カードリスト / 第4弾 / / 張苞(蛇矛継承)


武将名ちょうほう次世代の将
張苞「父上の蛇矛は、今の僕には・・・・・・
   いや、オレが受け継ぐんだ!!」

張飛の息子。父に劣らぬ勇将であったという。張飛が部下に暗殺されると、夷陵の戦いに参陣し、その陣中で、関羽の子・関興と義兄弟の契りを結んだ。その後も諸葛亮の下で北伐に加わり、将来を期待され蜀軍の一角を担った。
コスト2.0
兵種槍兵
能力武力8 知力3 征圧力1
官職武官
特技勇猛 攻城
将器兵力上昇 長槍術 攻城術
計略蛇矛継承武力と槍の長さが上がり、槍撃を当てた敵の武力を一定時間下げる
必要士気5
Illustration : 竜徹Character Voice : 天滉平


2枚目の張苞も槍兵で登場。

1枚目の自身との違いは知力+1・征圧力-1・攻城追加。1枚目よりも攻城戦に寄せた性能になっている。
将器も二つ被っている。とは言え、本人が攻城持ちである事から攻城術との相性は良く、
唯一被っていない兵力上昇もVer.2.6.0A現在、2コスト武力8槍では他に牽招しか所持者がいない貴重なものである。

計略「蛇矛継承」は武力が+6、槍の長さが1.85倍となり、槍撃を当てた相手の武力を4下げるというもの。
妨害時間は知力関係なしに約2cで固定。効果時間は7.9c、知力依存は0.8c(Ver.2.6.0A)
なお槍撃を当て続けた場合は、武力低下が累積していくのではなく、武力低下時間がリセットされる仕様。

欠点は本人の性能と計略の性能が噛み合ってない事にある。
計略を使用するからには槍撃を出す必要があるが、攻城中は槍撃を出せない為、武力+6しか発揮できない。
しかし前述の通り攻城を持つ上に攻城術将器もあり、武力8槍なので高い攻城力を叩きだせる。
その特徴を捨てて槍撃マウント役にするのは勿体無い。なんとも歯痒い性能になっている。

槍撃を当てると武力低下するという点も、どちらかというと援護向けな計略。
前線に突っ込むより、味方の一歩後ろもしくは並列して、自身は極力乱戦せず槍撃を当て続けるという手法が求められる。
貴重な武力8兵力上昇将器を活かすのであれば、出来るだけ最前線に出た方が良いため、ここでも計略は少し噛み合わない。
槍撃を当てた相手に自身が突っ込んでも良いが、妨害時間は僅か2cしかないので、槍撃を当て続けた方が効率は良い。

逆手に取れば、計略の弱体槍撃による援護と、武力8槍による前線突破力、攻城特技と攻城術による高い攻城力の三つを同時に持ち合わせてる。
その場その場で臨機応変に使い分ければ器用貧乏から万能武将にランクアップできる可能性は秘めている。
基本は武力8槍で攻城持ちというスペック要員として活躍させた方が無難だろう。
相手が消費士気が軽い計略で凌ごうとした時や、号令を誘い出そうとした時等には、この計略が光るかもしれない。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

Menu

最新の20件

2019-11-20 2019-11-19 2019-11-18 2019-11-17 2019-11-16

今日の20件

  • counter: 11907
  • today: 20
  • yesterday: 60
  • online: 70