌5

一部の君主に大人気の武将が復活。
Ver3.59_1の修正にて2回掛けでも知力8が落ちるようになった。
自城前で掛ければ、騎兵以外は兵力100%でも帰る前に削りきる。
毒ダメは物凄いのだが、自城ダメも物凄い。
火事場計略や、攻めに退路遮断とセットでどうぞ。
ちなみにモデリングでメガネと横に出っ張った帽子がちゃんと再現されている。

【涼013】 C臧覇

コスト兵種武/知特技計略士気
1騎兵3/4火事場の馬鹿力4

Ver3.59でも現行カードと比較して見劣りを感じない程の優良スペック。
計略も火事場系では非常に使いやすく、城ゲージに正比例して武力が上がるため城ゲージ50%で武力+10と破格の効果。
しかも効果時間は火事場効果持ちでは最長の7.5cと、とてもコスト1とは思えない充実っぷり。
しかしあまりに暴れすぎると死に修正を食らい易いのが排出停止カードの常なので、目立たず細々と活躍したい。
3.594_Dでついに頂上に載ってしまったが、だからといって大繁殖するとも思えないので、細々と使っているユーザーの為に、このままそっとしておいて欲しいものである。


【涼024】 UC龐徳

コスト兵種武/知特技計略士気
2騎兵8/3なし猪突猛進3

排出停止ながら現行のカードに劣らないスペックを有している。
Ver2時代から微妙に計略の内容が変更されているため、使い勝手は向上したか。
群雄内の同コストで武力8の騎兵はUC高順とR徹里吉しかいないので低士気で使える計略が欲しい場合におすすめ。
士気3で武力17になるので飛将のエサにもいいかもしれない。

【涼029】 R呂布

コスト兵種武/知特技計略士気
2.5弓兵10/2飛将の神弓4

Ver2では唯一のコスト2.5武力10で、固定砲台と恐れられた通称弓呂布もついに解禁。
これで群雄も高武力弓兵が使えるようになった。
計略は飛将降臨と同じく戦場の味方武将が全て撤退、一定武力で麻痺矢+遠弓効果。
計算式も当時と同じで、(撤退した合計武力)+4=武力上昇値となる。
Ver2では撤退武将の合計武力が11以上で発動だったが、飛将降臨に合わせてか8以上で発動になっている。
効果時間は短縮されており、素の状態で5.5c、知力10で12cほど。

飛将降臨の必要士気が5であるのに対して飛将の神弓の必要士気は4と1少なく、
これにより他の武力上昇、又は知力上昇計略を用いたコンボが容易であることが最大のメリット。
また兵種が弓兵のため、計略使用中の攻城力の高さも強みである。
一方で超武力の遠弓麻痺矢であるものの、効果時間の短さもあり殲滅力では騎兵に一歩劣る。
属性が無いことも旧カード共通のデメリットである。
他武将を乱で固めるとエサにしやすい。強毒の乱強進の乱などのコンボでは凄まじい破壊力となる。

【涼038】 R呂姫

コスト兵種武/知特技計略士気
1.5騎兵6/3戦姫の怒り4

火事場神速の元祖が帰ってきた。
戦姫の怒りは火事場の神速に比べると武力上昇値が極わずかに劣り、効果時間は5Cと短め。
しかし、コスト比を考えれば妥当とも言える。 自城が黄色ゲージになってから神速効果追加の模様。
現行使用可能な呂姫名義のカードで唯一勇猛を所持していないのには要注意。
排出停止カードだが、暴虐なる覇道デッキ破滅的な献策デッキに魅力兼計略要員として採用されている。

【袁004】 UC於夫羅

コスト兵種武/知特技計略士気
1騎兵3/3なし多勢の攻め4

袁紹軍から移籍してきたお方。計略はコスト1なので相性がいい。
Rの自身とは互換性無しので要注意。

【他004】 C鄂煥

コスト兵種武/知特技計略士気
1.5歩兵7/2強化戦法4

群雄にコスト1.5武力7の歩兵が帰ってきた。
とにかく武力が必要なとき、歩兵単に必要なときにどうぞ。
勇猛持ちなので一騎討ちもそれなりに安心。
またVer3.59以降は強化戦法が武力+5になったので、もう一押ししたい時には使える。


