カードリスト / 第5弾 / 群雄 / 徐栄(破滅的な麻痺矢)


武将名じょえい好戦の猛将
徐栄「この一撃をかわせたら
    お前の名を聞いてやる!!」

董卓に仕えた武将。公孫度とは友人で、彼を遼東太守に推挙した人物。反董卓連合が挙兵すると、先鋒の曹操・鮑信軍を完膚なきまでに撃ち破り、曹操を討ち取る寸前まで追い詰めた。さらに孫堅との戦いでも太守を捕縛するなど戦果を挙げた。
コスト1.5
兵種弓兵
能力武力6 知力6 征圧力1
官職武官
特技勇猛 攻城 刻印
将器遠弓術 速度上昇 迅速攻城
計略破滅的な麻痺矢武力が上がり、矢を当てている敵の移動速度を下げる。ただし自城にダメージを受ける
必要士気4
Illustration : じんてつCharacter Voice : 森田成一


2枚目の徐栄が参戦。
公孫度を推挙したことにより、巡りめぐって当時の日本へ影響を与えた可能性がある人である。

スペックは呉の蒋欽に勇猛・攻城が付いた形だが、1.5コストとしては破格すぎるからか刻印持ち。
これまでの群雄の武力6弓兵は揃って知力2以下であった為、知力6というだけで十分に採用価値はある。
将器は麻痺矢計略かつ刻印持ちである事を考えると遠弓術が安定。
特技攻城を活かすなら速度上昇を選んだ方が無難。迅速攻城を選ぶなら号令デッキに採用するなど周りでフォローできる体制を整えておきたい。

計略「破滅的な麻痺矢」は単体強化。
武力+8に加え矢を当てている相手の速度を0.35倍にするが、自城に5%のダメージを受ける。
効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.3.0.0B)。
城ダメージは、効果時間中じわじわと減っていくではなく、即5%のダメージを受ける。
そのため、知力を上げて計略を使用しても5%で済むので、メリットだけを強化できる。

騎兵時代の自分は削れた城ゲージを火力に変える火事場計略であったが、今回は城ゲージを削る側となった。
自城ダメージと特技「刻印」によるデメリットからか、計略は士気4とは思えないほど強力。
高武力の麻痺矢から逃れる事は中々難しくカウンターやマウントで使っていけば大戦果を挙げることも可能。
守りにおいても単騎での超絶強化なら3倍速騎兵・長射程弓兵以外なら何もさせず足止めできる。
特に槍兵の超絶強化なら城に張り付かれてさえいなければ速度が上がっていようが槍が伸びていようがまず封殺される。
武力14になれるので射撃を捨てて乱戦・攻城させても普通に強い。
騎馬の自分自身と相性が良いことが惜しまれる。

ただ5%とはいえ城ダメージのリスクは相応に大きい。
使うからにはそれ以上のリードを奪っておきたいところ。
麻痺矢でのマウントや荒らしから特技を活かした攻城要員まで、幅広い活躍の見込める優良カード。

登場バージョン

Ver.3.0.0A

修正履歴

Ver.3.0.0B 効果時間延長 7.5c→7.9c

Menu

最新の20件

2020-09-29 2020-09-28 2020-09-27 2020-09-26

今日の20件

  • counter: 19288
  • today: 30
  • yesterday: 47
  • online: 51