カードリスト / Ver3.1 / / 044_呉国太


武将名ごこくたい孫呉の母
呉国太孫堅の第二夫人。孫尚香の母で、姉の呉夫人と共に国政にも参与していたとされる。呉夫人亡き後、その子孫策・孫権らをわが子の如く愛し、一流の教育を施して立派に育て上げた。娘婿の劉備を暗殺しようとした賈華に斬りかかるという激しい一面も持ち合わせる。

「わが子の幸せを奪うものは、私が許しませんよ」
コスト1.0
属性
兵種弓兵
能力武力2 知力5
特技防柵 魅力
計略守城弓戦法自身の武力が上がり、矢を当てている敵の攻城ゲージが止まる。
必要士気3
Illustration : 八神ひろき

計略といい武力や特技といい、Ver2.1にいたC陸績に魅力が追加された完全上位互換。
排出停止ながら地味に使用率の高かった彼を愛用していた人にとっては、属性と魅力の追加は大きい。
Ver3.59_2現在、計略の守城弓戦法は武力+3、効果時間9c。
守備時に乱戦せずに敵の攻城を止められるのは大きく、消費士気も軽いため、特攻戦法陥陣営対策にもってこいである。

武力2の弓は戦力としてはさほど期待できないが、コストも軽いためさほど足を引っ張らない。
また防柵と魅力を持つのでとりあえず入れて無駄にならず、なおかつ属性は呉の陣略属性。
計略も士気が軽いため二色以上の編成でも使えると、かなり高いレベルでまとまったサポートカードと言える。
しかし呉のコスト1はUC張紘・張昭を始め優良サポートカードが目白押しの激戦区であるため、やや影に隠れてしまっているようだ。

Ver3.50にて城門への攻城ダメージが上昇+城壁へのダメージが減少し、さらに攻城力のコスト依存が導入されたことで、
強化された大型武将が城門目掛けて突っ込んでくるケースが多く見られるようになってきた。
環境にマッチした防衛計略持ちとして、守勢の切り札にさりげなく忍ばせておくのもいい。

矢を当てている敵の攻城ゲージが止まる効果なので、乱戦では攻城ゲージの上昇を止められない傾国の舞い破滅の舞いも止められる。
覚えておくと役に立つかもしれない。