カードリスト / 第3弾 / / 賈南風(悪女の放蕩)


武将名かなんぷう稀代の悪女
賈南風「あたし自らのお仕置きよ?
 這いつくばって、泣いて喜びなさい♪」

賈充と郭槐の娘で、晋の二代皇帝・司馬衷の妻。背が低く、子を期待できない体形だったとされる。父や母から陰謀の才能と嫉妬深い性格を受け継ぎ、嫉妬と私怨から何人もの将や側室を殺し、暗愚な夫に成り代わって専横を極めた。
コスト1.5
兵種槍兵
能力武力4 知力6 征圧力1
官職-
特技魅力 覚醒
将器兵力上昇 城門特攻 征圧力上昇
計略悪女の放蕩晋の味方の武力と移動速度と攻城力が上がる。ただし効果中は自軍の覚醒ゲージが徐々に下がり、覚醒ゲージがなくなると効果が終了する
必要士気8
Illustration : ひと和Character Voice : 斎藤千和


晋の2枚目の賈南風は堂々のSR。
1枚目が魏の旧作復刻(城内水計)、2枚目が漫画家コラボ(加醒の勃興)であり、
3枚目にして初の普通のイラストレーターによる通常排出カードとなった。

スペックは1.5コストとしては若干低めだが、覚醒前でもまだコスト比能力は許容範囲。
特技は前述の覚醒と魅力が揃う。
将器は生存性能を上げる兵力上昇を優先したいが、スペック的には他の武将に譲っても構わないだろう。

計略「悪女の放蕩」は晋軍限定の号令。
武力+6・移動速度1.3倍・攻城力1.3倍と士気8の号令としてはかなりマイルド。
しかも約0.4c(1秒)毎に覚醒ゲージが-9.1%されると言う代償が一緒に付いてくる。(Ver.2.1.0D)
その代わり、覚醒ゲージがある限り効果が続く。覚醒3(ゲージMAX)から計略を打った場合は14.2c持つ。

一応、効果時間自体は28.3cと設定されている(Ver.2.1.0D)のだが、
この計略の士気消費8が祟って、まず効果時間限界まで持たせる事は不可能なので、素の効果時間は忘れてしまって問題ない。
また、厳密に言えばゲージの減少量は自然回復量(0.4c毎に1.4%)+誘醒計略による補強-10.5%である為、
誘醒系の計略でも多少ながら効果を維持する事ができる。

計略の効果こそ控えめだが、他の覚醒絡みの計略と組み合わせる事による場の征圧性能は圧巻。
特に司馬懿(狼主)や卑弥呼との相性は良く、効果時間の大幅延長と武力+4(合計で+10)により更に攻勢をかけやすくなる。
Ver.2.1.0Dの環境ではコストの関係から卑弥呼と組むのがベストか。
本人が1.5コストと軽めなので、デッキメンバーの幅も広いのも利点と言える。

一方で十全な効果時間を得るにはほぼ覚醒レベル2〜3からの使用が前提になるのが悩み。
必然的に覚醒レベルを3まで上げるお膳立てが必要になる上に、この計略自体がとにかく重い。
そのままでも効果時間は並の号令よりも長いのだが、更に長時間維持するとなると他の計略の士気まで必要となる。
そのため普通のデッキ以上にデッキそのものの立ち回り、士気の回し方を考える必要がある。
但し覚醒ゲージ自体に関しては、幸い賈南風本人が覚醒持ちであり確実に出る為覚醒持ちを入れる必要性はない。

誤爆すると士気8と覚醒ゲージが全て飛び一気に投了に繋がる為要注意。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 覚醒ゲージ減少量増加 0.42c毎に-8.6%→-9.6%
Ver.2.1.0D 移動速度上昇値増加 1.2倍→1.3倍
       覚醒ゲージ低下値減少 0.42c毎に-9.6%→-9.1%