カードリスト / Ver3.0 / / 038_劉備


武将名りゅうび げんとく義侠の英傑
劉備 −玄徳−義兵より身を起こして活躍した、三国志の英雄。黄巾賊退治を志していた劉備はある日、張飛と関羽に出会う。意気投合した三人は桃園で杯を交わし、義兄弟の誓いをして、天下のための戦いを始めたのであった。

「我ら天に誓う、我ら生まれた日は違えども、死すときは同じ日同じ時を願わん!」
コスト2.5
属性
兵種槍兵
能力武力8 知力6
特技魅力 募兵
計略桃園の誓い範囲内の味方の武力が大幅に上がる。ただし1部隊でも撤退すると、効果中の味方すべてが撤退する。
必要士気7
Illustration : 杉浦善夫

Ver2.0xR/LE劉備(横山)の互換。
変更点はコストが1上昇し、武力+4、知力-1。特技と計略に変更は無い。

号令持ちと言うことを差し引いてもコスト比のスペックが低く、デッキ構成は難しい。
桃園の誓いは武力+10、効果時間6c。範囲は大徳と比べると当然見劣りするがそれなりに広い自分中心円。
効果中に1部隊でも撤退すると全員撤退というリスクがあるが、強烈な武力上昇が魅力のロマン溢れる号令である。

とはいえそう上手くいく相手ばかりなはずもなく、ダメージ計略や超絶強化が相手にいるだけで桃園が使いづらい。
そのため桃園が使えないときのための他の決め手と連携し、常に二択を迫れるようにしておきたいところだが
その他の決め手を使うメンツに割くコストを自分が圧迫しているという自己矛盾が発生してしまっている。
そこのところをどう解決していくかが今後の桃園デッキの課題と言えるだろう。
Ver3.10で天意の導きのUC関索が追加され、コスト・士気面で噛み合うサブ号令があるのは小さからぬ追い風。

弱点が多く安定性があるとは言えないが、相手に対処法がなければ一方的に蹂躙できる爆発力は未だ健在。
またVer3.5で同勢力に教え計略が追加されたため各種計略へ耐性を付けられるようになったが、
知力上昇により副次効果で効果時間が延びることには良し悪しがあるため、注意が必要。

Ver3.5で質実健攻を持つGR姜維が追加、かつての陣法桃園を髣髴とさせる攻めが可能になった。
Ver3.59_C_3で効果時間は6cと短めなので、敵部隊と組み合ってから号令を撃っても
敵に十分な打撃を与える前に効果が切れる事態が起きるようになったため、以前とは異なる運用が求められる。

ちなみに超絶号令と言うカテゴリがなくなり、桃園の誓い超絶号令から英傑号令へと変更されている。