カードリスト / 第6弾 / / 張任(不仕二君)


武将名ちょうじん鳳射の強弓
張任「天へと羽ばたくことは許さぬ。
   この一矢で地へと堕ちよ!」

劉璋に仕えた武将。寒門出身だったが、胆力と武勇で名を立てる。劉備が益州を攻めると籠城戦に追い込まれるも龐統を討つなど勇戦。再出撃した際に捕虜となり、劉備に幾度も降伏を説かれたが「老臣は二君に仕えず」と拒み、刑死を望んだ。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力8 知力7 征圧力3
官職武官
特技勇猛 攻城
将器兵力上昇 士気上昇 守城術
計略不仕二君(にくんにつかえず)武力と射程距離と走射中の矢ダメージが上がり、兵力が上限を超えて回復する。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる。ただし効果終了時に兵力が減少する
必要士気5
Illustration : 獅子猿Character Voice : 三宅健太


劉璋配下の剛将が、まさかの2.5コストで再登場。張任名義ではシリーズ最高コストである。

盧植(威力偵察)に続く、実質二枚目の漢2.5コスト弓兵(正確には劉璋がいるが専用構築が必須)。
スペックは武力・知力こそコスト相応だが、高めの征圧力3に勇猛・攻城持ち。
ただ高い征圧力は弓兵かつ漢鳴デッキとは噛み合っているとは言い難く、総合的にはやや物足りないバランス。
将器は漢鳴デッキ自体との相性は悪くないが、高コスト弓兵に求めるものとしては微妙。
場合によっては外してしまう事も視野に入れる必要がある。

計略「不仕二君」は超絶強化。
武力+5に加え兵力が上限を超えて40%回復し、射程距離1.4倍・剛弓ダメージ+5が追加される。
さらに味方の漢鳴レベルを+1するが、効果終了時に兵力が30%減少してしまう。
効果時間8.3c、知力依存0.42c(Ver.3.5.0A)。

計略内容は剛弓+遠弓+決死計略といった感じで盛り沢山。
一方で盛るだけ盛った結果剛弓以外の効果は控えめで、この計略だけで号令を追い返すような事は難しい。
士気5と重めかつ遠弓計略であるため、相手の機先を制してラインを上げさせないことが重要となる。

一時的な兵力回復もあるため、兵力がミリでも強引に居座りプレッシャーをかけたり、防衛時には乱戦要員になることも可能。
効果終了時の兵力減少こそあるが、兵力回復との差し引きではわずかながらプラス収支となる。
勇猛・攻城もある為後半の攻城要員も任せられるなど、できること自体は少なくない。

欠点は朱儁関羽同様のコストや計略必要士気の重さ。
加えて朱儁や関羽と違い武力8止まりで、将器も攻撃的ではない点が重くのしかかる。
さらに2コス武力8弓に蘇飛張任自身がいる点も困りものであり、コストの重さが悪目立ちしている。
そして素武力・素征圧力・漢鳴溜め用の強化計略持ちというポジションが同コストの盧植とダダ被りなのが一番の問題。
しかもあちらは士気4長時間計略かつ防柵持ちと、漢鳴デッキに欲しい要素を上手く網羅している。
そうなってくると計略必要士気1の差が重くのしかかってくるのが辛い。

スペック不足とポジション被りが祟り、追加以降異彩ポイントは最大値を記録し続けてしまっている。
計略自体は弱くはなく、漢鳴に依存せず瞬間火力が出せる高武力弓は漢軍では貴重な存在なのだが、それを最大限に活かせるデッキが見当たらないのが現状。

登場バージョン

Ver.3.5.0A

Menu

最新の20件

2021-04-11 2021-04-10 2021-04-09

今日の20件

  • counter: 11875
  • today: 19
  • yesterday: 37
  • online: 61