カードリスト / 第4弾 / / 馮習


武将名ふうしゅう きゅうげん
馮習 休元「日を避けて火を浴びるってか!
        冗談じゃねえ!」

蜀の武将。夷陵の戦いで諸軍を指揮し、呉班らと共に呉軍を次々と撃ち破ったが、連勝による油断から陸遜の策を見抜けず、火計によって大打撃をこうむる。全軍が混乱する中、戦場に踏みとどまり乱戦した末、討ち死にした。
コスト2.0
兵種弓兵
能力武力8 知力2 征圧力2
官職武官
特技-
将器城門特攻 攻城術 征圧力上昇
計略決死の迅攻武力と攻城速度が上がり、兵力が上限を超えて回復する。ただし効果終了時に兵力が減少する
必要士気4
Illustration : 杉浦善夫Character Voice : 斉藤壮馬


蜀待望のコスト2に武力8の弓兵が、黄忠を差し置いて遂に登場。
傅彤・沙摩柯・そして馮習と、夷陵の戦いで戦死した武将がやたら高武力揃いなのは一体…

スペックとしては前述の通り、Ver.2.6.0A現在蜀弓兵唯一の2コスト武力8。更に征圧力も2。
その代わり知力は僅か2の上特技無し。苦手兵種である為致し方なしだろう。
将器だが、何故かやたら弓兵と相性が悪い物を押し付けられてしまっている。
その為将器はいっそ覚醒せず、他の武将に回すのも有り。
武力8弓というだけで既に一定の個性を発揮している為、他に優秀な将器を持つ武将や、将器を優先的に回したい武将と組みやすい。

計略の「決死の迅攻」は、武力+5、攻城速度が1.2倍になり、兵力が上限を超えて60%回復する。
ただし、効果終了時に兵力が50%減少する。効果時間は5c(Ver.2.6.0A)。
攻城速度1.2倍は将器の迅速攻城と同じ速度ではあるが、効果時間がかなり短く、コストパフォーマンスは今ひとつ。

馮習を採用する場合、攻城向けな性能の計略に焦点を合わせるのではなく、専ら素武力を買って採用することになるだろう。
他の性能が低くともコスト2武力8の弓というだけで、将器や計略を意識せずとも存在感が非常に大きい。
自身が持つ征圧力2も総征圧に貢献し、自軍の領域を守りながら弓が撃て、武力8弓は時に乱戦による白兵戦を求められる事もあり、その時に地味に役立つ。
塗りに関しては、蜀の優秀な騎馬や槍に任せた方が良い。その時は自身の武力8弓で敵を簡単に近づけさせないようにすれば征圧領域を効率的に広げられる。

あまりにも攻城に特化した所為で逆に個性になっている部分もある。
デッキによっては強引に城にねじ込んで、後ろで騎馬や槍がマウントする場面も多い。
弓兵といえど武力8なので乱戦だけでは止めづらく、城にも守城部隊にも結構な損害を与えられる。
号令の種類が多く、長槍マウントで突撃防衛テクニックを封じやすい蜀軍では、この面が特に力を発揮する。
この時攻城術を覚醒させておくと、強引に一撃二撃持っていく事も簡単になり、相手に守城術や攻城低下関連の妨害等がない限りは、中々止められない。

Ver.2.6.0A時点では特に漢王朝の末裔の劉備とは相性が良い。
普段はコスト比武力が低い劉備を後ろからサポートする事で兵力を削り、
計略蒼で攻城力を増加させた状態で突っ込めば、自身の攻城術もしくは城門特攻と相乗して高い攻城力を発揮してくれる。

武力8弓だけで将器や計略を意識せず運用できる為、今後も様々な形のデッキに入るだろう。
蜀デッキの構築幅を広げてくれた一枚と言える。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

Menu

最新の20件

2019-11-20 2019-11-19 2019-11-18 2019-11-17 2019-11-16

今日の20件

  • counter: 13267
  • today: 23
  • yesterday: 70
  • online: 61