カードリスト / 第6弾 / / 高幹(栄光の大車輪)


武将名こうかん げんさい汾水の烈光
高幹 元才「辺境の気まぐれな風など、
    我が威光の前では無力だ!」

袁紹の甥。文武両道で袁紹から実子同様の統治権を与えられていた。袁紹が没すると袁尚の指示で河東に侵攻し、馬超・龐徳らと激突した。鄴が陥落した後に曹操軍に降るが、野心を秘めており、烏丸討伐の隙に乗じて反乱を起こした。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力5 征圧力2
官職武官
特技攻城 刻印
将器兵力上昇 速度上昇 攻城術
計略栄光の大車輪武力が上がり、全方向に槍の無敵攻撃を行う。この効果は自軍の士気が多いほど大きい
必要士気4
Illustration : サクマミツロCharacter Voice : 鳥海浩輔


袁紹の甥が兵種を槍に変更して再登場。

スペックは6/5に征圧力2、更に攻城持ちだが加えて刻印持ち。
袁家は5枚以上でデッキを組むと攻城力に難を抱える傾向にあるため、特技攻城はありがたい。
一方で1.5コスト槍は撤退しやすいポジションでもあるため、刻印のデメリットも相応に重い。
将器は撤退リスクを軽減できる兵力・速度上昇、特技攻城を活かせる攻城術といずれも使いどころがあり優秀。

計略「栄光の大車輪」は単体強化。読んで字のごとく栄光版の大車輪戦法。
士気12で使用すると武力+6の特大車輪になれるが、最低限の士気だと武力+2?の通常車輪となる。
効果時間は14.5c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

(漢鳴とは関係なく)重い車輪なら2.5淳于瓊や目覚め前提の王美人がいたが、軽めの士気でいつでも使える車輪計略は袁家では初。
汎用の大車輪戦法が武力+5であることを考えると、士気12での計略効果は車輪が大きくなるだけで
武力面でのメリットは大きいとは言えないが、対騎兵の備えとしては悪くない。

効果時間も3.5.1Bの調整を受け14.5cと、特大車輪計略としては非常に長くなっており、計略の独自性が増している。
士気12で使用した場合、計略終了後は約1cと少々待てば再び士気12になるほどの効果時間である。

問題は最大効果を狙おうとすればするほど、相手の士気も相応に溜まっていくこと。
車輪自体は弱くないものの所詮武力上昇は最大+6止まりである為、相手の計略をいなし切るのは厳しい。
当然使えば各種号令に支障をきたす為、効果に反して撃たされるのが一番避けるべき事態となっている。
効果時間は長く、士気フロー対策気味に使うことは可能なので、帰城を視野に入れながら退き気味に戦う戦術は比較的有効である。

士気絡みの1.5コスト武力6槍には既に同じ攻城持ちの高覧、魅力持ちの劉和、勇猛持ちの淳于瓊が存在する。
高覧は士気バック計略で上手に運用すれば実質士気0.5、
劉和は効果時間が長い上に消費士気が3と安く、12c後には再び士気が貯まりきる。
淳于瓊は高い武力上昇値と攻城力アップで決定力が高め。
それに対して高幹は士気4で小回りが効きにくい点で劣るが、長時間の特大車輪で騎馬に対しては一番強く出られるのが優位点である。


登場バージョン

Ver.3.5.0A

修正履歴

Ver.3.5.1B 効果時間延長 9.2c→14.5c

Menu

最新の20件

2021-05-16 2021-05-15 2021-05-14 2021-05-13

今日の20件

  • counter: 8718
  • today: 16
  • yesterday: 25
  • online: 66