カードリスト / 第6弾 / / 張悌(黄昏の大号令)


武将名ちょうてい きょせん夢の終幕
張悌 巨先「この剣は錨の如く。
 孫呉の天下を夢見て戦うのみ・・・・・・!」

呉の丞相で、孫晧の軍師。晋軍が迫ると長江北岸での決戦を唱え、沈瑩と共に奮戦。諸葛靜に撤退するよう諭されたが「今こそ社稷に殉ずるべき」と退けた。諸葛靜は涙して撤退を導いたが、振り返った時、晋軍に討たれる張悌の姿を見たという。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職文官
特技魅力
将器兵力上昇 長槍術 迅速攻城
計略黄昏の大号令呉の味方の武力が上がる。この効果は計略により減少した自軍の最大士気が多いほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに攻城力が上がる。ただし自軍の最大士気が下がる
必要士気5
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 佐藤拓也


張悌2枚目。今回は杜預と対になっており、旧作以来久々に槍を持ってきた。

スペックは以前の自身と比べると知力-1され伏兵も無くなったが、代わりに魅力が付いた。
将器はどれも自身との相性が良い。

計略「黄昏の大号令」はその名の通り号令。
呉の味方の武力が+(1+減少している自軍の最大士気)だけ上がる。
更に武力が+6(最大士気-5)以上になると更に攻城力が?倍になる。
なお、「計略によって減少した最大士気」とあるので、混色で追加効果の発動を早める事は不可。
加えて「同盟締結」や「白猫の希望」で最大士気が増加しても一度下がった分はカウントされる
武力上昇値は+13(最大士気-12)が上限。効果時間は7.9c(Ver.3.6.0B)。

「最大士気の低下」が絶対条件であるだけありその破壊力は圧巻。
序盤は落日計略で守り、中盤以降は黄昏号令で押し切る立ち回りは単純にして強力。
特に主君である孫晧の最大士気-3とは相性が良い。孫晧に最後の戦いを託されただけはある。

ただし欠点もいくつか存在し、まず第一に計略の仕様上落日計略の採用は必須なのだがVer.3.6.0A時点で4枚のみ。
加えて最大士気が下がっていく都合上、時間をかければかけるほど搦め手の類が使いにくくなってしまう。
士気消費が重めの計略を持った武将の採用などもってのほかであり、デッキパーツの縛り方が尋常ではない。
さらにフルコンも落日計略→黄昏号令1回以外はほぼ不可能と言っていい。

いずれにせよ、漢や晋のように「序盤は守り、終盤で押し切る」という立ち回りが求められる。
序盤から終盤まで、しっかり立ち回りの筋道を立てる必要があると言えるだろう。

登場バージョン

Ver.3.6.0A

修正履歴

Ver 3.6.0B 効果時間短縮 8.3c→7.9c

Menu

最新の20件

2021-09-23 2021-09-22 2021-09-21 2021-09-20

今日の20件

  • counter: 12584
  • today: 58
  • yesterday: 98
  • online: 95