カードリスト / Ver3.5 / / 050_許攸


武将名きょゆう しえんなし
許攸 −子遠−袁紹の幕僚。若い頃から袁紹、曹操と交友があった。官渡の戦いで袁紹を裏切って、重要な情報を持って曹操に降り、曹操軍を勝利に導いた。だが、あまりにも傲慢だったため、腹を立てた許褚に斬り殺されてしまう。

「この私のおかげで袁紹に勝てたのだ」
コスト1.0
属性
兵種弓兵
能力武力2 知力6
特技伏兵 暴乱
計略癒壊の乱【暴乱】(戦場にいる、この特技を持つ味方すべてに効果がある)兵力が徐々に回復する。ただし効果中は、効果を受けた部隊が多いほど自軍の城にダメージを受ける。
必要士気3
Illustration : 仙田聡

Ver2.0C許攸の互換。
愉快な物でも見付けたのか、腹を抱えて笑うイラストで登場。

計略はVer3.59_A_3では士気3で味方の乱持ち武将の兵力を1c毎に約5%(約14cかけて約70%まで)回復させるというもの。
しかし一部隊につき最大7.1%(5部隊で約35.5%)の自城ダメージを受けてしまう。
城ゲージの取り合いが肝である三国志大戦において、このタイプのデメリットは非常に重い。
暴乱コンボに組み込むと凄まじい勢いで自滅していくので乱持ちを少数にした方が運用は楽なのだが、
どう考えても一番微妙な効果対象は自身というのが問題である。
その上漢軍には単体回復で右に出る者無しのUC孔融がいるので、複数で回復しない場合は彼で事足りてしまう。
それでも使用するのであれば、撤退寸前で計略を使い自身の城ダメージ分の緩和を狙う等、状況に応じた細かいケアが求められる。

確かに城ゲージは減るが直接武将の邪魔にはならないので、主に高コストと相性が良い。
R魏延(咆哮)・UC王子服・R兀突骨・SR呂布(気炎撃)等をサポートするなら、それなりの活路が見出せるか。
そしてVer3.59でUC袁術やR董卓らのある意味最も求められた、暴乱持ちで計略以上に攻城力がある攻城兵が追加された。
また、火事場計略を後半の軸にすれば、城ゲージを諦めながらも独自のコンボを形成できる。
特にR徐栄とは火事場計略+乱持ちと相性が良く、どちらの計略も使用士気は軽いので2色でも充分運用出来る。
低士気を利用して絶対防御の舞いと組み合わせて延々回復し続けるのも面白い。

Ver3.59_3にて効果時間が14.5cと大幅に延長。回復の速度もかなりのものになっている。
大幅な上方修正に加え、同じく乱計略持ちのUC魏諷が上方修正を受けた事もあり、 ついに使用ランキング1位にも輝いた。
さすがに暴れすぎたためか、Ver3.59_A_3で回復量大幅低下(約半分)、被城ダメージ増加という修正を受けた。

Menu

最新の20件

2019-07-23 2019-07-22 2019-07-21

今日の20件

  • counter: 46145
  • today: 1
  • yesterday: 1
  • online: 101