カードリスト / 第5弾 / / 文醜(二枚看板・地)


武将名ぶんしゅう袁紹軍双璧
文醜「顔良!
  空からついてきなあっ!!」

袁紹に仕えた武将。袁紹軍の武将として名高く、官渡の戦いでは騎兵を文醜が、歩兵を義兄弟の契りを結んだ顔良が率いたという。顔良を討ち取った曹操軍を劉備と共に追撃するが、荀攸の策略にかかり陣形が乱れた隙を突かれ、戦死した。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力3 征圧力2
官職武官
特技勇猛 攻城 刻印
将器長槍術 速度上昇 攻城術
計略二枚看板・地自身の武力と兵力が上がり、最も武力の高い味方の武力と移動速度が上がる。さらに騎兵であれば突撃ダメージが上がる。ただし自身か対象の味方が効果中に撤退すると自軍の士気が下がる
必要士気6
Illustration : 前河悠一Character Voice : 祐仙勇


リファイン二枚看板の片割れ。地担当。

スペックはリファイン前の自身と比較して知力+1・攻城追加だが、ついでに刻印まで持たされた。
知力は上がったとはいえ相変わらず不安なままで、単純に刻印の存在がそのまま重くのしかかってしまっている。
将器はどれも悪くはないが、特技・計略を最大限活かすなら攻城術がお勧め。

計略「二枚看板・地」は自身と範囲内の最も武力が高い味方の2体を強化する。勢力制限なし。
自身は武力+6、兵力40%回復。
味方は武力+6、移動速度1.6倍。対象が騎兵なら突撃ダメージ+4。
ただし自身または対象の味方のどちらかが撤退してしまうと士気が-12される。
なお時間差でどちらとも撤退した場合は2回士気が下がる。
計略範囲は自分中心前方円で回転可能なため、最高武力でない武将に計略をかけたい場面でも、ある程度対象を自分で選ぶことは出来る。
効果時間は7.9c、知力依存0.4c(Ver.3.1.0C)。

文醜が城に張り付き、味方騎兵がマウントを取る動きを1枚で完結させている計略。
本人が攻城術持ちという事もあり、城を取られるか部隊を取られるかのプレッシャーを与えるのは難しくない。
また、兵力回復つき槍兵と速度&突撃ダメージ上昇つき騎兵の組み合わせは守りでも有効。
文醜がマウント騎兵をけん制しつつ敵を抑え、相方が突撃を入れれば生半可な号令ではそうそう突破できない。

一方で弱点も文醜本人
上がったとはいえ知力はたったの3である為、ダメージ計略にすこぶる弱く簡単に崩されやすい。
仮に撤退してしまうと士気は一気に枯渇して莫大な士気差が付き、刻印持ちのせいで長時間主力が不在と、
戦線崩壊では済まないレベルの大損害を被る事になってしまう。
デメリット軽減のために、できるだけ使用後に士気を残しておかないことが望ましい。
士気6しかない状態で使ったり、余った士気をあらかじめ使い切ったりする(士気バック計略がベター)と良いだろう。

最大の問題は1枚目と全く同じコストで「文醜」として出てしまった事
1枚目の文醜も知力こそ低いが他の能力に大差は無く、計略使用時の撤退のリスクはこちらより軽い。
ギリギリ及第点の知力を得た相方と違い知力2→3のメリットが薄く、立場的にはかなり苦しい。

登場バージョン

Ver.3.1.0A

修正履歴

Ver.3.1.0C 効果時間延長 6.7c→7.9c

Menu

最新の20件

2021-03-03 2021-03-02 2021-03-01 2021-02-28

今日の20件

  • counter: 13521
  • today: 16
  • yesterday: 15
  • online: 97