カードリスト / 第6弾 / / 劉備(光竜の義勇)


武将名りゅうび げんとく三志鼎立
劉備 玄徳「オレたちが未来を切り開く!
   暗闇の世に、光を創るんだ!」

蜀の基礎を築いた英傑。父が早世したためむしろを売って暮らしつつも、公孫瓚や牽招らと交流し、盧植門下で学問を学んだ。黄巾の乱が起こると、関羽、張飛と義兄弟の契りを結び、義勇軍を結成。各地を転戦して多くの人々に慕われた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職武官
特技魅力
将器兵力上昇 復活減少 攻城術
計略光竜の義勇漢の味方の武力が上がる。この効果は範囲内の味方の漢鳴レベルの合計値が高いほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに兵力が回復する。
必要士気5
Illustration : タカヤマトシアキCharacter Voice : 中村悠一


2枚目となる漢軍所属の劉備は1枚目のリメイクイラストとして登場。

スペックは5/7/1に魅力と、号令持ちとしてはバランスよくまとまっている。
将器は後述の計略と相性の良い兵力上昇と攻城術、撤退しやすさをカバーする復活減少といずれも使いやすい。

計略「光竜の義勇」は範囲内の味方の漢鳴レベルを参照する号令。範囲は半径4.5マスほどの自分中心円。
武力上昇値は1+漢鳴レベルの合計/2(端数切捨て)。
漢鳴レベル合計が6以上(武力上昇値が4以上)の場合、さらに兵力が25%回復する。
効果時間8.4c。(Ver3.5.0A)

最大の特徴は漢鳴レベルを参照するが、変化はさせないこと。旧シリーズ経験者なら「血判状の決意」がイメージとしてはわかりやすいだろう。
既存の漢鳴計略は、原則的に最大効果は一度しか使えなかったが、この計略は連続して使用することが出来る。

一方で単純に漢鳴レベルを溜めて使うなら、漢鳴計略を使用したほうが計略効果は高くなりがち。
特に漢鳴3まで貯めて使用するならば決起号令のほうが手軽に強力。(デッキ構築上武力+10は不可能)。
通常とは異なるデッキ構成や、連打出来る点を活かして利用していきたい。

漢鳴持ちの枚数、漢鳴レベルを溜める手段、試合展開に応じたゲームメイクまで選択肢は多岐にわたる。
それらの取捨選択をいかにこなすか、プレイヤーのセンスが問われる一枚。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

Menu

最新の20件

2021-03-09 2021-03-08

今日の20件

  • counter: 8607
  • today: 413
  • yesterday: 297
  • online: 131