カードリスト / 第5弾 / / 盧植(威力偵察)


武将名ろしょく しかん漢朝の軍事顧問
盧植 子幹「数の劣勢は覆せる。
  技術・時間・地形の3つの利でな」

後漢に仕えた軍事顧問。時代遅れの訓練を受けていた劉備や公孫瓚に革新的な訓育を施した。誇りや伝統より合理性を重視し、争乱では自ら考案した戦術と最新式の兵器を用いた。反感を買いやすく敵も多いが、生徒たちからの信頼は厚い。
コスト2.5
兵種弓兵
能力武力8 知力8 征圧力3
官職武官
特技防柵
将器遠弓術
計略威力偵察武力と射程距離が上がり、矢を当てている敵の知力を下げる。さらに特技「漢鳴」を持つ味方の漢鳴レベルが上がる
必要士気4
Illustration : 中島三千恒Character Voice : 真殿光昭


新潮社コラボの1枚。
イラストレーターの作品「軍靴のバルツァー」の主人公であるベルント・バルツァーが盧植として参戦。
士官学校の軍事顧問=先生という事なのだろうか。

実に劉璋以来となる漢軍2.5コスト弓。劉璋は専用デッキが必須なので、一般的なデッキで使える武将としては初。
コスト相応の8/8に高めの征圧力3、さらに防柵まで備えるハイスペック。
突き抜けた能力こそ無いが、総合力は他国の弓兵と比較しても非常に高い。
ただ漢軍の性質上、固定砲台になる遠弓計略と高征圧力を征圧ランク以外では活かしにくいのは残念。
将器はオーソドックスな遠弓術+兵兵兵。

計略「威力偵察」は単体強化。
武力+2、射程距離が1.7倍に加え味方の漢鳴レベルが1上がる。
さらに矢を当てている部隊の知力が-8されるようになる。
効果時間は20c、知力依存0.4c(Ver.3.5.1B)。

知力低下を活かして相手のメイン計略の使用を牽制したり、遠弓を活かして舞姫を潰したりと使い勝手は良い。
武力10かつ長射程&カウントも長めで相手のライン上げを簡単には許さないのが魅力。
しかしこういった役割は中コスト以下に求められることが多く、高コスト帯に求められやすい瞬間的な爆発力を持たないのが課題。
また2.5コストという点もデッキを圧迫するため、勇往邁進や終焉への覇道等、高コストフィニッシャーとデッキが組み辛い点も難点の1つ。
ダメージ計略とのコンボ相性は良いので、デッキの研究・開発が待たれるところ。

登場バージョン

Ver.3.1.0D (第三十四回大戦スタンプキャンペーン)

修正履歴

Ver.3.1.0E 武力上昇値増加 +2→+3
Ver.3.5.1B 武力上昇値減少 +3→+2

Menu

最新の20件

2021-05-07 2021-05-06

今日の20件

  • counter: 15363
  • today: 13
  • yesterday: 20
  • online: 57