【他028】 UC公孫淵

コスト兵種武/知特技計略士気
1.5騎兵5/4なし多勢力の大号令6

計略は武力+勢力数(敵味方両方をカウント)。
前作よりも勢力数が減り、規定値の+1がなくなったため武力+5までにしかならないが、
その代わり効果時間が約7.5c〜8cと、排出停止カードにもかかわらず英傑号令並の効果時間となっている。
前作に比べて各国に高スペックな武将が増え、新たに追加された締結計略により
最大士気の問題も解消しやすくなったので、総合的にVer2よりも使い勝手は向上している。
しかし多勢力号令としてはR張曼成に破壊力で劣るうえに、そもそも武力+5程度の強化なら
わざわざ最大士気制限のハンデを背負わずに群雄単でUC閻圃を使ったり
素直に各国の英傑号令デッキを組んだ方が効率的なのは言うまでもない。

【他029】 C張燕

コスト兵種武/知特技計略士気
1.5歩兵6/2活連山賊の群れ3

群雄に帰ってきたコスト1.5歩兵その2。
Ver3.1からはコスト1.5帯に活持ちの三兵種がおり、同じ歩兵でも計略が有用な左慈が存在するので
あえてこちらを使おうという場面は少ないだろう。
数少ない連計特技持ちなので禰衡や他の連計計略を使いたいときにはお呼びが掛かるかもしれない。
計略の回復量は妙に高い(5割)のため、武力優先の歩兵単をやるなら候補になる。

【他030】 UC禰衡

コスト兵種武/知特技計略士気
1歩兵3/9なし指鹿為馬(うましか)の連計3

大戦3では群雄の軍師となったR禰衡の武将版。
コスト1でハイスペックではあるが歩兵という点がネック。
計略は未だに知力-10のままなので、相方さえ見つかれば凶悪。
2の頃より歩兵の移動速度が上がっているため使いやすくなっていたりする。
Ver3.59_A_1現在、単独での範囲は自爆よりやや狭い程度なので、指鹿為馬自爆が可能。
連計持ちを入れれば、水禍の計よりも広い範囲になるので、士気10かかるがほとんどの武将を撃破できる。
重ねがけ、つまり知力0に対しては18c程度持続するようだ。

【他031】 C樊氏

コスト兵種武/知特技計略士気
1弓兵1/6跡目争いの命令3

Ver3.59から使えるようになった。
同時に同名のカードが排出されるようになったがそちらとの互換は無い。
新カードとは互換無し、計略の性質も全然違うので間違えないように。

Ver3.59_2時点で武力上昇+10、ランダム移動が7〜8C続く。
またテキストには書かれていないが若干の速度上昇効果もある模様。
上昇値だけは高いので、飛将の餌にしたり、強進などの強制移動と組み合わせればまだ使えるかもしれない。
飛将呂布が同勢力になったことや強進の乱魂の引継ぎといった特殊な計略が追加されるなど、Ver2.1とは環境が大きく変わっている。
新たな強デッキを生み出す可能性を秘めている、かもしれない一枚。

【Ex.007】 EX呂布(C)

コスト兵種武/知特技計略士気
1.5騎兵3/1なしてんかむしょ〜6

Ver3.59より使用解禁。
EXでは初のC仕様のカードである。
しかし、コスト1.5でありながらコスト1のC牛金よりスペックが低い…。
武力インフレが進んだ環境で使うのはもはやネタの域を越えているだろう。
計略の「てんかむしょ〜」はSR呂布の「天下無双」とは別計略扱いなので注意。
本家と同士気で効果の詳細は武力+13、移動速度1.5倍、効果時間3cとなっている。
所詮EXなのだが、計略はVer3.59の現状では本家より長かったりする
武将名は呂布だが、実は魅力持たない女性武将である。
LE趙雲(覇)の先駆け的な存在。


【Ex.010】 EX貂蝉(C)

コスト兵種武/知特技計略士気
1.5歩兵1/3けーこくのまい6

Ver3.59から使用解禁。
計略の「けーこくのまい」はSR貂蝉の「傾国の舞い」とは別計略扱いなので注意。
本家より必要士気が1少ないが、1回で削る事ができる城ゲージはたったの2.9%。
89cから0cまで舞えてたとしても城ゲージ半分程度しか削る事ができない。

【Ex.012】 EX董卓(UC)

コスト兵種武/知特技計略士気
1.5騎兵5/5なし指揮5

大戦2での使用期間が非常短くて有名なEXがVer3.59から使用解禁。
スペックはコスト1.5で5/5と無特技だが及第点なので、バランスデッキなどで採用の可能性もあるだろう。
群雄には珍しいクセのない全体強化計略持つ。