カードリスト / 第4弾 / / 鄒靖


武将名すうせい
鄒靖「志ある者よ、戦え!
   お前たちの正義のために!」

後漢の武将。黄巾の乱において、兵を集めるため高札を立てて募集したところ、これを見た劉備らが決起し、義勇兵として従軍することとなった。劉備を従えて黄巾賊を討伐した後は、公孫瓚と共に胡族を追討するなど、北方の賊軍と戦った。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力5 知力7 征圧力1
官職武官
特技伏兵
将器兵力上昇 地の利 征圧力上昇
計略義勇兵の高札漢の味方の兵力が回復する
必要士気4
Illustration : 伊藤サトシCharacter Voice : 松田裕市


劉備の旗揚げのきっかけになった男が初登場。

1.5コスト騎兵にして5/7/1伏兵となかなかのスペック。
特に漢の伏兵持ち1.5コストで武力5以上は現状鄭泰と彼のみであり、高めの知力と相まって文武に渡って活躍が見込める。
征圧力1は気になるところだが、ここは将器でカバーすることも可能。
その他の将器も、後述の計略と相性の良い兵力上昇、柵盛り対策に一人は用意しておきたい地の利と、どれも優秀な部類に入る。

計略は漢の味方の兵力が40%回復する。(Ver.3.0.0B)
士気4としては他勢力の回復計略と概ね同じ回復量である。
漢の今までの回復計略はこれまで全て漢鳴絡みであったため、癖のない回復計略は実は初。
計略範囲もVer.2.6.0Bの修正を受けて目を見張るほど大きくなっており、攻城中の味方を自陣中央辺りから回復するなどトリッキーな使い方も可能となった。
単独行動が多い騎兵だけに計略が遠くまで届くようになったのは嬉しい修正と言え、栄光デッキや老師の布石デッキに回復を組み込みたい場合は選択肢に挙がるだろう。
特に、老師の布石の効果時間中なら回復と同時に武力+2がついてくるため、非常にバランスのよい計略となる。

実装以降使用率はほどほどであったが、老師の布石と組んで延々とマウントを取る運用が確立されたことで評価を上げ、3.0.0A終了前に公開された勝率ランキングにも食い込んでいた。
続く3.0.0Bにて田豊ともども下方修正が入り、回復量は40%と漢鳴0の陶謙と同レベルまで落ちてしまった。
それでも漢軍において癖のない回復計略は貴重であり、何より本体スペックが良好なことに変わりはないため、老師の布石を使うのであれば引き続き相方候補の有力な一人と言えるだろう。

登場バージョン

Ver.2.6.0A

修正履歴

Ver.2.6.0B 範囲拡大
       兵力回復量増加 45%→50%
Ver.3.0.0B 範囲縮小
       兵力回復量減少 50%→40%

Menu

最新の20件

2020-10-20 2020-10-19 2020-10-18

今日の20件

  • counter: 12602
  • today: 8
  • yesterday: 11
  • online: 92