カードリスト / Ver3.5 / / 067_曹真


武将名そうしん したん虎豹騎隊長
曹真 −子丹−幼い頃に父・曹邵が曹操の身代わりとなり殺された事から、曹操に引き取られて育てられた。魏軍の精鋭部隊である虎豹騎の隊長を務めた勇将。曹真が率いる軍の結束は非常に強固で、幾度となく呉の討伐に成功し大きな功績をあげた。

「行くぞ虎豹騎よ!呉軍などけちらしてくれるわ!」
コスト1.5
属性
兵種弓兵
能力武力5 知力7
特技募兵
計略崩射の号令範囲内の味方の武力が上がり、弓兵であれば効果中、崩射特技が付加される。
必要士気4
Illustration : 山宗

名義的には復活カードの1枚だが、Ver2.1xR曹真との互換性はなし。

計略は特技付与号令という珍しいもので、兵種勢力問わずに武力+1、また自身を含む弓兵は崩射の特技を得る。
Ver3.59_3現在で約60cも持続するようになった。
主軸とするのには厳しい武力上昇値なので、他の号令などのサブに回るか、別戦略との組み合わせが基本になる。
魏単なら魏武デッキのサブ号令、あるいは「乱れ撃ち」とのコンボとして採用するのも面白いかもしれない。
混色であれば効果時間の長さを生かし、士気溢れ対策およびサブ号令として投入するという用法もできる。

崩射は弓兵だけで役立つものでない特性上、弓兵をかき集めても効率が大きく上昇するわけではないので
自分をコスト1.5武力6の崩射要員にするものと割り切り、騎兵重視のデッキに入れておく手もあるだろう。
騎兵での各個撃破を援護しつつ、おまけで全部隊を武力+1できると考えれば地味ながら十分な性能である。
また効果時間が非常に長いため、使用直後にUC曹真が撤退すれば復活後にもう一度かけて武力+2状態にすることも可能。
しかし逆に雲散や撤退により曹真自身の効果が切れない限り、再使用が出来ないことには注意。
特に周りの武将が落とされて、曹真のみが生き残るような状態だと、その効果時間の長さが仇となり、試合終盤で無いと再度の強化が難しくなる。
二度がけの為に、わざわざ曹真のみを生贄に捧げるのはナンセンスだとしても、
ピンチ時には、曹真より他の武将の生存を優先させたい。

混色でも使える特色を活かし、「特技依存号令」こと、至高の大号令究極の大号令との組み合わせも考えられる。
至高の大号令は効果終了時に撤退する事と消費士気の大きさが、長時間強化とやや相性が悪い部分があるが、
崩射が効果時間に影響するため、ライン上げを含め号令の効果を高めやすい。
究極の大号令では追加が回復効果とやや物足りないが、SR孫策(究極)とで最低2つ確保出来るうえに運用次第では複数回恩恵を受けることも可能。
士気制限のある混色デッキでの大型計略コンボとなるため、士気差カウンターに気をつける必要があるものの、
魏呉型のデッキメンバーとして、存在感を示せるだろう。
しかし、呉の討伐に成功しているのに、呉と組むというのはいささか妙味ではある。