カードリスト / 第3弾 / / 諸葛喬


武将名しょかつきょう はくしょう
諸葛喬 伯松「美しい大河に、力強い峰々・・・・・・
 さて、次はどこを旅しようかな」

諸葛瑾の二男。当時、子のいなかった諸葛亮の養子となる。実父譲りの温厚な性格で、劉禅の姉を娶るなど将来を嘱望された。若い頃は霍弋と共に見聞を広める旅に出たが、その才能を発揮する前に25歳の若さで病に倒れた。
コスト1.0
兵種騎兵
能力武力1 知力8 征圧力2
官職文官
特技-
将器兵力上昇 突撃術 速度上昇
計略忠義の転進最も武力の高い蜀の味方を一瞬で城に戻し、兵力が上限を超えて回復する
必要士気3
Illustration : 麻谷知世


諸葛一族の一人・諸葛喬が、養父・諸葛亮と同勢力の蜀の武将として初参戦。
ちなみに実父・諸葛瑾や兄・諸葛恪同様のモノクル装備。

参戦時点では蜀コスト1騎兵で唯一の征圧力2が光る。一方で武力1特技無しなので無理は利かない。
異様に将器の質が良いが、基本忘れていい。

計略「忠義の転進」は実父が持つ「万全なる転進」の単体版とも言える計略。
兵力回復量は80%。
最大の違いは兵力回復が上限を超える点。蜀限定である為混色はできない。
主な用途は緊急離脱。槍兵が多く、デッキ自体の足が遅くなりがちな蜀との相性は悪くはない。
前線から戻すのは基本的に消耗した味方である為、上限突破回復はあれば嬉しい程度に留めるのが吉。
……だったのだが。誕生以来コツコツと強化され続けた結果、回復量はついに75%を超えた。
ここまでくると話が違ってくる。回復30%だった頃とは異なる動きが出来そうだ。

問題はやはり、対象が単体である点か。
前述の通り槍兵が中心になりやすい蜀では「誰を城に転進させるのか」と言う問題に直面しやすい。
1部隊生還してどうにかなるのか?という問題に加え、そもそもそうはならない様に努めるのがセオリー。
2部隊戻せば士気6と英傑号令並みの消費である為、下手な連打は返ってこちらの首を絞める。
これらを払拭する手立てとして、単純にデッキを4枚にしてコスト比効率を高めるのもアリ。

霍弋、鮑三娘(神槍)、魏延(黒揚羽)など長時間計略の窮地を救えるのも大きな利点。
総征圧、塗りの補佐に回りつついざという時に小回りの利く、サポーターとして優秀な一枚となった。

登場バージョン

Ver.2.0.0A

修正履歴

Ver.2.0.0C 兵力回復量増加 20%→40%
Ver.2.0.0D 兵力回復量増加 40%→50%
Ver.2.1.0C 兵力回復量増加 50%→80%