カードリスト / 第4弾 / / 関銀屏(砕城の目覚め)


武将名かんぎんぺい幼き青龍
関銀屏「父上から受け継いだ血が
      今、目覚める!!」

関羽の三番目の娘。父親ゆずりの武勇を持ち、女性であるにもかかわらず、諸葛亮の南蛮征伐に参加したと言われている豪傑。孫権の息子との縁談話が持ち上がったが、関羽が「犬の子に虎の子はやれぬ!」と断り、蜀と呉の関係が悪化した。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力6 知力4 征圧力1
官職-
特技勇猛 魅力
将器復活減少 速度上昇 征圧力上昇
計略砕城の目覚め戦場にいる蜀の味方の武力の最大値が大きいほど武力が上がる。一定以上武力が上がると、さらに槍の長さと槍撃ダメージが上がり、槍撃で敵城を攻撃できる
必要士気4
Illustration : 陸原一樹Character Voice : 斎藤千和


かつて三国志大戦2にて大きく話題となった陸原氏の関銀屏が新規イラストとなって新登場。

スペックは武闘派槍兵で、武力6に特技2つと優秀な反面征圧力は1となっている。
将器は弱点を補う征圧力上昇、計略を補強する速度上昇、槍兵と噛み合う復活減少といずれも優秀。
特に復活減少はVer3.0.0現在、蜀の1.5コスト武力6槍兵では唯一となる。

計略「砕城の目覚め」は目覚め系超絶強化。
蜀の味方の最大武力を参照して武力が上がり、一定以上になると槍の長さ2.15倍・槍撃ダメージ+5に加え、槍撃で攻城できるようになる。
武力上昇の計算式は「蜀の最大武力(自身含む)×0.4+3(小数点以下切り捨て)」。最大武力が13(+8)以上で追加効果が発生する。
槍撃による攻城ダメージには武力依存があり、槍撃1回につき(0.3+武力×0.05)%となっている。
効果時間7.5c(Ver2.6.0A)

最も輝くのはやはり敵城付近での攻防だろう。追加効果を発生させれば、攻城する味方の援護をしつつ自身も敵城を削り取る事が可能。
長い槍を活かしての潜り突撃封じ、乱戦してきた敵を削り取る、手が空けば槍撃攻城とやれることが勢ぞろい。
ただし、直接攻城可能なためか槍撃ダメージボーナスは他の剛槍系計略に比べるとやや控えめ。
乱戦されて槍を消されてしまうと計略の強みを活かしきれず、速度上昇もないため離脱は困難。
効果時間も長くはないため、数カウント止められるだけでも相当な損となる。

不具合

「槍撃で敵城を攻撃できる」効果が一戦闘を通じて機能しなくなることがある

ワルキューレ呂布と同じもの。
槍撃での敵城攻撃というアイデンティティが奪われる重篤な不具合である。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

Menu

最新の20件

2021-03-09 2021-03-08

今日の20件

  • counter: 37281
  • today: 31
  • yesterday: 40
  • online: 139