カードリスト / 第5弾 / / 陸遜(才気煥発)


武将名りくそん はくげん社稷之臣
陸遜 伯言「一の手、二の手は成った。
  このまま敵の本拠を奪い取ろう」

孫権に仕えた文武兼備の将。無名ながら才能を見込まれ、呂蒙の後任に抜擢された。やがて関羽が樊城に侵攻すると、速やかにその本拠地を奪い、荊州を呉の領土とした。その後もよく孫呉を支え、智謀や忠誠心から「社稷の臣」と評された。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力9 征圧力1
官職武官
特技伏兵 魅力 攻城
将器兵力上昇 長槍術 征圧力上昇
計略才気煥発呉の味方の武力が上がる。この効果は対象の味方の特技の合計数が多いほど大きい。一定以上武力が上がると、さらに攻城力が上がる
必要士気6
Illustration : 黒葉.KCharacter Voice : 鳥海浩輔


第一弾で登場した駿才の名将が、新たな号令を手土産に再登場。

コスト比武力の低さ、征圧力の低さを有用な特技3つで補填するタイプのスペック。
総じて号令持ちとしては及第点のスペックに収まっている。
将器は戦闘力の低さを補う兵力上昇や長槍術が有力。

計略「才気煥発」は呉勢力限定の号令。
範囲内の味方の特技の合計数に応じて武力上昇値が変動する、同勢力の「白鶴の慧眼」と対照的な性質を持つ。
陸遜の所持分を含めた特技の総数が4〜5で武力+3、6〜8で+4、9~11で+5、12〜14で+6、15以上で+7。
効果時間7.8c(知力依存?c)、範囲は半径4マスの自分中心円。
武力上昇値+5以上(特技数9以上)で攻城力が+1.2?倍される。

計略の性質上、特技を盛った専用構築が求められる。
Ver3.1.0B現在で特技3つ持ちの呉武将は自身を除くと全て2コスト以上、1.5コスト以下は自身しかいない。
特技数15以上にするには7枚デッキしかないため、基本的には効果が大きく構成に無理が生じ辛い特技数12を目指すことになるだろう。
パーツの有力候補は特技3つに加え高いスペックを誇る孫策(風雲児)や黄蓋(偽降)などが挙がる。
また、低コスト特技2個の選択肢は多く、潘璋(伏兵防柵)を始め、魅力とあと何かを持つ武将は多い。
これらを用いて、特技の数を稼ぎたい。

効果時間がやや短めな上、当然ながら共振系計略のように武将が欠けている状態で撃つとパワーが落ちてしまう。
とはいえハマった時の瞬発力は士気6号令の中では間違いなく高い。
特に呉お得意の魅力盛り編成による開幕攻勢が決まれば、破壊力は凄まじい。
扱い辛さをいかに乗り越えて強みを押し付けられるか、プレイヤーの才気が問われる。

登場バージョン

Ver.3.1.0A

Menu

最新の20件

2020-11-26 2020-11-25 2020-11-24

今日の20件

  • counter: 18162
  • today: 8
  • yesterday: 93
  • online: 87