カードリスト / 第4弾 / 群雄 / 董卓(魔王の蹂躙)


武将名とうたく ちゅうえい暴虐の魔王
董卓 仲穎「ワシに歯向かった報いよ。
  さて、どう喰ろうてくれるか」

後漢王朝を終焉に導いた魔王。献帝を擁立して絶対的な権力を握ると、苛烈な法令や、残虐な刑罰を次々に発し、罪無き人々を問答無用で惨殺した。董卓の非道を極めた暴挙に、人々の恐怖の悲鳴は天を劈き、洛陽は阿鼻叫喚の地獄と化した。
コスト3.0
兵種騎兵
能力武力9 知力7 征圧力3
官職武官
特技魅力
将器突撃術 速度上昇 征圧力上昇
計略魔王の蹂躙群雄の味方の武力と移動速度が上がり、槍の迎撃ダメージを受けなくなる。ただし効果終了時に撤退する
必要士気8
Illustration : RARE ENGINECharacter Voice : 益山武明


RARE ENGINE氏の董卓が遂に復活。
並み居る群雄を差し置いて通算5枚目の別性能・SRの董卓が揃った。

遂にコストは最大の3に。
スペックは9/7と3コストとしてはまずまずだが征圧力3。特技は旧作リスペクトか魅力のみ。
将器に征圧力上昇がある為、唯一素で征圧力4になれる稀有な騎兵だが、
征圧3→4は大差ない事に加え他の将器も魅力的である事もあり、選択肢としては悩ましいところ。

計略「魔王の蹂躙」は遂に群雄董卓にも来た英傑号令。
範囲内の群雄の味方の武力が+8・速度2倍に加え迎撃されなくなるが、効果が切れると全撤退が待っている。
効果時間は7.5c、知力依存0.4c(Ver.2.5.1D)。

分かりやすく言えば征圧力低下の無い「天啓の幻」+「人馬の大号令」。
並の英傑号令以上の武力上昇+速度上昇・迎撃無効は確かに強力だが効果時間が並の長さしかない為、敵部隊は殲滅できても攻城までの道のりが遠い。
攻城マウントで使えなくも無いが、城に張り付いた部隊の分、高武力人馬効果のプレッシャーも減る事となり、士気8としての戦果を引き出すのはなかなかに困難。
敵を殲滅、或いは大幅な攻城ダメージを奪える状況でなければ、容易に士気差カウンターを許す結果となりかねない。

最大の問題は董卓本人が3コストと重すぎる事だろう。このせいでデッキパーツが相応に制限される羽目になる。
デッキを低コストで固めた場合は自身が攻城役に回らざるを得ず、折角の征圧力3が腐りやすくなってしまう。
計略をちらつかせ高い征圧力を活かして立ち回るにも、さすがに3コストを征圧前提のみで採用するのは重い。
そもそもスペックを押し付けるなら0.5コスト下に征圧力-2の代わりに同武力同知力、不意の一騎打ち事故を予防できる勇猛も備える馬騰の存在が大きい。

また群雄限定というのも悩ましいところで、群雄勢力の特性上知力に問題を抱えたデッキが出来上がりやすく、
群雄には全皇后や小喬・壱与と言ったデメリットを打ち消せる武将もいないので全滅は避けられず、
ほぼ必然的に再起の法の選択が前提になりがち。

登場時から使用率は芳しくないものの、盧氏(賢狼の導き)で計略耐性を付けつつラインを押し上げ、
士気が貯まり次第魔王の蹂躙に繋ぎ、将器城門特攻を覚醒させた区星で一撃落城を狙うデッキが運用法の一つとして確立されている。
一度の攻勢で落城させてしまえばリスクはないに等しく、法具もつぎこんだフルコンを止めることはそうそう容易ではない。
狙いがバレバレではあるものの、ワンチャンスで瞬時に試合を決める爆発力は魔王の面目躍如といったところ。

総じて尖りに尖ったカードであり、あらゆる点で本人が重いことも含め、デッキ構築に相当な自信のある人向けの武将であろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 武力上昇値増加 +7→+8
Ver.2.5.1D 効果時間短縮 7.9c→7.5c

Menu

最新の20件

2019-12-12 2019-12-11

今日の20件

  • counter: 31118
  • today: 23
  • yesterday: 36
  • online: 100