カードリスト / 第3弾 / / 卑弥呼


武将名ひみこ邪馬台国女王
卑弥呼「昼は太陽が、夜は鬼たちが
      汝らを守るであろう」

邪馬台国の女王。鬼道で人々を導き権力者として君臨した。生涯未婚で、女王となった後は弟以外に姿を見せることは少なかったという。司馬懿が遼東の公孫淵を討伐したことをきっかけに魏との交流が生まれ、親魏倭王の印綬を得た。
コスト1.5
兵種騎兵
能力武力4 知力8 征圧力1
官職-
特技伏兵 魅力
将器突撃術 士気上昇 征圧力上昇
計略日御子の神託晋の味方の武力が上がり、自軍の覚醒ゲージが上がる
必要士気5
Illustration : 伊藤未生Character Voice : 日高里菜


日出づる国から、邪馬台国女王が晋所属で復活参戦。
時代的にも裏書き的にも魏所属のような気がするが、何故か晋所属。
旧作では晋が存在しないこともあってか、魏のカードとして登場していた。

スペックは1.5コスト武力4が若干厳しいが、代わりに知力8伏兵と女性武将らしく魅力を持つ。
将器は自身の欠点のフォローや晋軍の特性に噛み合った物が揃っている。
計略自体が覚醒絡みである為、他の味方でフォローが効くならば征圧力上昇の優先度は高くない。

計略「日御子の神託」は加醒版「指揮」と言えるもの。
晋の味方の武力が+4され、更に覚醒ゲージが75%溜まる。
効果時間は8.8c、知力依存0.2c(Ver.3.1.0E)。知力依存が異常に短いので、知力0でも7.1c持つ。

士気5で武力+4に加えて覚醒ゲージ75%は破格そのもの。
Ver3.1.0Dでのエラッタにより自身も範囲に含むようになったため、かなりコストパフォーマンスの高い計略となった。
しかし重ね掛けが不可能となったため、大型計略相手に二度掛けで対処することは出来ない。
さらに加醒号令の性質上、よほど苦しい展開でも無ければ撃つのは基本的に1試合1回な上、試合後半になるにつれ自身の武力4がデメリットになりやすい点は留意しておきたい。

賈南風を筆頭に好相性の武将が多く、おまけに本人のコストの軽さからデッキの幅も広く投入しやすい。
優秀ではあるのだが、コストと兵種が被る荀血荀灌、中〜低コストの加醒号令持ちである氷華張春華狼吼司馬懿といった競合相手が増えているため、Ver3.0.0では以前ほどの使用率は見られなくなっていた。
そしてVer.3.1.0Dにてエラッタを受け、自身が効果対象に含まれるようになると一気に使い勝手が向上。
以前のバージョンでアッパー気味に効果時間を伸ばされていた上、狼吼司馬懿の度重なる弱体化もあって加醒号令でもトップクラスの使用率に返り咲いた。

ちなみにVer3.1.0Dでのエラッタでは計略効果の文面に変更はないが、計略の範囲が自身を含まない前方円から自身中心円に変更されている。

晋の義勇ロード5章では、公孫淵が今まで邪馬台国の使者を勝手に足止めしていた。
討伐されたのを機に司馬懿と接触し実質は晋に所属した、という解釈になっている。

登場バージョン

Ver.2.1.0A

修正履歴

Ver.2.1.0B 効果時間短縮 9.2c→8.8c
Ver.2.5.1B 範囲拡大
Ver.2.6.0C 覚醒ゲージ上昇量増加 70%→75%
Ver.3.0.0C 効果時間延長 8.8c→9.6c
Ver.3.1.0D 範囲調整 
       計略対象に自身が含まれるように変更 
Ver.3.1.0E 効果時間短縮 9.6c→8.8c

Menu

最新の20件

2021-01-23 2021-01-22 2021-01-21 2021-01-20 2021-01-19 2021-01-18 2021-01-17

今日の20件

  • counter: 55673
  • today: 43
  • yesterday: 33
  • online: 81