カードリスト / 第4弾 / 群雄 / 張梁(大猩々戦法)


武将名ちょうりょう復活の黄巾
張梁「腐敗した世に、
  黄巾の旗を掲げるのだ!」

黄巾賊の首領・張角の末弟。「人公将軍」と称して各地で反乱を起こし、官軍を苦しめた。長兄の張角が病死すると、その遺志を引き継いで戦ったが、張角が病死したことで勢いづいた官軍を止めきれず、斬殺された。
コスト1.5
兵種歩兵
能力武力6 知力1 征圧力2
官職武官
特技攻城
将器攻撃力上昇 兵力上昇 攻城術
計略大猩々戦法武力が上がり、兵力が上限を超えて回復する
必要士気5
Illustration : 牧野卓Character Voice : 三宅健太


牧野卓氏が手掛ける元祖ゴリこと張梁が帰って来た!

相変わらずの歩兵だが、コストは1.5にグレードアップ。2枚目の張梁が登場したのは全シリーズで初。
武力はコストとしては十分な6、征圧力も2確保しているが、知力は安定の1なのはご愛敬。
どうしても攻城役になりやすい歩兵なので、特技攻城も将器攻城術も嬉しいところ。
しかしスペックを盛られがちな歩兵としては、1コスの自分が武力5なのもあって寂しい数値と言わざるを得ない。
Ver.2.5.0A以降は将器攻城術の効果が落ちたがVer.2.6.0A時点では上方修正が入り、計略との相性も良いので有力候補に。

計略「大猩々戦法」は張梁らしく回復計略。ちなみに大猩々とはゴリラの事である。
ゴリゴリ言われてたら遂にゴリラ戦法を持たされてしまった
武力が+2され、更に兵力が上限を超えて120%回復する。
効果時間は7.5c、知力依存0.8c(Ver.2.6.0A)

100%を超える回復量によって、撤退寸前の状態で使用しても元通り以上の兵力になるのは圧巻。
攻城力も、壁でもおよそ内乱1発分は持って行くため無視もしづらい。
単純な効果ではあるが、たとえデッキ内の主力であっても無士気ないし1枚で城ダメージを0に抑え処理することは難しい。
相手に連続突撃や連続槍撃などのカード操作や対処に複数部隊を割くことを強いる一方、
こちらは計略使用後は張梁を気にすることなく他のカード操作に集中できるので、
士気効率だけでなく盤上のその他の場所での有利も取れる。
歩兵ではあるが、絶対無視を許さないカードとなっている。

弱点としては武力+2は士気5の対価として全然見合わず、自身も歩兵なので殲滅力はほぼ無いと言っていい。
士気5というのも単体回復としては重いので、安易に連打すると本命の方を無士気で対処されかねない。
メイン計略・キーカードにするにはパンチ力が圧倒的に不足している。
キーカードは別に据え、この計略は主に戦力分散の為の計略である事を意識したい。
また幾ら戦力分散目的でも、相手が攻城力を上げる号令、殲滅力が高い号令で押し込んだり、攻城兵を主軸にしたデッキだったりと、
一発逆転の攻城力を持って攻められた場合は悠長に端攻めしている場合ではない。
時には壁となり相手の攻撃から守る必要もある。その時に端攻めで居なくて結果守りきれなかったという事のないように。

登場時は武力+5の上限超え200%回復と、不撓不屈のお株を奪う凄まじい性能を誇っていたが、
上記のように攻城役と兵力回復の相性が非常に良く、勝率上位に居座り続けて幾度も下方修正を受け続け、
Ver.2.6.0Aにてとうとう兵力回復量にメスが入り不撓不屈に勝る部分がなくなった。
それでも1.5歩兵が特技攻城を持って端攻めして内乱とほぼ同じ威力をたたき出すのは無視はできない為、
今後も群雄勢力の攻城役として活躍していくであろう。

登場バージョン

Ver.2.5.0A

修正履歴

Ver.2.5.0C 武力上昇値減少 +5→+3
Ver.2.5.1B 武力上昇値減少 +3→+2
Ver.2.6.0A 兵力回復量減少 200%→120%

Menu

最新の20件

2020-02-19 2020-02-18 2020-02-17 2020-02-16

今日の20件

  • counter: 23454
  • today: 1
  • yesterday: 12
  • online: 51