カードリスト / 第6弾 / 群雄 / 俄何焼戈(羌族の暴威)


武将名がかしょうか二魂三眼
俄何焼戈「理性の俄何、勇猛の焼戈。
    一つとなりて俄何焼戈なり」

正史における「俄何」と「焼戈」の二人が三国志演義で一つになった姿。北伐で姜維に援軍を要請された迷当大王の命令で、先鋒として五万の軍を率いた。しかし降伏を装った陳泰に騙され落とし穴に転落。死を覚悟すると自ら命を絶った。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力9 知力1 征圧力1
官職武官
特技刻印
将器長槍術 攻城術 迅速攻城
計略羌族の暴威武力が上がる。この効果は自軍の城ゲージが少ないほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに移動速度と攻城力と槍撃ダメージが上がる
必要士気5
Illustration : 池田正輝Character Voice : 佐藤拓也


相変わらずの二心同体で追加された、俄何焼戈の2枚目。フレーバーテキストも一行目から飛ばしている。

全勢力見回してもいまだ2枚しか存在しない2コスト武力9槍兵。
もちろん刻印持ちかつ知力・征圧力ともに1で、1枚目と違い勇猛を持たないため不意の一騎討ちに注意。
将器はどれも計略と相性が良く、立ち回りで決めてしまっていいだろう。

計略「羌族の暴威」は火事場系の超絶強化。
自城が減っているほど武力が上がる。城100%で+2・50%で+8・10%で+16。
さらに自城が50%以下を切る(武力上昇値+8以上)と移動速度が1.5倍・槍撃ダメージが+6・攻城力が+6%される。
攻城力に関しては素の攻城力に関係なく固定値で足される。
効果時間は6.7c、知力依存0.4c(Ver.3.5.0A)。

スペック要員にも関わらず(場面は選ぶが)かなり強力な部類の効果。
城ゲージを奪い合うような展開では、非常に高い費用対効果を得られるだろう。
攻城力上昇と槍撃ダメージアップは一見すると噛み合わないが、攻防どちらにも適正があり無駄になりづらいということでもある。
当然ながら弱点も明確なので対策は容易だが、対策となりうる計略がないと相応に厄介な存在となる。

追加直後から群雄絡みの様々なデッキに採用され、特に序盤から仕掛けるタイプとの相性は抜群。
計略名さながらに暴威を振るう優秀なデッキパーツとして、高い採用率を維持している。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.2B 効果時間短縮 8.8c→6.7c
       槍撃ダメージ減少 +8 →+6

Menu

最新の20件

2021-06-19 2021-06-18 2021-06-17 2021-06-16 2021-06-15 2021-06-14 2021-06-13

今日の20件

  • counter: 19018
  • today: 2
  • yesterday: 33
  • online: 62