カードリスト / 第3弾 / / 曹丕(文帝の覇道)


武将名そうひ しかん天下の支配者
曹丕 子桓「膝を折れ、命乞いをしろ。
      ・・・・・・だが許さん」

曹操の三男。曹操から魏王の座を継いだ後、献帝に禅譲を迫り、魏の初代皇帝に即位。漢王朝から続く腐敗した政治を一掃し、魏・晋の安定した治世の礎を築いた。曹丕が存命であった頃は諸葛亮も北伐ができないほど盤石な体制だった。
コスト2.5
兵種騎兵
能力武力7 知力9 征圧力3
官職武官
特技防柵 魅力
将器攻撃力上昇 知力上昇 速度上昇
計略文帝の覇道魏の味方の武力が上がるが、撤退すると復活時間が長くなる。この効果は撤退しても継続する
必要士気7
Illustration : タカヤマトシアキ


1枚目に引き続き、皇帝スタイルで登場した文帝。「1」以来の騎兵として登場。

スペックは2.5コストにして武力7とやはり曹丕らしく低め。
但し征圧力は3であり、騎兵である為征圧戦には強め。殴り合いになり過ぎないように注意する事。
将器は悩ましいところだが、コスト比戦闘力が気になるなら攻撃力上昇、征圧戦重視なら速度上昇、
計略重視なら知力上昇を選ぶのが吉か。いずれにせよ、将器によって動かし方が相応に変わる。

計略「文帝の覇道」は1枚目と同じく超長時間の号令。
武力は+2されるだけだが、効果時間は素の知力で約56.7c、将器知力上昇覚醒時で約64.2cなので、
試合開始から士気12近辺で打てば素の状態でも永続と考えてよい。
そのため将器の知力上昇はやや優先順位が落ちる。

そしてこの計略最大の特徴は撤退しても効果が切れない=復活後も武力+2が残ると言う事。
これだけの永続号令で、撤退しても効果が持続するというのは士気効率と言う点でも非常に嬉しいところ。
但しなんのデメリットも無いわけではなく、撤退した場合は撤退時間が+5秒されてしまう。(Ver2.0.0A)。

撤退時のデメリット自体はそこまで極端に重いわけではないが、割と5秒伸びるだけでも痛手。
幸い本人が騎兵である為、騎馬単を軸にすれば撤退リスクを抑えてメリットだけを享受することも比較的容易な部類。
ただ1枚目の自身と同じく、武力上昇値が士気7を支払う割に非常に慎ましい。
これだけで勝てるわけではないので、これに重ねて使う効果的な計略が別に必要になる。
この点でデッキコンセプトは魏武の継承者に似通ったものになると言っていい。
ただし1枚目の自身と違い、撤退しても効果が切れない=自身の計略の2度掛けは出来ないという事は留意しておきたい。

魏武の大号令」と違い征圧力は下がらない為、攻城戦に寄せた戦術に拘らなくていいのはメリット。
一方で、守城時の撤退はそれだけ防衛戦力の復帰に時間が掛かると言う事でもある点がデメリット。
メリットとデメリットがはっきりしている為、なるべく守り重視に立ち回らないようにする事が肝要である。
また、前述の通り曹丕のスペックがやや低い為、士気7溜まるまでのフォローも考えたい。

ちなみに、撤退カウント延長効果のある計略とは効果が重複してしまうので注意。
魏1.0司馬懿を範囲内にいれ、計略を打つと特殊台詞あり。