カードリスト / 第4弾 / / 馮習


武将名ふうしゅう きゅうげん
馮習 休元「日を避けて火を浴びるってか!
        冗談じゃねえ!」

蜀の武将。夷陵の戦いで諸軍を指揮し、呉班らと共に呉軍を次々と撃ち破ったが、連勝による油断から陸遜の策を見抜けず、火計によって大打撃をこうむる。全軍が混乱する中、戦場に踏みとどまり乱戦した末、討ち死にした。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力4 征圧力1
官職武官
特技-
将器城門特攻 攻城術 征圧力上昇
計略決死の迅攻武力と攻城速度が上がり、兵力が上限を超えて回復する。ただし効果終了時に兵力が減少する
必要士気4
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 斉藤壮馬


ver2.6にて追加された蜀軍2コスト弓は、まさかの夷陵の戦犯だった。

新シリーズでようやく登場した、蜀軍2コストにして武力8の弓。
更に知力も4と最低限備えているが、その代償で征圧力1無特技。弓が苦手な勢力であり、これ以上を求めるのは贅沢だろう。
将器はやたらと城攻めに傾いている。扱いやすいのは攻城術だが彼で攻城するつもりがないなら他の武将に回してしまおう。

計略「決死の迅攻」は決死系強化計略。
武力+4、攻城速度が1.2倍になり、兵力が上限を超えて40%回復する。
ただし、効果終了時に兵力が50%減少する。効果時間は6.7c(知力依存0.8C/Ver.3.0.0D)。

兵力は瞬間的に40%回復するが、効果時間が短い上に終了後はそれ以上の減少が待っている。
攻城速度上昇がつくことから「どうしてもあと1発攻城したい」という場面には噛み合っている。
攻城術との相性は悪くない為、士気に見合った戦果を挙げられないことはない。
武力上昇量は強化戦法と同じで兵力回復量は半分もいかないが、素武力が高い為案外粘れる。
最後の数カウントで使えば兵力減少のデメリットも無視できるため、この計略で時間切れを狙うのも中々強力。

武力6〜7で推移していた蜀2コスト弓で初の武力8である(武力インフレが起こっていた3時代ですら蜀に2コスト武力8の弓兵は存在していなかった)事で、蜀デッキの構築幅を大きく広げた一枚。
登場以降高い使用率をキープし、後の蜀の弓兵のデザインにも大きな影響を及ぼしている。
一方で、他の2コスト弓の採用率を大幅に下げてしまった元凶にもなってしまったが…。

あまりにも採用率が高すぎる為、Ver.3.0.0Dにおいて8/2/2から8/4/1になるエラッタが為された。
これにより征圧目当てでの採用はしづらくなったが、むしろ馮習にとっては知力上昇の恩恵がものすごく大きい
知力10の伏兵すら素で耐えるようになり、ダメージ計略も夷陵の炎どころか兵2あれば赤壁の大火すら耐える
夷陵の戦いの戦犯なのに夷陵の炎を素で耐えるのは理不尽極まり無さすぎる
知力が上がった事により決死の迅攻の効果時間も1.7c伸び、だいぶ使いやすくなった。
征圧力低下も武力弓・攻城重視で考えるのであれば大問題にはならず、しいて挙げれば馬張飛と組みにくくなったくらい。
若干の構築見直しを余儀なくされるとはいえ強さの根源は健在であり、引き続きの活躍が見込まれる。

完全な余談になるが『Fate/Grand Order Arcade』でイベント「ぐだぐだ本能寺」が開催された折に、公式サイトに書き下ろされたぐだぐだオーダーにてノッブから「蜀の82弓強すぎワロタ」(Ver.2.6.0A)とほぼ名指しでネタにされている。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0C 武力上昇値減少 +5→+4
       兵力回復量減少 60%→40%
Ver.3.0.0D エラッタ実施「知力2→4、征圧力2→1」

Menu

最新の20件

2020-08-15 2020-08-14 2020-08-13 2020-08-12

今日の20件

  • counter: 31345
  • today: 30
  • yesterday: 62
  • online: 105